1. 漢字辞典 >
  2. 「人」の情報

「人」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首
にんべん・ひと・ひとがしら・ひとやね
画数 2画
音訓読み
  • ジン
  • ニン
  • ひと

「人」を含む熟語

「偉人(いじん)」 「猿人(えんじん)」 「寡人(かじん)」 「華人(かじん)」 「海人(あま)」 「韓人(からびと)」 「京人(きょうびと)」 「軍人(いくさびと)」 「傑人(けつじん)」 「堅人(かたじん)」 「玄人(くろうと)」 「個人(こじん)」 「貢人(こうじん)」 「済人(さいにん)」 「氏人(うじびと)」 「淑人(しゅくじん)」 「商人(あきんど)」 「人為(じんい)」 「人員(じんいん)」 「人魂(ひとだま)」 「人寰(じんかん)」 「属人(ぞくじん)」 「誰人(たれびと)」 「隼人(はやひと)」 「庖人(ほうじん)」 「僊人(せんにん)」 「咎人(とがにん)」 「嬖人(へいじん)」 「畸人(きじん)」 「稠人(ちゅうじん)」 「閹人(えんじん)」 「人爵(じんしゃく)」 「狩人(かりうど)」 「狩人(かりゅうど)」 「住人(じゅうにん)」 「庶人(しょじん)」 「庶人(しょにん)」 「舌人(ぜつじん)」 「全人(ぜんじん)」 「全人(まとうど)」 「騒人(そうじん)」 「俗人(ぞくじん)」 「跳人(はねと)」 「釣人(ちょうじん)」 「哲人(てつじん)」 「陶人(すえひと)」 「陶人(とうじん)」 「俳人(はいじん)」 「媒人(なこうど)」 「犯人(はんにん)」 「犯人(ぼんにん)」 「蛮人(ばんじん)」 「人膚(ひとはだ)」 「猟人(かりゅうど)」 「猟人(さつひと)」 「猟人(りょうじん)」 「人倫(じんりん)」 「隣人(りんじん)」 「姦人(かんじん)」 「兇人(きょうじん)」 「狗人(いぬひと)」 「吾人(ごじん)」 「人垢(ひとあか)」 「鷹人(たかびと)」 「只人(ただうど)」 「只人(ただびと)」 「汝人(なびと)」 「隼人(はやと)」 「傭人(ようにん)」 「蘭人(らんじん)」 「伶人(れいじん)」 「魯人(ろじん)」 「和人(わじん)」

「人」を含む四字熟語

「悪人正機(あくにんしょうき)」「暗箭傷人(あんせんしょうじん)」「意中之人(いちゅうのひと)」「異人同辞(いじんどうじ)」「一人当千(いちにんとうせん)」「飲食之人(いんしょくのひと)」「英雄欺人(えいゆうぎじん)」「王公大人(おうこうたいじん)」「佳人才子(かじんさいし)」「佳人薄命(かじんはくめい)」「家給人足(かきゅうじんそく)」「雅人深致(がじん(の)しんち)」「玩人喪徳(がんじんそうとく)」「鬼面嚇人(きめんかくじん)」「傾国美人(けいこく(の)びじん)」「敬天愛人(けいてんあいじん)」「桂冠詩人(けいかんしじん)」「月下氷人(げっかひょうじん)」「月下老人(げっかろうじん)」「古人糟魄(こじんのそうはく)」「才子佳人(さいしかじん)」「在留邦人(ざいりゅうほうじん)」「三人成虎(さんにんせいこ)」「三人文殊(さんにんもんじゅ)」「志士仁人(ししじんじん)」「詩人蛻骨(しじんぜいこつ)」「修己治人(しゅうこちじん)」「衆人環視(しゅうじんかんし)」「十人十色(じゅうにんといろ)」「庶人食力(しょじんしょくりき)」「女人禁制(にょにんきんせい)」「小人閑居(しょうじんかんきょ)」「小人之勇(しょうじんのゆう)」「真人大観(しんじんたいかん)」「人為淘汰(じんいとうた)」「人海戦術(じんかいせんじゅつ)」「人間青山(じんかんせいざん)」「人権蹂躙(じんけんじゅうりん)」「人口稠密(じんこうちゅうみつ)」「人口膾炙(じんこうかいしゃ)」「人死留名(じんしりゅうめい)」「人事考課(じんじこうか)」「人事天命(じんじてんめい)」「人事不省(じんじふせい)」「人主逆鱗(じんしゅ(の)げきりん)」「人心一新(じんしんいっしん)」「人心収攬(じんしんしゅうらん)」「人心洶洶(じんしんきょうきょう)」「人生行路(じんせいこうろ)」「人跡未踏(じんせきみとう)」「人畜無害(じんちくむがい)」「人中之竜(じんちゅうのりゅう)」「人品骨柄(じんぴんこつがら)」「人物月旦(じんぶつげったん)」「人面獣心(じんめんじゅうしん)」「人面獣身(じんめんじゅうしん)」「人面桃花(じんめんとうか)」「水鏡之人(すいきょうのひと)」「寸鉄殺人(すんてつさつじん)」「寸馬豆人(すんばとうじん)」「世道人心(せどうじんしん)」「清風故人(せいふうこじん)」「聖人君子(せいじんくんし)」「聖人賢者(せいじんけんじゃ)」「聖人無夢(せいじんむむ)」「碩師名人(せきしめいじん)」「遷客騒人(せんかくそうじん)」「前人未到(ぜんじんみとう)」「曾参殺人(そうしんさつじん)」「騒人墨客(そうじんぼっかく)」「他人行儀(たにんぎょうぎ)」「大快人心(たいかいじんしん)」「大人虎変(たいじんこへん)」「達人大観(たつじんたいかん)」「天人五衰(てんにん(の)ごすい)」「天人相関(てんじんそうかん)」「天人冥合(てんじんめいごう)」「天理人欲(てんりじんよく)」「田夫野人(でんぷやじん)」「斗南一人(となんのいちにん)」「当路之人(とうろのひと)」「二人三脚(ににんさんきゃく)」「白水真人(はくすいしんじん)」「八方美人(はっぽうびじん)」「八面美人(はちめんびじん)」「発人深省(はつじんしんせい)」「美人薄命(びじんはくめい)」「百人百様(ひゃくにんひゃくよう)」「風雲人物(ふううんじんぶつ)」「物是人非(ぶつぜじんぴ)」「文人墨客(ぶんじんぼっかく)」「傍若無人(ぼうじゃくぶじん)」「無累之人(むるいのひと)」「杞人天憂(きじんてんゆう)」「毋望之人(ぶぼうのひと)」「矮人看戯(わいじんかんぎ)」「膾炙人口(かいしゃじんこう)」

「人」を含むことわざ

「赤の他人(あかのたにん)」
「商人と屏風は直ぐには立たぬ(あきんどとびょうぶはすぐにはたたぬ)」
「商人には系図なし(あきんどにはけいずなし)」
「商人の嘘は神もお許し(あきんどのうそはかみもおゆるし)」
「商人の子は算盤の音で目を覚ます(あきんどのこはそろばんのおとでめをさます)」
「商人の空値(あきんどのそらね)」
「商人の元値(あきんどのもとね)」
「商人は損していつか倉が建つ(あきんどはそんしていつかくらがたつ)」
「悪人あればこそ善人も顕る(あくにんあればこそぜんにんもあらわる)」
「過つは人の性、許すは神の心(あやまつはひとのさが、ゆるすはかみのこころ)」
「鞍上人なく鞍下馬なし(あんじょうひとなくあんかうまなし)」
「家に鼠、国に盗人(いえにねずみ、くににぬすびと)」
「イギリス人の家はその人の城(いぎりすじんのいえはそのひとのしろ)」
「一人虚を伝うれば万人実を伝う(いちにんきょをつたうればばんにんじつをつたう)」
「稲荷の前の昼盗人(いなりのまえのひるぬすびと)」
「犬は人につき猫は家につく(いぬはひとにつきねこはいえにつく)」
「旨い物食わす人に油断すな(うまいものくわすひとにゆだんすな)」
「旨い物は小人数(うまいものはこにんずう)」
「馬には乗ってみよ人には添うてみよ(うまにはのってみよひとにはそうてみよ)」
「英雄、人を欺く(えいゆう、ひとをあざむく)」
「多し少なし子三人(おおしすくなしこさんにん)」
「男は敷居を跨げば七人の敵あり(おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり)」
「鬼も頼めば人食わず(おにもたのめばひとくわず)」
「己の欲する所を人に施せ(おのれのほっするところをひとにほどこせ)」
「己の欲せざる所は人に施すこと勿れ(おのれのほっせざるところはひとにほどこすことなかれ)」
「己を責めて人を責めるな(おのれをせめてひとをせめるな)」
「己を以て人を量る(おのれをもってひとをはかる)」
「思うようなら子と三人(おもうようならことさんにん)」
「親子の仲でも金銭は他人(おやこのなかでもきんせんはたにん)」
「負わず借らずに子三人(おわずからずにこさんにん)」
「女三人あれば身代が潰れる(おんなさんにんあればしんだいがつぶれる)」
「女三人寄れば姦しい(おんなさんにんよればかしましい)」
「餓鬼も人数(がきもにんずう)」
「駕籠にに乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人(かごににのるひとかつぐひと、そのまたわらじをつくるひと)」
「歌人は居ながらにして名所を知る(かじんはいながらにしてめいしょをしる)」
「餓えて死ぬは一人、飲んで死ぬは千人(かつえてしぬはひとり、のんでしぬはせんにん)」
「金請けするとも人請けするな(かねうけするともひとうけするな)」
「狩人、罠にかかる(かりゅうど、わなにかかる)」
「彼も人なり、我も人なり(かれもひとなり、われもひとなり)」
「眼中人なし(がんちゅうひとなし)」
「昨日は人の身、今日は我が身(きのうはひとのみ、きょうはわがみ)」
「鬼面、人を嚇す(きめん、ひとをおどす)」
「客人一杯手八杯(きゃくじんいっぱいてはちはい)」
「兄弟は他人の始まり(きょうだいはたにんのはじまり)」
「器用貧乏人宝(きようびんぼうひとたから)」
「金銭は他人(きんせんはたにん)」
「薬師は人を殺せど薬人を殺さず(くすしはひとをころせどくすりひとをころさず)」
「薬人を殺さず、薬師人を殺す(くすりひとをころさず、くすしひとをころす)」
「国に盗人、家に鼠(くににぬすびと、いえにねずみ)」
「玄人はだし(くろうとはだし)」
「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず(くんしはわしてどうぜず、しょうじんはどうじてわせず)」
「芸術は長く、人生は短し(げいじゅつはながく、じんせいはみじかし)」
「芸人に年なし(げいにんにとしなし)」
「声なくして人を呼ぶ(こえなくしてひとをよぶ)」
「子三人、子宝(こさんにん、こだから)」
「小姑一人は鬼千匹にむかう(こじゅうとひとりはおにせんびきにむかう)」
「古人の糟魄(こじんのそうはく)」
「子供叱るな来た道だ老人笑うな行く道だ(こどもしかるなきたみちだろうじんわらうないくみちだ)」
「子供は風の子、大人は火の子(こどもはかぜのこ、おとなはひのこ)」
「細工貧乏人宝(さいくびんぼうひとだから)」
「歳月、人を待たず(さいげつ、ひとをまたず)」
「最後は人の嗜み(さいごはひとのたしなみ)」
「財布の底と心の底は人に見せるな(さいふのそことこころのそこはひとにみせるな)」
「先んずれば人を制す(さきんずればひとをせいす)」
「猿の人真似(さるのひとまね)」
「猿は人間に毛が三筋足らぬ(さるはにんげんにけがみすじたらぬ)」
「三人行えば必ずわが師あり(さんにんおこなえばかならずわがしあり)」
「三人子持ちは笑うて暮らす(さんにんこもちはわろうてくらす)」
「三人、市虎を成す(さんにん、しこをなす)」
「三人知れば世界中(さんにんしればせかいじゅう)」
「三人旅の一人乞食(さんにんたびのひとりこじき)」
「三人、虎を成す(さんにん、とらをなす)」
「三人寄れば姦しい(さんにんよればかしましい)」
「三人寄れば公界(さんにんよればくがい)」
「三人寄れば文殊の知恵(さんにんよればもんじゅのちえ)」
「敷居を跨げば七人の敵あり(しきいをまたげばしちにんのてきあり)」
「地獄にも知る人(じごくにもしるひと)」
「七度探して人を疑え(しちどさがしてひとをうたがえ)」
「死なぬ子三人、皆孝行(しなぬこさんにん、みなこうこう)」
「死人に口なし(しにんにくちなし)」
「蛇は寸にして人を呑む(じゃはすんにしてひとをのむ)」
「舜も人なり吾もまた人なり(しゅんもひとなりわれもまたひとなり)」
「小人閑居して不善をなす(しょうじんかんきょしてふぜんをなす)」
「小人罪なし璧を懐いて罪あり(しょうじんつみなしたまをいだいてつみあり)」
「職人貧乏人宝(しょくにんびんぼうひとだから)」
「知らずば人に問え(しらずばひとにとえ)」
「知る人ぞ知る(しるひとぞしる)」
「人口に膾炙する(じんこうにかいしゃする)」
「人後に落ちない(じんごにおちない)」
「人事を尽くして天命を待つ(じんじをつくしててんめいをまつ)」
「人生、意気に感ず(じんせい、いきにかんず)」
「人生七十、古来稀なり(じんせいしちじゅう、こらいまれなり)」
「人生、字を識るは憂患の始め(じんせい、じをしるはゆうかんのはじめ)」
「人生、朝露の如し(じんせい、ちょうろのごとし)」
「親は泣き寄り、他人は食い寄り(しんはなきより、たにんはくいより)」
「寸鉄、人を刺す(すんてつ、ひとをさす)」
「聖人に夢なし(せいじんにゆめなし)」
「善人なおもて往生を遂ぐ、況んや悪人をや(ぜんにんなおもておうじょうをとぐ、いわんやあくにんをや)」
「仙人の千年、蜉蝣の一時(せんにんのせんねん、かげろうのいっとき)」
「千人の諾諾は一士の諤諤に如かず(せんにんのだくだくはいっしのがくがくにしかず)」
「千万人と雖も吾往かん(せんまんにんといえどもわれゆかん)」
「騒人(そうじん)」
「曽参、人を殺す(そうしん、ひとをころす)」
「備わらんことを一人に求むるなかれ(そなわらんことをいちにんにもとむるなかれ)」
「その罪を憎んでその人を憎まず(そのつみをにくんでそのひとをにくまず)」
「損せぬ人に儲けなし(そんせぬひとにもうけなし)」
「鯛も一人では旨からず(たいもひとりではうまからず)」
「竹と人の心の直ぐなのは少ない(たけとひとのこころのすぐなのはすくない)」
「闘う雀、人を恐れず(たたかうすずめ、ひとをおそれず)」
「達人は大観す(たつじんはたいかんす)」
「他人の疝気を頭痛に病む(たにんのせんきをずつうにやむ)」
「他人の空似(たにんのそらに)」
「他人の念仏で極楽参り(たにんのねんぶつでごくらくまいり)」
「他人の正目(たにんのまさめ)」
「他人の飯には骨がある(たにんのめしにはほねがある)」
「他人の飯は白い(たにんのめしはしろい)」
「他人の飯を食う(たにんのめしをくう)」
「他人は時の花(たにんはときのはな)」
「狸が人に化かされる(たぬきがひとにばかされる)」
「足らず余らず子三人(たらずあまらずこさんにん)」
「男子家を出ずれば七人の敵あり(だんしいえをいずればしちにんのてきあり)」
「地位は人を作る(ちいはひとをつくる)」
「痴人の前に夢を説く(ちじんのまえにゆめをとく)」
「地の利は人の和に如かず(ちのりはひとのわにしかず)」
「杖に縋るとも人に縋るな(つえにすがるともひとにすがるな)」
「突っかけ者の人もたれ(つっかけもののひともたれ)」
「美人局(つつもたせ)」
「罪を憎んで人を憎まず(つみをにくんでひとをにくまず)」
「天知る地知る我知る人知る(てんしるちしるわれしるひとしる)」
「天道、人を殺さず(てんどう、ひとをころさず)」
「天に口なし人を以て言わしむ(てんにくちなしひとをもっていわしむ)」
「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず(てんのときはちのりにしかず、ちのりはひとのわにしかず)」
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず(てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず)」
「天を怨みず人を咎めず(てんをうらみずひとをとがめず)」
「東西南北の人(とうざいなんぼくのひと)」
「闘雀人を恐れず(とうじゃくひとをおそれず)」
「唐人の寝言(とうじんのねごと)」
「遠い親戚より近くの他人(とおいしんせきよりちかくのたにん)」
「遠くの親類より近くの他人(とおくのしんるいよりちかくのたにん)」
「十で神童、十五で才子、二十過ぎれば只の人(とおでしんどう、じゅうごでさいし、はたちすぎればただのひと)」
「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す(とらはししてかわをとどめ、ひとはししてなをのこす)」
「仲人口は半分に聞け(なこうどぐちははんぶんにきけ)」
「仲人は宵のうち(なこうどはよいのうち)」
「情けは人の為ならず(なさけはひとのためならず)」
「七度尋ねて人を疑え(ななたびたずねてひとをうたがえ)」
「汝の隣人を愛せよ(なんじのりんじんをあいせよ)」
「なんでも来いに名人なし(なんでもこいにめいじんなし)」
「二人口は過ごせるが一人口は過ごせぬ(ににんぐちはすごせるがひとりぐちはすごせぬ)」
「二八余りは人の瀬越し(にはちあまりはひとのせごし)」
「人間至る処、青山あり(にんげんいたるところ、せいざんあり)」
「人間一生二万日(にんげんいっしょうにまんにち)」
「人間は考える葦である(にんげんはかんがえるあしである)」
「人間は万物の尺度(にんげんはばんぶつのしゃくど)」
「人間万事金の世の中(にんげんばんじかねのよのなか)」
「人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)」
「人間は実が入れば仰向く、菩薩は実が入れば俯く(にんげんはみがいればあおむく、ぼさつはみがいればうつむく)」
「人間僅か五十年(にんげんわずかごじゅうねん)」
「人参飲んで首縊る(にんじんのんでくびくくる)」
「人相見の我が身知らず(にんそうみのわがみしらず)」
「人を見て法を説け(にんをみてほうをとけ)」
「盗人猛々しい(ぬすっとたけだけしい)」
「盗人が盗人に盗まれる(ぬすびとがぬすびとにぬすまれる)」
「盗人と言えば手を出す(ぬすびとといえばてをだす)」
「盗人に追い銭(ぬすびとにおいせん)」
「盗人に鍵を預ける(ぬすびとにかぎをあずける)」
「盗人にも三分の理(ぬすびとにもさんぶのり)」
「盗人にも仁義(ぬすびとにもじんぎ)」
「盗人の上米を取る(ぬすびとのうわまいをとる)」
「盗人の提灯持ち(ぬすびとのちょうちんもち)」
「盗人の取り残しはあれど火の取り残しはなし(ぬすびとのとりのこしはあれどひのとりのこしはなし)」
「盗人の寝言(ぬすびとのねごと)」
「盗人の昼寝(ぬすびとのひるね)」
「盗人の隙はあれど守り手の隙はなし(ぬすびとのひまはあれどまもりてのひまはなし)」
「盗人も戸締り(ぬすびともとじまり)」
「盗人を捕らえて見れば我が子なり(ぬすびとをとらえてみればわがこなり)」
「盗人を見て縄を綯う(ぬすびとをみてなわをなう)」
「盗みする子は憎からで縄掛くる人が恨めしい(ぬすみするこはにくからでなわかくるひとがうらめしい)」
「寝ていて人を起こすな(ねていてひとをおこすな)」
「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず(ねんねんさいさいはなあいにたり、さいさいねんねんひとおなじからず)」
「農は人真似(のうはひとまね)」
「のけば他人(のけばたにん)」
「退けば長者が二人(のけばちょうじゃがふたり)」
「測り難きは人心(はかりがたきはひとごころ)」
「白玉楼中の人となる(はくぎょくろうちゅうのひととなる)」
「花一時、人一盛り(はないっとき、ひとひとさかり)」
「花盗人は風流のうち(はなぬすびとはふうりゅうのうち)」
「花は桜木、人は武士(はなはさくらぎ、ひとはぶし)」
「美人というも皮一重(びじんというもかわひとえ)」
「美人に年なし(びじんにとしなし)」
「美人の終わりは猿になる(びじんのおわりはさるになる)」
「美人は言わねど隠れなし(びじんはいわねどかくれなし)」
「人ある中に人なし(ひとあるなかにひとなし)」
「人一寸(ひといっすん)」
「人衆ければ則ち狼を食らう(ひとおおければすなわちおおかみをくらう)」
「人衆ければ天に勝つ(ひとおおければてんにかつ)」
「人食い馬にも合い口(ひとくいうまにもあいくち)」
「人屑と縄屑は余らぬ(ひとくずとなわくずはあまらぬ)」
「人肥えたるが故に貴からず(ひとこえたるがゆえにたっとからず)」
「人こそ人の鏡(ひとこそひとのかがみ)」
「人事言えば影が差す(ひとごといえばかげがさす)」
「人事言わば筵敷け(ひとごといわばむしろしけ)」
「人盛んにして神祟らず(ひとさかんにしてかみたたらず)」
「人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む(ひとさけをのむ、さけさけをのむ、さけひとをのむ)」
「人と入れ物は有り合わせ(ひとといれものはありあわせ)」
「人通りに草生えず(ひとどおりにくさはえず)」
「人と煙草の良し悪しは煙になって後の世に出る(ひととたばこのよしあしはけむりになってのちのよにでる)」
「人と屏風は直ぐには立たぬ(ひととびょうぶはすぐにはたたぬ)」
「人に勝たんと欲する者は必ず先ず自ら勝つ(ひとにかたんとほっするものはかならずまずみずからかつ)」
「人に七癖、我が身に八癖(ひとにななくせ、わがみにやくせ)」
「人には飽かぬが病に飽く(ひとにはあかぬがやまいにあく)」
「人には添うてみよ馬には乗ってみよ(ひとにはそうてみようまにはのってみよ)」
「人に一癖(ひとにひとくせ)」
「人に施しては慎みて念うこと勿れ(ひとにほどこしてはつつしみておもうことなかれ)」
「人の過ち我が幸せ(ひとのあやまちわがしあわせ)」
「人の意見は四十まで(ひとのいけんはしじゅうまで)」
「人の痛いのは三年でも辛抱する(ひとのいたいのはさんねんでもしんぼうする)」
「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し(ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし)」
「人の一寸、我が一尺(ひとのいっすん、わがいっしゃく)」
「人の初事は咎めぬもの(ひとのういごとはとがめぬもの)」
「人の嘘は我が嘘(ひとのうそはわがうそ)」
「人の生まるるや憂いと倶に生まる(ひとのうまるるやうれいとともにうまる)」
「人の噂は倍になる(ひとのうわさはばいになる)」
「人の噂も七十五日(ひとのうわさもしちじゅうごにち)」
「人の踊る時は踊れ(ひとのおどるときはおどれ)」
「人の口に戸は立てられぬ(ひとのくちにとはたてられぬ)」
「人の苦楽は壁一重(ひとのくらくはかべひとえ)」
「人の心は面の如し(ひとのこころはおもてのごとし)」
「人の心は九分十分(ひとのこころはくぶじゅうぶ)」
「人の事は我の事(ひとのことはわれのこと)」
「人の事より我が事(ひとのことよりわがこと)」
「人の子の死んだより我が子の転けた(ひとのこのしんだよりわがこのこけた)」
「人の牛蒡で法事する(ひとのごぼうでほうじする)」
「人の七難より我が十難(ひとのしちなんよりわがじゅうなん)」
「人の十難より我が一難(ひとのじゅうなんよりわがいちなん)」
「人の疝気を頭痛に病む(ひとのせんきをずつうにやむ)」
「人の空言は我が空言(ひとのそらごとはわがそらごと)」
「人の宝を数える(ひとのたからをかぞえる)」
「人の頼まぬ経を読む(ひとのたのまぬきょうをよむ)」
「人の情けは世にある時(ひとのなさけはよにあるとき)」
「人の女房と枯れ木の枝ぶり(ひとのにょうぼうとかれきのえだぶり)」
「人の蠅を追うより己の蠅を追え(ひとのはえをおうよりおのれのはえをおえ)」
「人の花は赤い(ひとのはなはあかい)」
「人のふり見て我がふり直せ(ひとのふりみてわがふりなおせ)」
「人の褌で相撲を取る(ひとのふんどしですもうをとる)」
「人の将に死なんとするその言や善し(ひとのまさにしなんとするそのげんやよし)」
「人の物より自分の物(ひとのものよりじぶんのもの物)」
「人は石垣人は城(ひとはいしがきひとはしろ)」
「人は一代、名は末代(ひとはいちだい、なはまつだい)」
「人は落ち目が大事(ひとはおちめがだいじ)」
「人は陰が大事(ひとはかげがだいじ)」
「人は堯舜にあらず、何ぞ事事によく善を尽くさん(ひとはぎょうしゅんにあらず、なんぞことごとによくぜんをつくさん)」
「人はしれぬもの(ひとはしれぬもの)」
「人は善悪の友による(ひとはぜんあくのともによる)」
「人は足るを知らざるを苦しむ(ひとはたるをしらざるをくるしむ)」
「人はパンのみにて生くるにあらず(ひとはぱんのみにていくるにあらず)」
「人は万物の尺度なり(ひとはばんぶつのしゃくどなり)」
「人は見かけによらぬもの(ひとはみかけによらぬもの)」
「人は見目よりただ心(ひとはみめよりただこころ)」
「人は病の器(ひとはやまいのうつわ)」
「人は悪かれ我善かれ(ひとはわるかれわれよかれ)」
「人一盛り(ひとひとさかり)」
「人、木石に非ず(ひと、ぼくせきにあらず)」
「一人口は食えぬが二人口は食える(ひとりぐちはくえぬがふたりぐちはくえる)」
「一人相撲を取る(ひとりずもうをとる)」
「一人の文殊より三人のたくらだ(ひとりのもんじゅよりさんにんのたくらだ)」
「一人娘と春の日はくれそうでくれぬ(ひとりむすめとはるのひはくれそうでくれぬ)」
「人を射んとせば先ず馬を射よ(ひとをいんとせばまずうまをいよ)」
「人を怨むより身を怨め(ひとをうらむよりみをうらめ)」
「人を思うは身を思う、人を憎むは身を憎む(ひとをおもうはみをおもう、ひとをにくむはみをにくむ)」
「人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり(ひとをしるものはちなり、みずからしるものはめいなり)」
「人を謗るは鴨の味(ひとをそしるはかものあじ)」
「人を叩いた夜は寝られぬ(ひとをたたいたよはねられぬ)」
「人を恃むは自ら恃むに如かず(ひとをたのむはみずからたのむにしかず)」
「人を使うは苦を使う(ひとをつかうはくをつかう)」
「人を使うは使わるる(ひとをつかうはつかわるる)」
「人を呪わば穴二つ(ひとをのろわばあなふたつ)」
「人を見たら泥棒と思え(ひとをみたらどろぼうとおもえ)」
「人を見て法を説け(ひとをみてほうをとけ)」
「人を以て鑑と為す(ひとをもってかがみとなす)」
「人を以て言を廃せず(ひとをもってげんをはいせず)」
「豹は死して皮を留め人は死して名を留む(ひょうはししてかわをとどめひとはししてなをとどむ)」
「屏風と商人は直ぐには立たぬ(びょうぶとあきんどはすぐにはたたぬ)」
「貧乏人の子沢山(びんぼうにんのこだくさん)」
「富貴には他人集まり、貧賤には親戚も離る(ふうきにはたにんあつまり、ひんせんにはしんせきもはなる)」
「無事これ貴人(ぶじこれきじん)」
「二人口は過ごせるが一人口は過ごせぬ(ふたりぐちはすごせるがひとりぐちはすごせぬ)」
「船盗人を徒歩で追う(ふなぬすびとをかちでおう)」
「文は人なり(ぶんはひとなり)」
「減らぬものなら金百両、死なぬものなら子は一人(へらぬものならかねひゃくりょう、しなぬものならこはひとり)」
「法は人でない人は法でない(ほうはひとでないひとはほうでない)」
「仏千人、神千人(ほとけせんにん、かみせんにん)」
「褒め手千人、悪口万人(ほめてせんにん、わるくちまんにん)」
「褒める人には油断すな(ほめるひとにはゆだんすな)」
「褒める人は買わぬ(ほめるひとはかわぬ)」
「誠は天の道なり、之を誠にするは人の道なり(まことはてんのみちなり、これをまことにするはひとのみちなり)」
「丸くとも一角あれや人心(まるくともひとかどあれやひとごころ)」
「娘三人持てば身代潰す(むすめさんにんもてばしんだいつぶす)」
「娘一人に婿八人(むすめひとりにむこはちにん)」
「無累の人(むるいのひと)」
「名人は人を謗らず(めいじんはひとをそしらず)」
「藪医者の病人選び(やぶいしゃのびょうにんえらび)」
「世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人(よのなかはねんじゅうさんがつじょうつきよ、かかあじゅうしちおれはたち、おわずからずにこさんにん)」
「蠟燭は身を減らして人を照らす(ろうそくはみをへらしてひとをてらす)」
「ローマにいる時はローマの人がするとおりにせよ(ろーまにいるときはろーまのひとがするとおりにせよ)」
「碌でなしが人の陰言(ろくでなしがひとのかげごと)」
「我が面白の人泣かせ(わがおもしろのひとなかせ)」
「我が好きを人に振る舞う(わがすきをひとにふるまう)」
「我が身の事は人に問え(わがみのことはひとにとえ)」
「我が身を立てんとせばまず人を立てよ(わがみをたてんとせばまずひとをたてよ)」
「我が身を抓って人の痛さを知れ(わがみをつねってひとのいたさをしれ)」
「笑いは人の薬(わらいはひとのくすり)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved