1. 漢字辞典 >
  2. 「感」の情報

「感」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学三年生
漢検の級 8級
部首 心 忄
こころ・りっしんべん・したごころ
画数 13画
音訓読み
  • カン

「感」を含む熟語

「叡感(えいかん)」 「感悦(かんえつ)」 「感応(かんのう)」 「感恩(かんおん)」 「感想(かんそう)」 「感佩(かんぱい)」 「感孚(かんぷ)」 「感寤(かんご)」 「偶感(ぐうかん)」 「随感(ずいかん)」 「敏感(びんかん)」 「感謝(かんしゃ)」 「鈍感(どんかん)」 「感奮(かんぷん)」 「感冒(かんぼう)」 「冥感(みょうかん)」 「冥感(めいかん)」

「感」を含む四字熟語

「感応道交(かんのうどうこう)」「感慨無量(かんがいむりょう)」「感情移入(かんじょういにゅう)」「感奮興起(かんぷんこうき)」「観感興起(かんかんこうき)」「恐懼感激(きょうくかんげき)」「今昔之感(こんじゃくのかん)」「随感随筆(ずいかんずいひつ)」「多愁善感(たしゅうぜんかん)」「多情多感(たじょうたかん)」「平衡感覚(へいこうかんかく)」「曠世之感(こうせいのかん)」

「感」を含むことわざ

「人生、意気に感ず(じんせい、いきにかんず)」
「痛痒を感じない(つうようをかんじない)」
「天才とは一パーセントの霊感と九十九パーセントの汗である(てんさいとはいちぱーせんとのれいかんときゅうじゅうきゅうぱーせんとのあせである)」
「天地を動かし鬼神を感ぜしむ(てんちをうごかしきじんをかんぜしむ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「感」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「感」の情報

「感」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学三年生
漢検の級 8級
部首 心 忄
こころ・りっしんべん・したごころ
画数 13画
音訓読み
  • カン

「感」を含む熟語

「叡感(えいかん)」 「感悦(かんえつ)」 「感応(かんのう)」 「感恩(かんおん)」 「感想(かんそう)」 「感佩(かんぱい)」 「感孚(かんぷ)」 「感寤(かんご)」 「偶感(ぐうかん)」 「随感(ずいかん)」 「敏感(びんかん)」 「感謝(かんしゃ)」 「鈍感(どんかん)」 「感奮(かんぷん)」 「感冒(かんぼう)」 「冥感(みょうかん)」 「冥感(めいかん)」

「感」を含む四字熟語

「感応道交(かんのうどうこう)」「感慨無量(かんがいむりょう)」「感情移入(かんじょういにゅう)」「感奮興起(かんぷんこうき)」「観感興起(かんかんこうき)」「恐懼感激(きょうくかんげき)」「今昔之感(こんじゃくのかん)」「随感随筆(ずいかんずいひつ)」「多愁善感(たしゅうぜんかん)」「多情多感(たじょうたかん)」「平衡感覚(へいこうかんかく)」「曠世之感(こうせいのかん)」

「感」を含むことわざ

「人生、意気に感ず(じんせい、いきにかんず)」
「痛痒を感じない(つうようをかんじない)」
「天才とは一パーセントの霊感と九十九パーセントの汗である(てんさいとはいちぱーせんとのれいかんときゅうじゅうきゅうぱーせんとのあせである)」
「天地を動かし鬼神を感ぜしむ(てんちをうごかしきじんをかんぜしむ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved