1. 漢字辞典 >
  2. 「火」の情報

「火」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首 火 灬
ひ・ひへん・れっか・れんが
画数 4画
音訓読み
  • コ △

「火」を含む熟語

「炎火(えんか)」 「煙火(えんか)」 「火炎(かえん)」 「火器(かき)」 「火気(かき)」 「火串(ほぐし)」 「火坑(かきょう)」 「火皿(ひざら)」 「火瓮(ほへ)」 「漁火(ぎょか)」 「蛍火(けいか)」 「擦火(すりび)」 「失火(しっか)」 「銃火(じゅうか)」 「松火(しょうか)」 「閃火(せんか)」 「耐火(たいか)」 「鎮火(ちんか)」 「噴火(ふんか)」 「砲火(ほうか)」 「燐火(りんか)」 「弄火(ろうか)」 「榾火(ほたび)」 「烽火(のろし)」 「熾火(おきび)」 「燠火(おきび)」 「燧火(すいか)」 「火葬(かそう)」 「怒火(どか)」 「火筒(ひづつ)」 「火筒(ほづつ)」 「導火(どうか)」 「火鉢(ひばち)」 「火斑(ひだこ)」 「火敷(ひしき)」 「盆火(ぼんび)」 「火曜(かよう)」 「裸火(はだかび)」 「雷火(らいか)」 「火雷(ひがみなり)」 「葦火(あしび)」 「火堰(ひぜき)」 「火焔(かえん)」 「火窪(ほくぼ)」 「火匙(こじ)」 「燭火(しょっか)」 「火箭(かせん)」 「火箭(ひや)」 「火焚(ほたき)」 「狼火(ろうか)」 「藁火(わらび)」

「火」を含む四字熟語

「遠水近火(えんすいきんか)」「火牛之計(かぎゅうのけい)」「火宅之境(かたくのさかい)」「火中取栗(かちゅうしゅりつ)」「火中之栗(かちゅうのくり)」「隔岸観火(かくがんかんか)」「膏火自煎(こうかじせん)」「三界火宅(さんがいのかたく)」「新涼灯火(しんりょうとうか)」「薪尽火滅(しんじんかめつ)」「星火燎原(せいかりょうげん)」「対岸火災(たいがんのかさい)」「電光石火(でんこうせっか)」「刀耕火種(とうこうかしゅ)」「灯火可親(とうかかしん)」「白荼赤火(はくとせきか)」「風林火山(ふうりんかざん)」「抱薪救火(ほうしんきゅうか)」「敲氷求火(こうひょうきゅうか)」「燎原之火(りょうげんのひ)」「篝火狐鳴(こうかこめい)」

「火」を含むことわざ

「秋葉山から火事(あきばさんからかじ)」
「足もとに火がつく(あしもとにひがつく)」
「油紙に火の付いたよう(あぶらがみにひのついたよう)」
「暗夜に灯火を失う(あんやにともしびをうしなう)」
「家に女房なきは火のない炉のごとし(いえににょうぼうなきはひのないろのごとし)」
「遠水、近火を救わず(えんすい、きんかをすくわず)」
「同い年夫婦は火吹く力もない(おないどしみょうとはひふくちからもない)」
「楽屋から火を出す(がくやからひをだす)」
「火事あとの釘拾い(かじあとのくぎひろい)」
「火事あとの火の用心(かじあとのひのようじん)」
「火事と喧嘩は江戸の花(かじとけんかはえどのはな)」
「火事と葬式に行けば勘当もゆりる(かじとそうしきにいけばかんどうもゆりる)」
「火事場の馬鹿力(かじばのばかぢから)」
「火宅(かたく)」
「火中の栗を拾う(かちゅうのくりをひろう)」
「金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)」
「子供川端、火の用心(こどもかわばた、ひのようじん)」
「子供は風の子、大人は火の子(こどもはかぜのこ、おとなはひのこ)」
「三界の火宅(さんがいのかたく)」
「三度の火事より一度の後家(さんどのかじよりいちどのごけ)」
「地獄から火を貰いに来たよう(じごくからひをもらいにきたよう)」
「地震、雷、火事、親父(じしん、かみなり、かじ、おやじ)」
「心頭滅却すれば火もまた涼し(しんとうめっきゃくすればひもまたすずし)」
「水火の争い(すいかのあらそい)」
「水火も辞せず(すいかもじせず)」
「水中に火を求む(すいちゅうにひをもとむ)」
「袖から火事(そでからかじ)」
「対岸の火事(たいがんのかじ)」
「薪を抱きて火を救う(たきぎをいだきてひをすくう)」
「竹屋の火事(たけやのかじ)」
「たとえ火の中水の中(たとえひのなかみずのなか)」
「近火で手を焙る(ちかびでてをあぶる)」
「壷の中では火は燃えぬ(つぼのなかではひはもえぬ)」
「爪に火を点す(つめにひをともす)」
「手を出して火傷する(てをだしてやけどする)」
「灯火親しむべし(とうかしたしむべし)」
「遠くの火事、背中の灸(とおくのかじ、せなかのきゅう)」
「遠火で手を焙る(とおびでてをあぶる)」
「隣は火事でも先ず一服(となりはかじでもまずいっぷく)」
「飛んで火に入る夏の虫(とんでひにいるなつのむし)」
「盗人の取り残しはあれど火の取り残しはなし(ぬすびとのとりのこしはあれどひのとりのこしはなし)」
「火打ち石据え石にならず(ひうちいしすえいしにならず)」
「火は火で消えぬ(ひはひできえぬ)」
「火に油を注ぐ(ひにあぶらをそそぐ)」
「火の消えたよう(ひのきえたよう)」
「火の車(ひのくるま)」
「火のない所に煙は立たぬ(ひのないところにけむりはたたぬ)」
「火は火で治まる(ひはひでおさまる)」
「火は火元から騒ぎ出す(ひはひもとからさわぎだす)」
「火蓋を切る(ひぶたをきる)」
「火元は七代祟る(ひもとはしちだいたたる)」
「火を避けて水に陥る(ひをさけてみずにおちいる)」
「火を見たら火事と思え(ひをみたらかじとおもえ)」
「火を見るより明らか(ひをみるよりあきらか)」
「火を以て火を救う(ひをもってひをすくう)」
「風前の灯火(ふうぜんのともしび)」
「降りかかる火の粉は払わねばならぬ(ふりかかるひのこははらわねばならぬ)」
「噴火山の上で踊る(ふんかざんのうえでおどる)」
「屁と火事は元から騒ぐ(へとかじはもとからさわぐ)」
「本丸から火を出す(ほんまるからひをだす)」
「眉毛に火が付く(まゆげにひがつく)」
「眉に火が付く(まゆにひがつく)」
「燃え杭には火がつきやすい(もえぐいにはひがつきやすい)」
「火傷、火に怖じる(やけど、ひにおじる)」
「焼け木杭には火がつきやすい(やけぼっくいにはひがつきやすい)」
「宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締り、四には火の元(やどとらばいちにほうがく、ににせっちん、さんにとじまり、しにはひのもと)」
「燎原の火(りょうげんのひ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved