1. 漢字辞典 >
  2. 「憂」の情報

「憂」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 3級
部首 心 忄
こころ・りっしんべん・したごころ
画数 15画
音訓読み
  • ユウ
  • う(い)
  • うれ(い)
  • うれ(える)

「憂」を含む熟語

「憂虞(ゆうぐ)」 「杞憂(きゆう)」 「忘憂(ぼうゆう)」 「憂鬱(ゆううつ)」 「憂患(ゆうかん)」 「憂苦(ゆうく)」 「憂懼(ゆうく)」 「憂国(ゆうこく)」 「憂思(ゆうし)」 「憂愁(ゆうしゅう)」 「憂色(ゆうしょく)」 「憂心(ゆうしん)」 「憂世(ゆうせい)」 「憂戚(ゆうせき)」 「憂憤(ゆうふん)」 「憂悶(ゆうもん)」 「憂慮(ゆうりょ)」 「鬱憂(うつゆう)」 「喜憂(きゆう)」 「後憂(こうゆう)」 「消憂(しょうゆう)」 「宸憂(しんゆう)」 「深憂(しんゆう)」 「積憂(せきゆう)」 「大憂(たいゆう)」 「同憂(どうゆう)」 「内憂(ないゆう)」 「煩憂(はんゆう)」 「憂惧(ゆうぐ)」

「憂」を含む四字熟語

「一喜一憂(いっきいちゆう)」「遠慮近憂(えんりょきんゆう)」「後顧之憂(こうこのうれい)」「高枕無憂(こうちんむゆう)」「採薪之憂(さいしんのうれい)」「仁者不憂(じんしゃふゆう)」「先憂後楽(せんゆうこうらく)」「内憂外患(ないゆうがいかん)」「負薪之憂(ふしんのうれい)」「分憂之寄(ぶんゆうのき)」「忘憂之物(ぼうゆうのもの)」「杞人天憂(きじんてんゆう)」

「憂」を含むことわざ

「憂いも辛いも食うての上(ういもつらいもくうてのうえ)」
「憂き身をやつす(うきみをやつす)」
「憂いは掃う玉箒(うれいをはらうたまははき)」
「遠慮なければ近憂あり(えんりょなければきんゆうあり)」
「杞憂(きゆう)」
「君子は憂えず懼れず(くんしはうれえずおそれず)」
「采薪の憂い(さいしんのうれい)」
「酒は憂いの玉箒(さけはうれいのたまははき)」
「仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れず(じんしゃはうれえず、ちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず)」
「人生、字を識るは憂患の始め(じんせい、じをしるはゆうかんのはじめ)」
「備えあれば憂いなし(そなえあればうれいなし)」
「旅は憂いもの辛いもの(たびはういものつらいもの)」
「天下の憂いに先立ちて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ(てんかのうれいにさきだちてうれい、てんかのたのしみにおくれてたのしむ)」
「遠き慮りなき者は必ず近き憂いあり(とおきおもんぱかりなきものはかならずちかきうれいあり)」
「人の生まるるや憂いと倶に生まる(ひとのうまるるやうれいとともにうまる)」
「忘憂の物(ぼうゆうのもの)」
「憂患に生き安楽に死す(ゆうかんにいきあんらくにしす)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「憂」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「憂」の情報

「憂」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 3級
部首 心 忄
こころ・りっしんべん・したごころ
画数 15画
音訓読み
  • ユウ
  • う(い)
  • うれ(い)
  • うれ(える)

「憂」を含む熟語

「憂虞(ゆうぐ)」 「杞憂(きゆう)」 「忘憂(ぼうゆう)」 「憂鬱(ゆううつ)」 「憂患(ゆうかん)」 「憂苦(ゆうく)」 「憂懼(ゆうく)」 「憂国(ゆうこく)」 「憂思(ゆうし)」 「憂愁(ゆうしゅう)」 「憂色(ゆうしょく)」 「憂心(ゆうしん)」 「憂世(ゆうせい)」 「憂戚(ゆうせき)」 「憂憤(ゆうふん)」 「憂悶(ゆうもん)」 「憂慮(ゆうりょ)」 「鬱憂(うつゆう)」 「喜憂(きゆう)」 「後憂(こうゆう)」 「消憂(しょうゆう)」 「宸憂(しんゆう)」 「深憂(しんゆう)」 「積憂(せきゆう)」 「大憂(たいゆう)」 「同憂(どうゆう)」 「内憂(ないゆう)」 「煩憂(はんゆう)」 「憂惧(ゆうぐ)」

「憂」を含む四字熟語

「一喜一憂(いっきいちゆう)」「遠慮近憂(えんりょきんゆう)」「後顧之憂(こうこのうれい)」「高枕無憂(こうちんむゆう)」「採薪之憂(さいしんのうれい)」「仁者不憂(じんしゃふゆう)」「先憂後楽(せんゆうこうらく)」「内憂外患(ないゆうがいかん)」「負薪之憂(ふしんのうれい)」「分憂之寄(ぶんゆうのき)」「忘憂之物(ぼうゆうのもの)」「杞人天憂(きじんてんゆう)」

「憂」を含むことわざ

「憂いも辛いも食うての上(ういもつらいもくうてのうえ)」
「憂き身をやつす(うきみをやつす)」
「憂いは掃う玉箒(うれいをはらうたまははき)」
「遠慮なければ近憂あり(えんりょなければきんゆうあり)」
「杞憂(きゆう)」
「君子は憂えず懼れず(くんしはうれえずおそれず)」
「采薪の憂い(さいしんのうれい)」
「酒は憂いの玉箒(さけはうれいのたまははき)」
「仁者は憂えず、知者は惑わず、勇者は懼れず(じんしゃはうれえず、ちしゃはまどわず、ゆうしゃはおそれず)」
「人生、字を識るは憂患の始め(じんせい、じをしるはゆうかんのはじめ)」
「備えあれば憂いなし(そなえあればうれいなし)」
「旅は憂いもの辛いもの(たびはういものつらいもの)」
「天下の憂いに先立ちて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ(てんかのうれいにさきだちてうれい、てんかのたのしみにおくれてたのしむ)」
「遠き慮りなき者は必ず近き憂いあり(とおきおもんぱかりなきものはかならずちかきうれいあり)」
「人の生まるるや憂いと倶に生まる(ひとのうまるるやうれいとともにうまる)」
「忘憂の物(ぼうゆうのもの)」
「憂患に生き安楽に死す(ゆうかんにいきあんらくにしす)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved