1. 漢字辞典 >
  2. 「振」の情報

「振」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 4級
部首
て・てへん
画数 10画
音訓読み
  • シン
  • ふ(る)
  • ふ(るう)
  • ふ(れる)
  • すく(う) △

「振」を含む熟語

「学振(がくしん)」 「眼振(がんしん)」 「強振(きょうしん)」 「歯振(あさり)」 「振袖(ふりそで)」 「振盪(しんとう)」 「励振(れいしん)」 「振鉾(えんぶ)」

「振」を含む四字熟語

「一蹶不振(いっけつふしん)」「金声玉振(きんせいぎょくしん)」「振臂一呼(しんぴいっこ)」「大盤振舞(おおばんぶるまい)」「竜驤麟振(りょうじょうりんしん)」「椀飯振舞(おうばんぶるまい)」

「振」を含むことわざ

「顎振り三年(あごふりさんねん)」
「厭と頭を縦に振る(いやとかぶりをたてにふる)」
「内で掃除せぬ馬は外で毛を振る(うちでそうじせぬうまはそとでけをふる)」
「尾を振る犬は叩かれず(おをふるいぬはたたかれず)」
「首振り三年、ころ八年(くびふりさんねん、ころはちねん)」
「三十振袖、四十島田(さんじゅうふりそで、しじゅうしまだ)」
「知ったか振りの恥搔き(しったかぶりのはじかき)」
「袖振り合うも他生の縁(そでふりあうもたしょうのえん)」
「ない袖は振れない(ないそではふれない)」
「振られて帰る果報者(ふられてかえるかほうもの)」
「棒に振る(ぼうにふる)」
「我が好きを人に振る舞う(わがすきをひとにふるまう)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「振」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「振」の情報

「振」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 4級
部首
て・てへん
画数 10画
音訓読み
  • シン
  • ふ(る)
  • ふ(るう)
  • ふ(れる)
  • すく(う) △

「振」を含む熟語

「学振(がくしん)」 「眼振(がんしん)」 「強振(きょうしん)」 「歯振(あさり)」 「振袖(ふりそで)」 「振盪(しんとう)」 「励振(れいしん)」 「振鉾(えんぶ)」

「振」を含む四字熟語

「一蹶不振(いっけつふしん)」「金声玉振(きんせいぎょくしん)」「振臂一呼(しんぴいっこ)」「大盤振舞(おおばんぶるまい)」「竜驤麟振(りょうじょうりんしん)」「椀飯振舞(おうばんぶるまい)」

「振」を含むことわざ

「顎振り三年(あごふりさんねん)」
「厭と頭を縦に振る(いやとかぶりをたてにふる)」
「内で掃除せぬ馬は外で毛を振る(うちでそうじせぬうまはそとでけをふる)」
「尾を振る犬は叩かれず(おをふるいぬはたたかれず)」
「首振り三年、ころ八年(くびふりさんねん、ころはちねん)」
「三十振袖、四十島田(さんじゅうふりそで、しじゅうしまだ)」
「知ったか振りの恥搔き(しったかぶりのはじかき)」
「袖振り合うも他生の縁(そでふりあうもたしょうのえん)」
「ない袖は振れない(ないそではふれない)」
「振られて帰る果報者(ふられてかえるかほうもの)」
「棒に振る(ぼうにふる)」
「我が好きを人に振る舞う(わがすきをひとにふるまう)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved