1. 漢字辞典 >
  2. 「雪」の情報

「雪」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学二年生
漢検の級 9級
部首
あめ・あめかんむり
画数 11画
音訓読み
  • セツ
  • ゆき
  • すす(ぐ) △
  • そそ(ぐ) △

「雪」を含む熟語

「克雪(こくせつ)」 「積雪(せきせつ)」 「雪辱(せつじょく)」 「雪冤(せつえん)」 「雪糅(ゆきがて)」 「耐雪(たいせつ)」 「沫雪(あわゆき)」 「絮雪(じょせつ)」 「衾雪(ふすまゆき)」 「頽雪(たいせつ)」 「雪堤(せってい)」 「雪泥(せつでい)」 「雪踏(せった)」 「雪洞(せっとう)」 「雪洞(せつどう)」 「雪洞(ぼんぼり)」 「斑雪(まだらゆき)」 「俵雪(たわらゆき)」 「雪俵(ゆきだわら)」 「雪膚(せっぷ)」 「雪膚(ゆきはだ)」 「雪崩(なだれ)」 「泡雪(あわゆき)」 「雪娘(ゆきむすめ) 」 「融雪(ゆうせつ)」 「嵐雪(らんせつ)」 「雪嵐(ゆきあらし)」 「俄雪(にわかゆき)」 「雪沓(ゆきぐつ)」 「雪濠(せつごう)」 「雪嶺(せつれい)」

「雪」を含む四字熟語

「雨露霜雪(うろそうせつ)」「詠雪之才(えいせつのさい)」「蛍雪之功(けいせつのこう)」「蛍窓雪案(けいそうせつあん)」「車蛍孫雪(しゃけいそんせつ)」「雪案蛍窓(せつあんけいそう)」「雪月風花(せつげつふうか)」「雪中四友(せっちゅうしゆう)」「雪中松柏(せっちゅう(の)しょうはく)」「雪泥鴻爪(せつでい(の)こうそう)」「雪裏清香(せつりせいこう)」「雪萼霜葩(せつがくそうは)」「雪魄氷姿(せっぱくひょうし)」「孫康映雪(そんこうえいせつ)」「対牀風雪(たいしょうふうせつ)」「団雪之扇(だんせつのおうぎ)」「嚢蛍映雪(のうけいえいせつ)」「肌肉玉雪(きにくぎょくせつ)」「飛雪千里(ひせつせんり)」「氷姿雪魄(ひょうしせっぱく)」「氷甌雪椀(ひょうおうせつわん)」「報仇雪恨(ほうきゅうせっこん)」

「雪」を含むことわざ

「空き家の雪隠(あきやのせっちん)」
「会稽の恥を雪ぐ(かいけいのはじをすすぐ)」
「考えは雪隠(かんがえはせっちん)」
「蛍雪(けいせつ)」
「蛍雪の功(けいせつのこう)」
「香炉峰の雪は簾をかかげて見る(こうろほうのゆきはすだれをかかげてみる)」
「雪上に霜を加う(せつじょうにしもをくわう)」
「雪駄の裏に灸(せったのうらにきゅう)」
「雪駄の土用干し(せったのどようぼし)」
「雪隠詰め(せっちんづめ)」
「雪隠で饅頭(せっちんでまんじゅう)」
「鱈汁と雪道は後が良い(たらじるとゆきみちはあとがよい)」
「月雪花は一度に眺められぬ(つきゆきはなはいちどにながめられぬ)」
「天地、夏冬、雪と墨(てんち、なつふゆ、ゆきとすみ)」
「年寄りの達者、春の雪(としよりのたっしゃ、はるのゆき)」
「春の雪とおばの杖は怖くない(はるのゆきとおばのつえはこわくない)」
「冬の雪売り(ふゆのゆきうり)」
「宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締り、四には火の元(やどとらばいちにほうがく、ににせっちん、さんにとじまり、しにはひのもと)」
「柳に雪折れなし(やなぎにゆきおれなし)」
「闇夜に烏、雪に鷺(やみよにからす、ゆきにさぎ)」
「雪と墨(ゆきとすみ)」
「雪の明日は裸虫の洗濯(ゆきのあしたははだかむしのせんたく)」
「雪の上に霜(ゆきのうえにしも)」
「雪は豊年の瑞(ゆきはほうねんのしるし)」
「我が物と思えば軽し笠の雪(わがものとおもえばかるしかさのゆき)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved