1. 漢字辞典 >
  2. 「花」の情報

「花」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首 艸 艹
くさ・くさかんむり
画数 7画
音訓読み
  • はな
  • ケ △

「花」を含む熟語

「荻花(てきか)」 「花茨(はないばら)」 「花王(かおう)」 「花魁(おいらん)」 「花机(はなづくえ)」 「花梗(かこう)」 「花札(はなふだ)」 「花皿(はなざら)」 「花蕊(かずい)」 「花壇(かだん)」 「花韮(はなにら)」 「花畠(はなばたけ)」 「花卉(かき)」 「花壻(はなむこ)」 「花瞼(かけん)」 「花筐(はながたみ)」 「花簪(はなかんざし)」 「花蕾(からい)」 「花鬮(はなくじ)」 「花鰄(はなかいらぎ)」 「献花(けんか)」 「桜花(おうか)」 「繍花(しゅうか)」 「堆花(たいか)」 「丹花(たんか)」 「弔花(ちょうか)」 「珍花(ちんか)」 「吊花(つりばな)」 「桃花(とうか)」 「藤花(とうか)」 「葱花(そうか)」 「貌花(かおばな)」 「棉花(めんか)」 「李花(りか)」 「弄花(ろうか)」 「捩花(ねじばな)」 「槿花(きんか)」 「綵花(さいか)」 「蕣花(しゅんか)」 「藕花(ぐうげ)」 「挿花(そうか)」 「彫花(ちょうか)」 「頂花(ちょうか)」 「花亭(かてい)」 「摘花(てきか)」 「花桃(はなもも)」 「花筒(はなづつ)」 「花畑(はなばたけ)」 「花被(かひ)」 「花貌(かぼう)」 「盆花(ぼんばな)」 「花蜜(かみつ)」 「花娘(はなむすめ)」 「裸花(らか)」 「花嵐(はなあらし)」 「花暦(はなごよみ)」 「磯花(いそばな)」 「花鰹(はながつお)」 「兜花(かぶとばな)」 「灸花(やいとばな)」 「花櫛(はなぐし)」 「麹花(こうじばな)」 「花燭(かしょく)」 「花菅(はなすげ)」 「花碇(はないかり)」 「花釘(はなくぎ)」 「花蚤(はなのみ)」 「花筏(はないかだ)」 「花圃(かほ)」 「花柚(はなゆ)」 「花洛(からく)」 「蓮花(れんげ)」 「花蓮(かれん)」 「花蓮(はなばちす)」

「花」を含む四字熟語

「花街柳巷(かがいりゅうこう)」「花紅柳緑(かこうりゅうりょく)」「花朝月夕(かちょうげっせき)」「花鳥風月(かちょうふうげつ)」「花鳥諷詠(かちょうふうえい)」「花八層倍(はなはっそうばい)」「花柳狭斜(かりゅうきょうしゃ)」「解語之花(かいごのはな)」「鏡花水月(きょうかすいげつ)」「錦上添花(きんじょうてんか)」「桜花爛漫(おうからんまん)」「借花献仏(しゃっかけんぶつ)」「人面桃花(じんめんとうか)」「水月鏡花(すいげつきょうか)」「折花攀柳(せっかはんりゅう)」「雪月風花(せつげつふうか)」「先花後果(せんかごか)」「走馬看花(そうばかんか)」「鳥語花香(ちょうごかこう)」「鉄樹開花(てつじゅかいか)」「天香佳花(てんこうけいか)」「桃花癸水(とうかきすい)」「呑花臥酒(どんかがしゅ)」「敗柳残花(はいりゅうざんか)」「飛花落葉(ひからくよう)」「飛絮漂花(ひじょひょうか)」「百花斉放(ひゃっかせいほう)」「百花繚乱(ひゃっかりょうらん)」「浮花浪蕊(ふかろうずい)」「閉月羞花(へいげつしゅうか)」「遍地開花(へんちかいか)」「問柳尋花(もんりゅうじんか)」「柳暗花明(りゅうあんかめい)」「柳巷花街(りゅうこうかがい)」「柳緑花紅(りゅうりょくかこう)」「柳陌花街(りゅうはくかがい)」「落花流水(らっかりゅうすい)」「落花狼藉(らっかろうぜき)」「落花啼鳥(らっかていちょう)」「流水落花(りゅうすいらっか)」「路花墻柳(ろかしょうりゅう)」「路柳墻花(ろりゅうしょうか)」「槿花一朝(きんかいっちょう)」「槿花一日(きんかいちじつ)」「羞花閉月(しゅうかへいげつ)」「羞月閉花(しゅうげつへいか)」

「花」を含むことわざ

「朝顔の花一時(あさがおのはないっとき)」
「薊の花も一盛り(あざみのはなもひとさかり)」
「徒花に実は生らぬ(あだばなにみはならぬ)」
「雨は花の父母(あめははなのふぼ)」
「石に花咲く(いしにはなさく)」
「一輪咲いても花は花(いちりんさいてもはなははな)」
「炒り豆に花が咲く(いりまめにはながさく)」
「言わぬが花(いわぬがはな)」
「美しい花には棘がある(うつくしいはなにはとげがある)」
「優曇華の花(うどんげのはな)」
「埋もれ木に花咲く(うもれぎにはなさく)」
「売り物には花を飾れ(うりものにははなをかざれ)」
「枝を矯めて花を散らす(えだをためてはなをちらす)」
「老い木に花咲く(おいきにはなさく)」
「男鰥に蛆が湧き、女寡に花が咲く(おとこやもめにうじがわき、おんなやもめにはながさく)」
「鬼も十八、番茶も出花(おにもじゅうはち、ばんちゃもでばな)」
「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない(おやのいけんとなすびのはなはせんにひとつもむだはない)」
「女寡に花が咲く(おんなやもめにはながさく)」
「解語の花(かいごのはな)」
「餓鬼の花争い(がきのはなあらそい)」
「火事と喧嘩は江戸の花(かじとけんかはえどのはな)」
「枯れ木に花(かれきにはな)」
「器量は当座の花(きりょうはとうざのはな)」
「槿花一日の栄(きんかいちじつのえい)」
「錦上、花を添える(きんじょう、はなをそえる)」
「桜は花に顕われる(さくらははなにあらわれる)」
「三十九じゃもの花じゃもの(さんじゅうくじゃものはなじゃもの)」
「死に花を咲かせる(しにばなをさかせる)」
「沈丁花は枯れても香し(じんちょうげはかれてもかんばし)」
「死んで花実が咲くものか(しんではなみがさくものか)」
「蕎麦の花も一盛り(そばのはなもひとさかり)」
「添わぬうちが花(そわぬうちがはな)」
「高嶺の花(たかねのはな)」
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花(たてばしゃくやく、すわればぼたん、あるくすがたはゆりのはな)」
「他人は時の花(たにんはときのはな)」
「蝶よ花よ(ちょうよはなよ)」
「沈魚落雁、閉月羞花(ちんぎょらくがん、へいげつしゅうか)」
「月に叢雲、花に風(つきにむらくも、はなにかぜ)」
「月雪花は一度に眺められぬ(つきゆきはなはいちどにながめられぬ)」
「遠きは花の香(とおきははなのか)」
「時の花を挿頭にせよ(ときのはなをかざしにせよ)」
「隣の花は赤い(となりのはなはあかい)」
「茄子の花と親の意見は千に一つも無駄はない(なすびのはなとおやのいけんはせんにひとつもむだはない)」
「生る木は花から違う(なるきははなからちがう)」
「根がなくても花は咲く(ねがなくてもはなはさく)」
「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず(ねんねんさいさいはなあいにたり、さいさいねんねんひとおなじからず)」
「化け物の正体見たり枯れ尾花(ばけもののしょうたいみたりかれおばな)」
「花一時、人一盛り(はないっとき、ひとひとさかり)」
「花多ければ実少なし(はなおおければみすくなし)」
「花七日(はななぬか)」
「花に嵐(はなにあらし)」
「花盗人は風流のうち(はなぬすびとはふうりゅうのうち)」
「花の下より鼻の下(はなのしたよりはなのした)」
「花の下の半日の客、月の前の一夜の友(はなのもとのはんじつのかく、つきのまえのいちやのとも)」
「花は折りたし梢は高し(はなはおりたしこずえはたかし)」
「花は桜木、人は武士(はなはさくらぎ、ひとはぶし)」
「花は根に鳥は古巣に(はなはねにとりはふるすに)」
「花も折らず実も取らず(はなもおらずみもとらず)」
「花も実もある(はなもみもある)」
「花より団子(はなよりだんご)」
「番茶も出花(ばんちゃもでばな)」
「人の花は赤い(ひとのはなはあかい)」
「百菊作るに因って花変ず(ひゃくぎくつくるによってはなへんず)」
「貧乏花好き(びんぼうはなずき)」
「坊主の花簪(ぼうずのはなかんざし)」
「待つうちが花(まつうちがはな)」
「待つ間が花(まつまがはな)」
「三つ子に花(みつごにはな)」
「見ぬが花(みぬがはな)」
「実の生る木は花から知れる(みのなるきははなからしれる)」
「物言う花(ものいうはな)」
「柳は緑花は紅(やなぎはみどりはなはくれない)」
「幽霊の正体見たり枯れ尾花(ゆうれいのしょうたいみたりかれおばな)」
「よい花は後から(よいはなはあとから)」
「落花枝に返らず、破鏡再び照らさず(らっかえだにかえらず、はきょうふたたびてらさず)」
「落花情あれども流水意なし(らっかじょうあれどもりゅうすいいなし)」
「落花流水の情(らっかりゅうすいのじょう)」
「両手に花(りょうてにはな)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved