1. 漢字辞典 >
  2. 「千」の情報

「千」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首
じゅう
画数 3画
音訓読み
  • セン

「千」を含む熟語

「千億(せんおく)」 「千悔(せんかい)」 「千貫(せんがん)」 「千金(せんきん)」 「千仞(せんじん)」 「千鈞(せんきん)」 「千態(せんたい)」 「千倍(せんばい)」 「千枚(せんまい)」 「千箭(ちのり)」

「千」を含む四字熟語

「悪事千里(あくじせんり)」「遺憾千万(いかんせんばん)」「一騎当千(いっきとうせん)」「一言千金(いちげんせんきん)」「一刻千金(いっこくせんきん)」「一刻千秋(いっこくせんしゅう)」「一字千金(いちじせんきん)」「一笑千金(いっしょうせんきん)」「一人当千(いちにんとうせん)」「一酔千日(いっすいせんにち)」「一諾千金(いちだくせんきん)」「一日千秋(いちじつせんしゅう)」「一念三千(いちねんさんぜん)」「一髪千鈞(いっぱつせんきん)」「一飯千金(いっぱんせんきん)」「一望千頃(いちぼうせんけい)」「一望千里(いちぼうせんり)」「一壺千金(いっこせんきん)」「一擲千金(いってきせんきん)」「一攫千金(いっかくせんきん)」「一瀉千里(いっしゃせんり)」「一縷千鈞(いちるせんきん)」「海千山千(うみせんやません)」「奇怪千万(きかいせんばん)」「奇怪千万(きっかいせんばん)」「三千世界(さんぜんせかい)」「尺幅千里(せきふくせんり)」「笑止千万(しょうしせんばん)」「食客三千(しょっかくさんぜん)」「千巌万壑(せんがんばんがく)」「千客万来(せんきゃくばんらい)」「千金一刻(せんきんいっこく)」「千金一擲(せんきんいってき)」「千金弊帚(せんきんへいそう)」「千軍万馬(せんぐんばんば)」「千荊万棘(せんけいばんきょく)」「千言万語(せんげんばんご)」「千古不易(せんこふえき)」「千古不磨(せんこふま)」「千呼万喚(せんこばんかん)」「千紅万紫(せんこうばんし)」「千差万別(せんさばんべつ)」「千載一遇(せんざいいちぐう)」「千錯万綜(せんさくばんそう)」「千山万水(せんざんばんすい)」「千姿万態(せんしばんたい)」「千思万考(せんしばんこう)」「千紫万紅(せんしばんこう)」「千射万箭(せんしゃばんせん)」「千秋万古(せんしゅうばんこ)」「千秋万歳(せんしゅうばんざい)」「千緒万端(せんしょばんたん)」「千乗之国(せんじょうのくに)」「千乗万騎(せんじょうばんき)」「千状万態(せんじょうばんたい)」「千辛万苦(せんしんばんく)」「千成瓢箪(せんなりびょうたん)」「千村万落(せんそんばんらく)」「千変万化(せんぺんばんか)」「千篇一律(せんぺんいちりつ)」「千万無量(せんまんむりょう)」「千里結言(せんり(の)けつげん)」「千里同風(せんりどうふう)」「千里無烟(せんりむえん)」「千里命駕(せんりめいが)」「千慮一失(せんりょのいっしつ)」「千慮一得(せんりょのいっとく)」「千仞之谿(せんじんのたに)」「千朶万朶(せんだばんだ)」「千鈞一髪(せんきんいっぱつ)」「大千世界(だいせんせかい)」「鶴寿千歳(かくじゅせんざい)」「卑怯千万(ひきょうせんばん)」「飛雪千里(ひせつせんり)」「百孔千瘡(ひゃっこうせんそう)」「百縦千随(ひゃくしょうせんずい)」「百術千慮(ひゃくじゅつせんりょ)」「百鍛千練(ひゃくたんせんれん)」「不埒千万(ふらちせんばん)」「弊帚千金(へいそうせんきん)」「壁立千仞(へきりつせんじん)」「万杵千砧(ばんしょせんちん)」「万古千秋(ばんこせんしゅう)」「万紫千紅(ばんしせんこう)」「万水千山(ばんすいせんざん)」「万水千山(まんすいせんざん)」「万万千千(ばんばんせんせん)」「無礼千万(ぶれいせんばん)」「迷惑千万(めいわくせんばん)」「沃野千里(よくやせんり)」「毫釐千里(ごうりせんり)」「皓月千里(こうげつせんり)」「舳艫千里(じくろせんり)」「跛鼈千里(はべつもせんり)」

「千」を含むことわざ

「悪事、千里を走る(あくじ、せんりをはしる)」
「朝起き千両夜起き百両(あさおきせんりょうよおきひゃくりょう)」
「あの世の千日、この世の一日(あのよのせんにち、このよのいちにち)」
「一日千秋の思い(いちじつせんしゅうのおもい)」
「一髪、千鈞を引く(いっぱつ、せんきんをひく)」
「一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂う(いっぴきのうまがくるえばせんびきのうまもくるう)」
「牛も千里馬も千里(うしもせんりうまもせんり)」
「後ろ千両前一文(うしろせんりょうまえいちもん)」
「海に千年山に千年(うみにせんねんやまにせんねん)」
「縁あれば千里(えんあればせんり)」
「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない(おやのいけんとなすびのはなはせんにひとつもむだはない)」
「霞に千鳥(かすみにちどり)」
「餓えて死ぬは一人、飲んで死ぬは千人(かつえてしぬはひとり、のんでしぬはせんにん)」
「好事門を出でず、悪事千里を行く(こうじもんをいでず、あくじせんりをいく)」
「甲由田申は筆者の誤り、十点千字は継母の謀(こうゆでんしんはひっしゃのあやまり、じってんせんじはけいぼのはかりごと)」
「小言八百愚痴千粒(こごとはっぴゃくぐちせんつぶ)」
「小姑一人は鬼千匹にむかう(こじゅうとひとりはおにせんびきにむかう)」
「囁き千里(ささやきせんり)」
「死しての千年より生きての一日(ししてのせんねんよりいきてのいちにち)」
「春宵一刻値千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)」
「雀の千声鶴の一声(すずめのせんこえつるのひとこえ)」
「千金の裘は一狐の腋に非ず(せんきんのきゅうはいっこのえきにあらず)」
「千金の子は市に死せず(せんきんのこはいちにしせず)」
「千金を買う市あれど一文字を買う店なし(せんきんをかういちあれどいちもんじをかうみせなし)」
「千軒あれば共過ぎ(せんげんあればともすぎ)」
「千石取れば万石羨む(せんごくとればまんごくうらやむ)」
「千石万石も米五合(せんごくまんごくもこめごごう)」
「千秋楽(せんしゅうらく)」
「千畳敷に寝ても畳一枚(せんじょうじきにねてもたたみいちまい)」
「千丈の堤も螻蟻の穴を以て潰いゆ(せんじょうのつつみもろうぎのあなをもってついゆ)」
「千緒万端、遺漏あることなし(せんしょばんたん、いろうあることなし)」
「千日の萱を一日(せんにちのかやをいちにち)」
「千日の萱を一日に焼く(せんにちのかやをいちにちにやく)」
「千日の旱魃に一日の洪水(せんにちのかんばつにいちにちのこうずい)」
「仙人の千年、蜉蝣の一時(せんにんのせんねん、かげろうのいっとき)」
「千人の諾諾は一士の諤諤に如かず(せんにんのだくだくはいっしのがくがくにしかず)」
「千の蔵より子は宝(せんのくらよりこはたから)」
「千万人と雖も吾往かん(せんまんにんといえどもわれゆかん)」
「千里眼(せんりがん)」
「千里の馬は常にあれども伯楽は常にはあらず(せんりのうまはつねにあれどもはくらくはつねにはあらず)」
「千里の馬も蹴躓く(せんりのうまもけつまずく)」
「千里の馬も伯楽に会わず(せんりのうまもはくらくにあわず)」
「千里の行も足下より始まる(せんりのこうもそっかよりはじまる)」
「千里の堤も蟻の穴から(せんりのつつみもありのあなから)」
「千里の野に虎を放つ(せんりののにとらをはなつ)」
「千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)」
「千里一跳ね(せんりひとはね)」
「千慮の一失(せんりょのいっしつ)」
「千慮の一得(せんりょのいっとく)」
「中流に船を失えば一瓢も千金(ちゅうりゅうにふねをうしなえばいっぴょうもせんきん)」
「面の皮の千枚張り(つらのかわのせんまいばり)」
「鶴は千年、亀は万年(つるはせんねん、かめはまんねん)」
「手千両(てせんりょう)」
「虎は千里入って千里帰る(とらはせんりいってせんりかえる)」
「虎は千里の藪に栖む(とらはせんりのやぶにすむ)」
「茄子の花と親の意見は千に一つも無駄はない(なすびのはなとおやのいけんはせんにひとつもむだはない)」
「波に千鳥(なみにちどり)」
「籌を帷幄に運らし、勝ちを千里の外に決す(はかりごとをいあくにめぐらし、かちをせんりのほかにけっす)」
「白髪三千丈(はくはつさんぜんじょう)」
「仏千人、神千人(ほとけせんにん、かみせんにん)」
「褒め手千人、悪口万人(ほめてせんにん、わるくちまんにん)」
「惚れて通えば千里も一里(ほれてかよえばせんりもいちり)」
「昔千里も今一里(むかしせんりもいまいちり)」
「目千両(めせんりょう)」
「目元千両、口元万両(めもとせんりょう、くちもとまんりょう)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved