1. 漢字辞典 >
  2. 「吹」の情報

「吹」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 4級
部首
くち・くちへん
画数 7画
音訓読み
  • スイ
  • ふ(く)

「吹」を含む熟語

「歌吹(かすい)」 「鼓吹(くすい)」 「鼓吹(こすい)」 「吹嘘(すいきょ)」 「吹管(すいかん)」 「吹奏(すいそう)」 「吹弾(すいだん)」 「吹鳴(すいめい)」 「吹聴(ふいちょう)」 「泡吹(あわぶき)」 「伊吹(いぶき)」 「吹螺(ほらがい)」

「吹」を含む四字熟語

「詩腸鼓吹(しちょうのこすい)」「吹影鏤塵(すいえいろうじん)」「吹毛求疵(すいもうきゅうし)」「懲羹吹膾(ちょうこうすいかい)」「南郭濫吹(なんかくらんすい)」「鏤塵吹影(るじんすいえい)」「鏤塵吹影(ろうじんすいえい)」

「吹」を含むことわざ

「明日は明日の風が吹く(あしたはあしたのかぜがふく)」
「羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)」
「阿波に吹く風は讃岐にも吹く(あわにふくかぜはさぬきにもふく)」
「江戸っ子は五月の鯉の吹き流し(えどっこはさつきのこいのふきながし)」
「大風が吹けば桶屋が儲かる(おおかぜがふけばおけやがもうかる)」
「臆病風に吹かれる(おくびょうかぜにふかれる)」
「同い年夫婦は火吹く力もない(おないどしみょうとはひふくちからもない)」
「風が吹けば桶屋が儲かる(かぜがふけばおけやがもうかる)」
「風は吹けども山は動せず(かぜはふけどもやまはどうせず)」
「金持ちと灰吹きは溜まるほど汚い(かねもちとはいふきはたまるほどきたない)」
「毛を吹いて疵を求む(けをふいてきずをもとむ)」
「事がな笛吹かん(ことがなふえふかん)」
「吝ん坊と灰吹きは溜まるほど汚い(しわんぼうとはいふきはたまるほどきたない)」
「どうした風の吹き回し(どうしたかぜのふきまわし)」
「灰吹きから蛇が出る(はいふきからじゃがでる)」
「笛吹けども踊らず(ふえふけどもおどらず)」
「吹く風枝を鳴らさず(ふくかぜえだをならさず)」
「分相応に風が吹く(ぶんそうおうにかぜがふく)」
「法螺と喇叭は大きく吹け(ほらとらっぱはおおきくふけ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved