1. 漢字辞典 >
  2. 「心」の情報

「心」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学二年生
漢検の級 9級
部首 心 忄
こころ・りっしんべん・したごころ
画数 4画
音訓読み
  • シン
  • こころ
  • うら △

「心」を含む熟語

「安心(あんしん)」 「歌心(うたごころ)」 「廻心(えしん)」 「絵心(えごころ)」 「核心(かくしん)」 「隔心(かくしん)」 「歓心(かんしん)」 「肝心(かんじん)」 「魚心(うおごころ)」 「湖心(こしん)」 「孝心(こうしん)」 「恒心(こうしん)」 「砕心(さいしん)」 「焦心(しょうしん)」 「衝心(しょうしん)」 「心肝(しんかん)」 「心魂(こころだま)」 「心魂(こころだましい)」 「心魂(しんこん)」 「心髄(しんずい)」 「心悸(しんき)」 「心掟(こころおきて)」 「心搏(しんぱく)」 「誠心(せいしん)」 「専心(せんしん)」 「潜心(せんしん)」 「即心(そくしん)」 「丹心(たんしん)」 「男心(おとこごころ)」 「池心(ちしん)」 「衷心(ちゅうしん)」 「妬心(としん)」 「弐心(ふたごころ)」 「摧心(さいしん)」 「稈心(みご)」 「髱心(たぼしん)」 「心殊(こころこと)」 「全心(ぜんしん)」 「心操(しんそう)」 「俗心(ぞくしん)」 「摘心(てきしん)」 「童心(どうしん)」 「童心(わらわごころ)」 「篤心(とくしん)」 「弐心(じしん)」 「弐心(にしん)」 「婆心(ばしん)」 「心肺(しんぱい)」 「心拍(しんぱく)」 「版心(はんしん)」 「娘心(むすめごころ)」 「妄心(もうじん)」 「唯心(ゆいしん)」 「憂心(ゆうしん)」 「焔心(えんしん)」 「姦心(かんしん)」 「心隈(こころぐま)」 「心垢(しんく)」 「僻心(ひがごころ)」 「心裡(しんり)」

「心」を含む四字熟語

「安心立命(あんじんりつめい)」「以心伝心(いしんでんしん)」「意馬心猿(いばしんえん)」「心猿意馬(しんえんいば)」「異体同心(いたいどうしん)」「一意専心(いちいせんしん)」「一心一意(いっしんいちい)」「一心一徳(いっしんいっとく)」「一心同体(いっしんどうたい)」「一心発起(いっしんほっき)」「一心不乱(いっしんふらん)」「一寸丹心(いっすんのたんしん)」「一大決心(いちだいけっしん)」「一得一心(いっとくいっしん)」「一念発心(いちねんほっしん)」「一片氷心(いっぺんのひょうしん)」「一味同心(いちみどうしん)」「雲心月性(うんしんげっせい)」「回心転意(かいしんてんい)」「灰心喪意(かいしんそうい)」「灰心喪気(かいしんそうき)」「開心見誠(かいしんけんせい)」「機械之心(きかいのこころ)」「鬼面仏心(きめんぶっしん)」「疑心暗鬼(ぎしんあんき)」「虚気平心(きょきへいしん)」「虚心坦懐(きょしんたんかい)」「虚心平意(きょしんへいい)」「協心戮力(きょうしんりくりょく)」「驚心動魄(きょうしんどうはく)」「錦繍心肝(きんしゅうしんかん)」「錦心繍口(きんしんしゅうこう)」「区区之心(くくのこころ)」「狗馬之心(くばのこころ)」「苦口婆心(くこうばしん)」「苦心惨憺(くしんさんたん)」「犬馬之心(けんばのこころ)」「虎狼之心(ころうのこころ)」「口是心非(こうぜしんひ)」「恒産恒心(こうさんこうしん)」「高下在心(こうげざいしん)」「剛腸石心(ごうちょうせきしん)」「小心翼翼(しょうしんよくよく)」「焦心苦慮(しょうしんくりょ)」「上下一心(しょうかいっしん)」「心願成就(しんがんじょうじゅ)」「心機一転(しんきいってん)」「心広体胖(しんこうたいはん)」「心慌意乱(しんこういらん)」「心象風景(しんしょうふうけい)」「心織筆耕(しんしょくひっこう)」「心神耗弱(しんしんこうじゃく)」「心地光明(しんちこうめい)」「心頭滅却(しんとうめっきゃく)」「心腹之疾(しんぷくのしつ)」「心腹之友(しんぷくのとも)」「心満意足(しんまんいそく)」「心悸亢進(しんきこうしん)」「深層心理(しんそうしんり)」「身心一如(しんしんいちにょ)」「人心一新(じんしんいっしん)」「人心収攬(じんしんしゅうらん)」「人心洶洶(じんしんきょうきょう)」「人面獣心(じんめんじゅうしん)」「世道人心(せどうじんしん)」「是非之心(ぜひのこころ)」「西施捧心(せいしほうしん)」「誠心誠意(せいしんせいい)」「石心鉄腸(せきしんてっちょう)」「赤心報国(せきしんほうこく)」「切歯腐心(せっしふしん)」「専心一意(せんしんいちい)」「専心専意(せんしんせんい)」「多情仏心(たじょうぶっしん)」「大快人心(たいかいじんしん)」「胆戦心驚(たんせんしんきょう)」「胆大心小(たんだいしんしょう)」「痴心妄想(ちしんもうそう)」「彫心鏤骨(ちょうしんるこつ)」「鉄意石心(てついせきしん)」「鉄心石腸(てっしんせきちょう)」「鉄腸石心(てっちょうせきしん)」「度衆生心(どしゅじょうしん)」「同心協力(どうしんきょうりょく)」「同心戮力(どうしんりくりょく)」「独具匠心(どくぐしょうしん)」「独出心裁(どくしゅつしんさい)」「発菩提心(ほつぼだいしん)」「匪石之心(ひせきのこころ)」「腹心之疾(ふくしんのしつ)」「腹心之臣(ふくしんのしん)」「平気虚心(へいききょしん)」「碧血丹心(へきけつたんしん)」「包蔵禍心(ほうぞうかしん)」「放胆小心(ほうたんしょうしん)」「貌合心離(ぼうごうしんり)」「万能一心(ばんのういっしん)」「万能一心(まんのういっしん)」「銘心鏤骨(めいしんるこつ)」「目挑心招(もくちょうしんしょう)」「野心勃勃(やしんぼつぼつ)」「野心満満(やしんまんまん)」「雄心勃勃(ゆうしんぼつぼつ)」「立命安心(りつめいあんしん)」「狼子獣心(ろうしじゅうしん)」「狼子野心(ろうしやしん)」「狼心狗肺(ろうしんこうはい)」「老婆心切(ろうばしんせつ)」「奸佞邪心(かんねいじゃしん)」「惻隠之心(そくいんのこころ)」「戮力協心(りくりょくきょうしん)」「戮力同心(りくりょくどうしん)」「誅心之法(ちゅうしんのほう)」「鉤心闘角(こうしんとうかく)」「齧指痛心(げっしつうしん)」

「心」を含むことわざ

「諦めは心の養生(あきらめはこころのようじょう)」
「明日ありと思う心の仇桜(あすありとおもうこころのあだざくら)」
「頭剃るより心を剃れ(あたまそるよりこころをそれ)」
「過つは人の性、許すは神の心(あやまつはひとのさが、ゆるすはかみのこころ)」
「鰯の頭も信心から(いわしのあたまもしんじんから)」
「魚心あれば水心(うおごころあればみずごころ)」
「運用の妙は一心に存す(うんようのみょうはいっしんにそんす)」
「奢る者は心常に貧し(おごるものはこころつねにまずし)」
「男心と秋の空(おとこごころとあきのそら)」
「親思う心にまさる親心(おやおもうこころにまさるおやごころ)」
「親の心、子知らず(おやのこころ、こしらず)」
「女心と秋の空(おんなごころとあきのそら)」
「女の心は猫の目(おんなのこころはねこのめ)」
「顔で笑って心で泣く(かおでわらってこころでなく)」
「火事あとの火の用心(かじあとのひのようじん)」
「疑心、暗鬼を生ず(ぎしん、あんきをしょうず)」
「帰心、矢の如し(きしん、やのごとし)」
「気は心(きはこころ)」
「食うた餅より心持ち(くうたもちよりこころもち)」
「口は口、心は心(くちはくち、こころはこころ)」
「外面似菩薩、内心如夜叉(げめんじぼさつ、ないしんにょやしゃ)」
「恒産なき者は恒心なし(こうさんなきものはこうしんなし)」
「虚仮の一心(こけのいっしん)」
「心ここに在らざれば視れども見えず(こころここにあらざればみれどもみえず)」
「心につるる姿(こころにつるるすがた)」
「心の鬼が身を責める(こころのおにがみをせめる)」
「心の駒に手綱許すな(こころのこまにたづなゆるすな)」
「心の師とはなれ心を師とせざれ(こころのしとはなれこころをしとせざれ)」
「心の欲する所に従えども矩を踰えず(こころのほっするところにしたがえどものりをこえず)」
「心は二つ身は一つ(こころはふたつみはひとつ)」
「心ほどの世を経る(こころほどのよをへる)」
「心安いは不和の基(こころやすいはふわのもと)」
「心を鬼にする(こころをおににする)」
「言葉は心の使い(ことばはこころのつかい)」
「子供川端、火の用心(こどもかわばた、ひのようじん)」
「子に引かるる親心(こにひかるるおやごころ)」
「子の心、親知らず(このこころ、おやしらず)」
「子は産むも心は生まぬ(こはうむもこころはうまぬ)」
「財布の底と心の底は人に見せるな(さいふのそことこころのそこはひとにみせるな)」
「財布の紐は首に掛けるより心に掛けよ(さいふのひもはくびにかけるよりこころにかけよ)」
「酒は本心を現す(さけはほんしんをあらわす)」
「山中の賊を破るは易く心中の賊を破るは難し(さんちゅうのぞくをやぶるはやすくしんちゅうのぞくをやぶるはかたし)」
「仕上げが肝心(しあげがかんじん)」
「四月の中の十日に心なしに雇われるな(しがつのなかのとおかにこころなしにやとわれるな)」
「地獄極楽は心にあり(じごくごくらくはこころにあり)」
「従心(じゅうしん)」
「従心(しょうしん)」
「初心忘るべからず(しょしんわするべからず)」
「心中より饅頭(しんじゅうよりまんじゅう)」
「信心過ぎて極楽を通り越す(しんじんすぎてごくらくをとおりこす)」
「信心は徳の余り(しんじんはとくのあまり)」
「信心も欲から(しんじんもよくから)」
「心胆を寒からしめる(しんたんをさむからしめる)」
「心頭滅却すれば火もまた涼し(しんとうめっきゃくすればひもまたすずし)」
「心腹の友(しんぷくのとも)」
「心腹の病(しんぷくのやまい)」
「竹と人の心の直ぐなのは少ない(たけとひとのこころのすぐなのはすくない)」
「胆は大ならんことを欲し、心は小ならんことを欲す(たんはだいならんことをほっし、こころはしょうならんことをほっす)」
「搗いた餅より心持ち(ついたもちよりこころもち)」
「灯心で竹の根を掘る(とうしんでたけのねをほる)」
「年は寄れども心は寄らぬ(としはよれどもこころはよらぬ)」
「猫は虎の心を知らず(ねこはとらのこころをしらず)」
「這えば立て、立てば歩めの親心(はえばたて、たてばあゆめのおやごころ)」
「測り難きは人心(はかりがたきはひとごころ)」
「人の心は面の如し(ひとのこころはおもてのごとし)」
「人の心は九分十分(ひとのこころはくぶじゅうぶ)」
「人は見目よりただ心(ひとはみめよりただこころ)」
「坊主の不信心(ぼうずのふしんじん)」
「襤褸を着ても心は錦(ぼろをきてもこころはにしき)」
「丸くとも一角あれや人心(まるくともひとかどあれやひとごころ)」
「慢心鼻を弾かる(まんしんはなをはじかる)」
「水心あれば魚心(みずごころあればうおごころ)」
「見ぬが心憎し(みぬがこころにくし)」
「見目より心(みめよりこころ)」
「目は心の鏡(めはこころのかがみ)」
「用心に網を張る(ようじんにあみをはる)」
「用心は臆病にせよ(ようじんはおくびょうにせよ)」
「竜と心得た蛙子(りゅうとこころえたかえるこ)」
「老婆心(ろうばしん)」
「我が心石に非ず、転ずべからず(わがこころいしにあらず、てんずべからず)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved