1. 漢字辞典 >
  2. 「年」の情報

「年」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首
かん・いちじゅう・ほす
画数 6画
音訓読み
  • ネン
  • とし
  • デン △
  • とせ △
  • みのり △
  • よわい △

「年」を含む熟語

「閏年(うるうどし)」 「箇年(かねん)」 「祈年(きねん)」 「久年(きゅうねん)」 「享年(きょうねん)」 「個年(かねん)」 「頃年(けいねん)」 「昨年(さくねん)」 「若年(じゃくねん)」 「年央(ねんおう)」 「年契(ねんけい)」 「年貢(ねんぐ)」 「年頃(としごろ)」 「年甫(ねんぽ)」 「朞年(きねん)」 「歿年(ぼつねん)」 「艾年(がいねん)」 「年爵(ねんしゃく)」 「逐年(ちくねん)」 「停年(ていねん)」 「晩年(ばんねん)」 「年俸(ねんぽう)」 「豊年(ほうねん)」 「忘年(ぼうねん)」 「厄年(やくどし)」 「翌年(よくとし)」 「翌年(よくねん)」 「年齢(としよわい)」 「年齢(ねんれい)」 「暦年(れきねん)」 「年暦(ねんれき)」 「閏年(じゅんねん)」 「娼年(しょうねん)」 「年嵩(としかさ)」

「年」を含む四字熟語

「韻鏡十年(いんきょうじゅうねん)」「延年天寿(えんねんてんじゅ)」「窮年累世(きゅうねんるいせい)」「尭年舜日(ぎょうねんしゅんじつ)」「九年面壁(きゅうねんめんぺき)」「九年面壁(くねんめんぺき)」「苦節十年(くせつじゅうねん)」「君子万年(くんしばんねん)」「犬馬之年(けんばのとし)」「歳歳年年(さいさいねんねん)」「而立之年(じりつのとし)」「十年一剣(じゅうねんいっけん)」「十年一昔(じゅうねんひとむかし)」「十年一日(じゅうねんいちじつ)」「舜日尭年(しゅんじつぎょうねん)」「年功加俸(ねんこうかほう)」「年功序列(ねんこうじょれつ)」「年災月殃(ねんさいげつおう)」「年頭月尾(ねんとうげつび)」「年年歳歳(ねんねんさいさい)」「年百年中(ねんびゃくねんじゅう)」「破瓜之年(はかのとし)」「美意延年(びいえんねん)」「百年河清(ひゃくねんかせい)」「百年大計(ひゃくねん(の)たいけい)」「百年之業(ひゃくねんのぎょう)」「百年之柄(ひゃくねんのへい)」「不惑之年(ふわくのとし)」「豊年満作(ほうねんまんさく)」「面壁九年(めんぺきくねん)」

「年」を含むことわざ

「商い三年(あきないさんねん)」
「秋の入り日と年寄りはだんだん落ち目が早くなる(あきのいりひととしよりはだんだんおちめがはやくなる)」
「悪妻は六十年の不作(あくさいはろくじゅうねんのふさく)」
「顎振り三年(あごふりさんねん)」
「家を道端に作れば三年成らず(いえをみちばたにつくればさんねんならず)」
「烏賊の甲より年の劫(いかのこうよりとしのこう)」
「石の上にも三年(いしのうえにもさんねん)」
「一日の計は朝にあり一年の計は元旦にあり(いちにちのけいはあさにありいちねんのけいはがんたんにあり)」
「一年の計は元旦にあり(いちねんのけいはがんたんにあり)」
「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ(いぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ)」
「いらぬ物も三年立てば用に立つ(いらぬものもさんねんたてばようにたつ)」
「海に千年山に千年(うみにせんねんやまにせんねん)」
「負うた子を三年探す(おうたこをさんねんさがす)」
「同い年夫婦は火吹く力もない(おないどしみょうとはひふくちからもない)」
「櫂は三年、櫓は三月(かいはさんねん、ろはみつき)」
「亀の甲より年の劫(かめのこうよりとしのこう)」
「亀の年を鶴が羨む(かめのとしをつるがうらやむ)」
「首振り三年、ころ八年(くびふりさんねん、ころはちねん)」
「芸人に年なし(げいにんにとしなし)」
「乞食の子も三年経てば三つになる(こじきのこもさんねんたてばみっつになる)」
「棹は三年、櫓は三月(さおはさんねん、ろはみつき)」
「三年経てば三つになる(さんねんたてばみっつになる)」
「三年、飛ばず鳴かず(さんねん、とばずなかず)」
「死しての千年より生きての一日(ししてのせんねんよりいきてのいちにち)」
「七年の病に三年の艾を求む(しちねんのやまいにさんねんのもぐさをもとむ)」
「十年一日の如し(じゅうねんいちじつのごとし)」
「少年老い易く学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)」
「少年よ、大志を抱け(しょうねんよ、たいしをいだけ)」
「死んだ子の年を数える(しんだこのとしをかぞえる)」
「擂り粉木棒の年寄り(すりこぎぼうのとしより)」
「盛年重ねて来らず(せいねんかさねてきたらず)」
「仙人の千年、蜉蝣の一時(せんにんのせんねん、かげろうのいっとき)」
「鶴は千年、亀は万年(つるはせんねん、かめはまんねん)」
「年が薬(としがくすり)」
「年問わんより世を問え(としとわんよりよをとえ)」
「年には勝てない(としにはかてない)」
「年は寄れども心は寄らぬ(としはよれどもこころはよらぬ)」
「年寄りて達者なものは口ばかり(としよりてたっしゃなものはくちばかり)」
「年寄りと釘頭は引っ込むが良し(としよりとくぎがしらはひっこむがよし)」
「年寄りの言うことと牛の鞦は外れない(としよりのいうこととうしのしりがいははずれない)」
「年寄りの達者、春の雪(としよりのたっしゃ、はるのゆき)」
「年寄りの冷や水(としよりのひやみず)」
「年寄りの昔話(としよりのむかしばなし)」
「年寄りの物忘れ、若者の無分別(としよりのものわすれ、わかもののむふんべつ)」
「年寄りは家の宝(としよりはいえのたから)」
「年寄れば愚に帰る(としよればぐにかえる)」
「女房の悪いは六十年の不作(にょうぼうのわるいはろくじゅうねんのふさく)」
「人間僅か五十年(にんげんわずかごじゅうねん)」
「猫は三年の恩を三日で忘れる(ねこはさんねんのおんをみっかでわすれる)」
「年貢の納め時(ねんぐのおさめどき)」
「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず(ねんねんさいさいはなあいにたり、さいさいねんねんひとおなじからず)」
「破瓜の年(はかのとし)」
「美人に年なし(びじんにとしなし)」
「人の痛いのは三年でも辛抱する(ひとのいたいのはさんねんでもしんぼうする)」
「百年河清を俟つ(ひゃくねんかせいをまつ)」
「忘年の交わり(ぼうねんのまじわり)」
「ぽつぽつ三年、波八年(ぽつぽつさんねん、なみはちねん)」
「松かさより年かさ(まつかさよりとしかさ)」
「松の木柱も三年(まつのきばしらもさんねん)」
「学ぶのに年をとり過ぎたということはない(まなぶのにとしをとりすぎたということはない)」
「昔年寄りに弱い者なし(むかしとしよりによわいものなし)」
「無患子は三年磨いても黒い(むくろじはさんねんみがいてもくろい)」
「桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)」
「役者に年なし(やくしゃにとしなし)」
「雪は豊年の瑞(ゆきはほうねんのしるし)」
「世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人(よのなかはねんじゅうさんがつじょうつきよ、かかあじゅうしちおれはたち、おわずからずにこさんにん)」
「来年の事を言えば鬼が笑う(らいねんのことをいえばおにがわらう)」
「禍も三年経てば用に立つ(わざわいもさんねんたてばようにたつ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved