1. 漢字辞典 >
  2. 「身」の情報

「身」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学三年生
漢検の級 8級
部首
み・みへん
画数 7画
音訓読み
  • シン

「身」を含む熟語

「依身(えしん)」 「砕身(さいしん)」 「脂身(あぶらみ)」 「身為(みだめ)」 「身頃(みごろ)」 「身魂(しんこん)」 「身儘(みまま)」 「痩身(そうしん)」 「挺身(ていしん)」 「摧身(さいしん)」 「渾身(こんしん)」 「穢身(えしん)」 「捨身(しゃしん)」 「全身(ぜんしん)」 「艇身(ていしん)」 「膚身(はだみ)」 「遍身(へんしん)」 「保身(ほしん)」 「翻身(ほんしん)」 「裸身(はだかみ)」 「裸身(らしん)」 「身躯(しんく)」 「仗身(じょうしん)」

「身」を含む四字熟語

「以身殉利(いしんじゅんり)」「一体分身(いったいぶんしん)」「可惜身命(あたらしんみょう)」「灰身滅智(けしんめっち)」「獅子身中(しししんちゅう)」「漆身呑炭(しっしんどんたん)」「修身斉家(しゅうしんせいか)」「身軽言微(しんけいげんび)」「身言書判(しんげんしょはん)」「身心一如(しんしんいちにょ)」「身体髪膚(しんたいはっぷ)」「身中之虫(しんちゅうのむし)」「人面獣身(じんめんじゅうしん)」「全身全意(ぜんしんぜんい)」「全身全霊(ぜんしんぜんれい)」「痩躯長身(そうくちょうしん)」「痩身長躯(そうしんちょうく)」「痩身矮躯(そうしんわいく)」「即身是仏(そくしんぜぶつ)」「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」「即身菩薩(そくしんぼさつ)」「断髪文身(だんぱつぶんしん)」「寵愛一身(ちょうあいいっしん)」「長身痩躯(ちょうしんそうく)」「低頭平身(ていとうへいしん)」「呑炭漆身(どんたんしっしん)」「被髪文身(ひはつぶんしん)」「不惜身命(ふしゃくしんみょう)」「粉骨砕身(ふんこつさいしん)」「平身低頭(へいしんていとう)」「満身傷痍(まんしんしょうい)」「満身創痍(まんしんそうい)」「明哲保身(めいてつほしん)」「明哲防身(めいてつぼうしん)」「立身出世(りっしんしゅっせ)」「立身処世(りっしんしょせい)」「立身揚名(りっしんようめい)」

「身」を含むことわざ

「垢も身のうち(あかもみのうち)」
「悪事、身にかえる(あくじ、みにかえる)」
「悪銭身に付かず(あくせんみにつかず)」
「仇も情けも我が身より出る(あだもなさけもわがみよりでる)」
「姉女房は身代の薬(あねにょうぼうはしんだいのくすり)」
「生き身は死に身(いきみはしにみ)」
「憂き身をやつす(うきみをやつす)」
「易者、身の上知らず(えきしゃ、みのうえしらず)」
「大男総身に知恵が回りかね(おおおとこそうみにちえがまわりかね)」
「女三人あれば身代が潰れる(おんなさんにんあればしんだいがつぶれる)」
「陰陽師、身の上知らず(おんようじ、みのうえしらず)」
「肩身が狭い(かたみがせまい)」
「悲しい時は身一つ(かなしいときはみひとつ)」
「皮引けば身が痛い(かわひけばみがいたい)」
「皮引けば身が付く(かわひけばみがつく)」
「昨日は人の身、今日は我が身(きのうはひとのみ、きょうはわがみ)」
「気の毒は身の毒(きのどくはみのどく)」
「君を思うも身を思う(きみをおもうもみをおもう)」
「臭いもの身知らず(くさいものみしらず)」
「薬は身の毒(くすりはみのどく)」
「芸が身を助けるほどの不仕合わせ(げいがみをたすけるほどのふしあわせ)」
「芸は身につく(げいはみにつく)」
「芸は身の仇(げいはみのあだ)」
「芸は身を助ける(げいはみをたすける)」
「健全なる精神は健全なる身体に宿る(けんぜんなるせいしんはけんぜんなるしんたいにやどる)」
「功成り名遂げて身退くは天の道なり(こうなりなとげてみしりぞくはてんのみちなり)」
「小男の総身の知恵も知れたもの(こおとこのそうみのちえもしれたもの)」
「心の鬼が身を責める(こころのおにがみをせめる)」
「心は二つ身は一つ(こころはふたつみはひとつ)」
「子を棄つる藪はあれど身を棄つる藪はなし(こをすつるやぶはあれどみをすつるやぶはなし)」
「酒は燗、肴は刺身、酌は髱(さけはかん、さかなはさしみ、しゃくはたぼ)」
「三寸の舌に五尺の身を亡ぼす(さんずんのしたにごしゃくのみをほろぼす)」
「獅子、身中の虫(しし、しんちゅうのむし)」
「修身斉家治国平天下(しゅうしんせいかちこくへいてんか)」
「身体髪膚、これを父母に受く(しんたいはっぷ、これをふぼにうく)」
「粋が身を食う(すいがみをくう)」
「世上物騒我が身息災(せじょうぶっそうわがみそくさい)」
「宝は身の仇(たからはみのあだ)」
「蛸は身を食う(たこはみをくう)」
「ちょっと嘗めたが身の詰まり(ちょっとなめたがみのつまり)」
「鳴かぬ蛍が身を焦がす(なかぬほたるがみをこがす)」
「汝自身を知れ(なんじじしんをしれ)」
「女房は半身上(にょうぼうははんしんしょう)」
「人相見の我が身知らず(にんそうみのわがみしらず)」
「腹も身のうち(はらもみのうち)」
「人に七癖、我が身に八癖(ひとにななくせ、わがみにやくせ)」
「人を怨むより身を怨め(ひとをうらむよりみをうらめ)」
「人を思うは身を思う、人を憎むは身を憎む(ひとをおもうはみをおもう、ひとをにくむはみをにくむ)」
「武士は相身互い(ぶしはあいみたがい)」
「褒めらるる身の持ちにくさ(ほめらるるみのもちにくさ)」
「待たるるとも待つ身になるな(またるるともまつみになるな)」
「待つ身より待たるる身(まつみよりまたるるみ)」
「身から出た錆(みからでたさび)」
「三度諌めて身退く(みたびいさめてみしりぞく)」
「身で身を食う(みでみをくう)」
「身に過ぎた果報は災いの基(みにすぎたかほうはわざわいのもと)」
「身ほど可愛いものはない(みほどかわいいものはない)」
「身も蓋もない(みもふたもない)」
「身を粉にする(みをこにする)」
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ(みをすててこそうかぶせもあれ)」
「身を捨てる藪はない(みをすてるやぶはない)」
「無常の鬼が身を責むる(むじょうのおにがみをせむる)」
「娘三人持てば身代潰す(むすめさんにんもてばしんだいつぶす)」
「病む身より見る目(やむみよりみるめ)」
「養生に身が痩せる(ようじょうにみがやせる)」
「欲は身を失う(よくはみをうしなう)」
「欲を知らねば身が立たぬ(よくをしらねばみがたたぬ)」
「両方立てれば身が立たぬ(りょうほうたてればみがたたぬ)」
「蠟燭は身を減らして人を照らす(ろうそくはみをへらしてひとをてらす)」
「我が身の臭さ我知らず(わがみのくささわれしらず)」
「我が身の事は人に問え(わがみのことはひとにとえ)」
「我が身を立てんとせばまず人を立てよ(わがみをたてんとせばまずひとをたてよ)」
「我が身を抓って人の痛さを知れ(わがみをつねってひとのいたさをしれ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved