1. 漢字辞典 >
  2. 「法」の情報

「法」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学四年生
漢検の級 7級
部首 水 氵
みず・したみず・さんずい
画数 8画
音訓読み
  • ハッ
  • ホウ
  • ホッ
  • のっと(る) △
  • のり △
  • フラン △

「法」を含む熟語

「違法(いほう)」 「泳法(えいほう)」 「憲法(けんぽう)」 「幻法(げんぽう)」 「貢法(こうほう)」 「嗣法(しほう)」 「遵法(じゅんぽう)」 「走法(そうほう)」 「法宇(ほうう)」 「法嗣(ほうし)」 「法嗣(ほっし)」 「法曹(ほうそう)」 「冪法(べきほう)」 「懺法(せんぼう)」 「枉法(おうほう)」 「皴法(しゅんぽう)」 「罨法(あんぽう)」 「諡法(しほう)」 「謗法(ほうぼう)」 「準法(じゅんぽう)」 「操法(そうほう)」 「葬法(そうほう)」 「徹法(てっぽう)」 「法被(はっぴ)」 「描法(びょうほう)」 「律法(りっぽう)」 「法律(ほうりつ)」 「療法(りょうほう)」 「暦法(れきほう)」 「漕法(そうほう)」 「法帖(ほうじょう)」 「法匪(ほうひ)」 「法螺(ほうら)」 「法螺(ほら)」

「法」を含む四字熟語

「一塵法界(いちじんほっかい)」「因機説法(いんきせっぽう)」「永字八法(えいじはっぽう)」「三蔵法師(さんぞうほうし)」「三日法度(みっかはっと)」「自受法楽(じじゅほうらく)」「自然法爾(じねんほうに)」「春秋筆法(しゅんじゅうのひっぽう)」「初転法輪(しょてんぼうりん)」「諸法無我(しょほうむが)」「随宜説法(ずいぎせっぽう)」「是生滅法(ぜしょうめっぽう)」「大法小廉(たいほうしょうれん)」「道揆法守(どうきほうしゅ)」「如法暗夜(にょほうあんや)」「舞文弄法(ぶぶんろうほう)」「腹誹之法(ふくひのほう)」「変法自強(へんぽうじきょう)」「奉公守法(ほうこうしゅほう)」「法華三昧(ほっけざんまい)」「法界悋気(ほうかいりんき)」「法爾自然(ほうにじねん)」「末法思想(まっぽうしそう)」「末法末世(まっぽうまっせ)」「妙法一乗(みょうほういちじょう)」「約法三章(やくほうさんしょう)」「枉法徇私(おうほうじゅんし)」「誅心之法(ちゅうしんのほう)」「逍遥法外(しょうようほうがい)」

「法」を含むことわざ

「悪法もまた法なり(あくほうもまたほうなり)」
「置き酌失礼、持たぬが不調法(おきじゃくしつれい、もたぬがぶちょうほう)」
「機に因りて法を説け(きによりてほうをとけ)」
「弘法にも筆の誤り(こうぼうにもふでのあやまり)」
「弘法、筆を択ばず(こうぼう、ふでをえらばず)」
「士族の商法(しぞくのしょうほう)」
「釈迦に説法(しゃかにせっぽう)」
「春秋の筆法(しゅんじゅうのひっぽう)」
「だんだん良くなる法華の太鼓(だんだんよくなるほっけのたいこ)」
「道理を破る法はあれども法を破る道理なし(どうりをやぶるほうはあれどもほうをやぶるどうりなし)」
「所の法には矢は立たぬ(ところのほうにはやはたたぬ)」
「生兵法は大怪我のもと(なまびょうほうはおおけがのもと)」
「女房、鉄砲、仏法(にょうぼう、てっぽう、ぶっぽう)」
「人を見て法を説け(にんをみてほうをとけ)」
「必要の前に法律なし(ひつようのまえにほうりつなし)」
「人の牛蒡で法事する(ひとのごぼうでほうじする)」
「人を見て法を説け(ひとをみてほうをとけ)」
「百日の説法、屁一つ(ひゃくにちのせっぽう、へひとつ)」
「法あっての寺寺あっての法(ほうあってのてらてらあってのほう)」
「法三章(ほうさんしょう)」
「法師の戦話(ほうしのいくさばなし)」
「法は人でない人は法でない(ほうはひとでないひとはほうでない)」
「法螺と喇叭は大きく吹け(ほらとらっぱはおおきくふけ)」
「見るは法楽(みるはほうらく)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved