1. 漢字辞典 >
  2. 「立」の情報

「立」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首
たつ・たつへん
画数 5画
音訓読み
  • リツ
  • リュウ
  • た(つ)
  • た(てる)
  • リットル △

「立」を含む熟語

「冊立(さくりつ)」 「而立(じりつ)」 「樹立(じゅりつ)」 「森立(しんりつ)」 「立唄(たてうた)」 「立憲(りっけん)」 「立后(りっこう)」 「立坑(たてこう)」 「立項(りっこう)」 「立腰(たちごし)」 「立崎(たつさき)」 「佇立(ちょりつ)」 「簒立(さんりつ)」 「峭立(しょうりつ)」 「矗立(ちくりゅう)」 「聳立(しょうりつ)」 「豎立(じゅりつ)」 「駢立(べんりつ)」 「創立(そうりつ)」 「卓立(たくりつ)」 「立坪(りゅうつぼ)」 「倒立(とうりつ)」 「立派(りっぱ)」 「並立(へいりつ)」 「擁立(ようりつ)」 「立哨(りっしょう)」 「立錐(りっすい)」 「鼎立(ていりつ)」 「立圃(りゅうほ)」 「立涌(たちわき)」 「立涌(たてわき)」 「立涌(たてわく)」 「聯立(れんりつ)」

「立」を含む四字熟語

「哀毀骨立(あいきこつりつ)」「安心立命(あんじんりつめい)」「永世中立(えいせいちゅうりつ)」「応機立断(おうきりつだん)」「横眉立目(おうびりつもく)」「頑廉懦立(がんれんだりつ)」「形鎖骨立(けいしょうこつりつ)」「厳正中立(げんせいちゅうりつ)」「孤立無援(こりつむえん)」「孤立無親(こりつむしん)」「佐命立功(さめいりっこう)」「三者鼎立(さんしゃていりつ)」「三十而立(さんじゅうじりつ)」「而立之年(じりつのとし)」「絶世独立(ぜっせいどくりつ)」「頂天立地(ちょうてんりっち)」「鶴立企佇(かくりつきちょ)」「当機立断(とうきりつだん)」「独立自尊(どくりつじそん)」「独立独歩(どくりつどっぽ)」「独立不撓(どくりつふとう)」「独立不羈(どくりつふき)」「標新立異(ひょうしんりつい)」「不立文字(ふりゅうもんじ)」「不羈独立(ふきどくりつ)」「壁立千仞(へきりつせんじん)」「無援孤立(むえんこりつ)」「立身出世(りっしんしゅっせ)」「立身処世(りっしんしょせい)」「立身揚名(りっしんようめい)」「立錐之地(りっすいのち)」「立錐之土(りっすいのど)」「立命安心(りつめいあんしん)」「毀瘠骨立(きせきこつりつ)」「巍然屹立(ぎぜんきつりつ)」「羸瘠骨立(るいせきこつりつ)」「跛立箕坐(はりゅうきざ)」

「立」を含むことわざ

「秋風が立つ(あきかぜがたつ)」
「商人と屏風は直ぐには立たぬ(あきんどとびょうぶはすぐにはたたぬ)」
「足もとから鳥が立つ(あしもとからとりがたつ)」
「あちら立てればこちらが立たぬ(あちらたてればこちらがたたぬ)」
「石に立つ矢(いしにたつや)」
「居仏が立ち仏を使う(いぼとけがたちぼとけをつかう)」
「いらぬ物も三年立てば用に立つ(いらぬものもさんねんたてばようにたつ)」
「浮き足立つ(うきあしだつ)」
「思い立ったが吉日(おもいたったがきちじつ)」
「鹿島立ち(かしまだち)」
「川立ちは川で果てる(かわだちはかわではてる)」
「客と白鷺は立ったが見事(きゃくとしらさぎはたったがみごと)」
「下種の口に戸は立てられぬ(げすのくちにとはたてられぬ)」
「げらげら笑いのどん腹立て(げらげらわらいのどんばらたて)」
「後悔、先に立たず(こうかい、さきにたたず)」
「小男の腕立て(こおとこのうでたて)」
「先立つ物は金(さきだつものはかね)」
「三十にして立つ(さんじゅうにしてたつ)」
「白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)」
「而立(じりつ)」
「世間の口に戸は立てられぬ(せけんのくちにとはたてられぬ)」
「銭なしの市立ち(ぜになしのいちだち)」
「大工の掘っ立て(だいくのほったて)」
「立ち仏が居仏を使う(たちぼとけがいぼとけをつかう)」
「立ち物は転び物(たちものはころびもの)」
「立ち寄らば大木の陰(たちよらばおおきのかげ)」
「立ち寄らば大樹の陰(たちよらばたいじゅのかげ)」
「立ってる者は親でも使え(たってるものはおやでもつかえ)」
「立つ鳥、跡を濁さず(たつとり、あとをにごさず)」
「立つより返事(たつよりへんじ)」
「立て板に水(たていたにみず)」
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花(たてばしゃくやく、すわればぼたん、あるくすがたはゆりのはな)」
「提灯持ちは先に立て(ちょうちんもちはさきにたて)」
「爪を立てる所もない(つめをたてるところもない)」
「鼎立(ていりつ)」
「天下の憂いに先立ちて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ(てんかのうれいにさきだちてうれい、てんかのたのしみにおくれてたのしむ)」
「薹が立つ(とうがたつ)」
「所の法には矢は立たぬ(ところのほうにはやはたたぬ)」
「飛ぶ鳥の献立(とぶとりのこんだて)」
「似合わぬ僧の腕立て(にあわぬそうのうでたて)」
「這えば立て、立てば歩めの親心(はえばたて、たてばあゆめのおやごころ)」
「馬鹿があればこそ利口が引き立つ(ばかがあればこそりこうがひきたつ)」
「腹が立つなら親を思い出せ(はらがたつならおやをおもいだせ)」
「腹立てるより義理立てよ(はらたてるよりぎりたてよ)」
「腹の立つ事は明日言え(はらのたつことはあすいえ)」
「腹の立つように家蔵建たぬ(はらのたつようにいえくらたたぬ)」
「腹は立て損、喧嘩は仕損(はらはたてぞん、けんかはしぞん)」
「人と屏風は直ぐには立たぬ(ひととびょうぶはすぐにはたたぬ)」
「人の口に戸は立てられぬ(ひとのくちにとはたてられぬ)」
「火のない所に煙は立たぬ(ひのないところにけむりはたたぬ)」
「屏風と商人は直ぐには立たぬ(びょうぶとあきんどはすぐにはたたぬ)」
「風呂と客は立ったが良い(ふろときゃくはたったがよい)」
「弁慶の立ち往生(べんけいのたちおうじょう)」
「見つめる鍋は煮立たない(みつめるなべはにたたない)」
「目くじらを立てる(めくじらをたてる)」
「物も言いようで角が立つ(ものもいいようでかどがたつ)」
「焼けたあとは立つが死んだあとは立たぬ(やけたあとはたつがしんだあとはたたぬ)」
「夕立は馬の背を分ける(ゆうだちはうまのせをわける)」
「夢枕に立つ(ゆめまくらにたつ)」
「欲を知らねば身が立たぬ(よくをしらねばみがたたぬ)」
「理屈を言えば腹が立つ(りくつをいえばはらがたつ)」
「立錐の余地もない(りっすいのよちもない)」
「柳眉を逆立てる(りゅうびをさかだてる)」
「両方立てれば身が立たぬ(りょうほうたてればみがたたぬ)」
「両雄並び立たず(りょうゆうならびたたず)」
「艪櫂の立たぬ海もなし(ろかいのたたぬうみもなし)」
「艪も櫂も立たぬ(ろもかいもたたぬ)」
「我が身を立てんとせばまず人を立てよ(わがみをたてんとせばまずひとをたてよ)」
「禍も三年経てば用に立つ(わざわいもさんねんたてばようにたつ)」
「笑う顔に矢立たず(わらうかおにやたたず)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved