1. 漢字辞典 >
  2. 「宝」の情報

「宝」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学六年生
漢検の級 5級
部首
うかんむり
画数 8画
音訓読み
  • ホウ
  • たから

「宝」を含む熟語

「宝幢(ほうどう)」 「宝籤(たからくじ)」 「宝髻(ほうけい)」 「宝璽(ほうじ)」 「七宝(しちほう)」 「宝暦(ほうりゃく)」 「宝暦(ほうれき)」 「什宝(じゅうほう)」 「宝鐸(ほうたく)」 「宝鐸(ほうちゃく)」 「宝輿(ほうよ)」

「宝」を含む四字熟語

「帰依三宝(きえさんぽう)」「七珍万宝(しっちんまんぽう)」「尺璧非宝(せきへきひほう)」「伝家宝刀(でんかのほうとう)」「南無三宝(なむさんぼう)」「如意宝珠(にょいほうじゅ)」「宝鈿玉釵(ほうでんぎょくさい)」「隋和之宝(ずいかのたから)」

「宝」を含むことわざ

「堪忍は一生の宝(かんにんはいっしょうのたから)」
「器用貧乏人宝(きようびんぼうひとたから)」
「口は重宝(くちはちょうほう)」
「子三人、子宝(こさんにん、こだから)」
「子宝、脛が細る(こだから、すねがほそる)」
「子に過ぎたる宝なし(こにすぎたるたからなし)」
「細工貧乏人宝(さいくびんぼうひとだから)」
「財は一代の宝(ざいはいちだいのたから)」
「正直は一生の宝(しょうじきはいっしょうのたから)」
「職人貧乏人宝(しょくにんびんぼうひとだから)」
「千の蔵より子は宝(せんのくらよりこはたから)」
「宝の持ち腐れ(たからのもちぐされ)」
「宝の山に入りながら手を空しくして帰る(たからのやまにいりながらてをむなしくしてかえる)」
「宝は身の仇(たからはみのあだ)」
「知恵は万代の宝(ちえはばんだいのたから)」
「手なくして宝の山に入る(てなくしてたからのやまにいる)」
「手は一生の宝(てはいっしょうのたから)」
「伝家の宝刀(でんかのほうとう)」
「年寄りは家の宝(としよりはいえのたから)」
「隣の宝を数える(となりのたからをかぞえる)」
「富は一生の宝、知は万代の宝(とみはいっしょうのたから、ちはばんだいのたから)」
「人の宝を数える(ひとのたからをかぞえる)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved