1. 漢字辞典 >
  2. 「舞」の情報

「舞」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 4級
部首
まいあし
画数 15画
音訓読み
  • まい
  • ま(う)
  • ム △

「舞」を含む熟語

「肴舞(さかなまい)」 「旋舞(せんぶ)」 「跳舞(ちょうぶ)」 「舞踊(ぶよう)」 「抃舞(べんぶ)」 「舞踏(ぶとう)」 「踏舞(とうぶ)」 「童舞(どうぶ)」 「童舞(わらわまい)」 「突舞(つくまい)」 「欣舞(きんぶ)」 「舞錐(まいぎり)」 「舞萩(まいはぎ)」 「倭舞(やまとまい)」

「舞」を含む四字熟語

「歓喜抃舞(かんきべんぶ)」「歓欣鼓舞(かんきんこぶ)」「緩歌慢舞(かんかまんぶ)」「狂喜乱舞(きょうきらんぶ)」「曲筆舞文(きょくひつぶぶん)」「鼓舞激励(こぶげきれい)」「手舞足踏(しゅぶそくとう)」「陣中見舞(じんちゅうみまい)」「大盤振舞(おおばんぶるまい)」「長袖善舞(ちょうしゅうぜんぶ)」「馬舞之災(ばぶのさい)」「舞馬之災(ぶばのわざわい)」「舞文曲筆(ぶぶんきょくひつ)」「舞文弄法(ぶぶんろうほう)」「椀飯振舞(おうばんぶるまい)」

「舞」を含むことわざ

「清水の舞台から飛び下りる(きよみずのぶたいからとびおりる)」
「金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)」
「鼓舞(こぶ)」
「独楽の舞い倒れ(こまのまいだおれ)」
「長袖よく舞い、多銭よく賈う(ちょうしゅうよくまい、たせんよくかう)」
「手の舞、足の踏む所を知らず(てのまい、あしのふむところをしらず)」
「二の舞を演じる(にのまいをえんじる)」
「二百二十日の荒れ仕舞(にひゃくなつかのあれじまい)」
「留守見舞いは間遠にせよ(るすみまいはまどおにせよ)」
「我が好きを人に振る舞う(わがすきをひとにふるまう)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「舞」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「舞」の情報

「舞」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 4級
部首
まいあし
画数 15画
音訓読み
  • まい
  • ま(う)
  • ム △

「舞」を含む熟語

「肴舞(さかなまい)」 「旋舞(せんぶ)」 「跳舞(ちょうぶ)」 「舞踊(ぶよう)」 「抃舞(べんぶ)」 「舞踏(ぶとう)」 「踏舞(とうぶ)」 「童舞(どうぶ)」 「童舞(わらわまい)」 「突舞(つくまい)」 「欣舞(きんぶ)」 「舞錐(まいぎり)」 「舞萩(まいはぎ)」 「倭舞(やまとまい)」

「舞」を含む四字熟語

「歓喜抃舞(かんきべんぶ)」「歓欣鼓舞(かんきんこぶ)」「緩歌慢舞(かんかまんぶ)」「狂喜乱舞(きょうきらんぶ)」「曲筆舞文(きょくひつぶぶん)」「鼓舞激励(こぶげきれい)」「手舞足踏(しゅぶそくとう)」「陣中見舞(じんちゅうみまい)」「大盤振舞(おおばんぶるまい)」「長袖善舞(ちょうしゅうぜんぶ)」「馬舞之災(ばぶのさい)」「舞馬之災(ぶばのわざわい)」「舞文曲筆(ぶぶんきょくひつ)」「舞文弄法(ぶぶんろうほう)」「椀飯振舞(おうばんぶるまい)」

「舞」を含むことわざ

「清水の舞台から飛び下りる(きよみずのぶたいからとびおりる)」
「金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)」
「鼓舞(こぶ)」
「独楽の舞い倒れ(こまのまいだおれ)」
「長袖よく舞い、多銭よく賈う(ちょうしゅうよくまい、たせんよくかう)」
「手の舞、足の踏む所を知らず(てのまい、あしのふむところをしらず)」
「二の舞を演じる(にのまいをえんじる)」
「二百二十日の荒れ仕舞(にひゃくなつかのあれじまい)」
「留守見舞いは間遠にせよ(るすみまいはまどおにせよ)」
「我が好きを人に振る舞う(わがすきをひとにふるまう)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved