1. 漢字辞典 >
  2. 「顔」の情報

「顔」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学二年生
漢検の級 9級
部首
おおがい
画数 18画
音訓読み
  • ガン
  • かお
  • かんばせ △

「顔」を含む熟語

「汗顔(かんがん)」 「丸顔(まるがお)」 「顔形(かおかたち)」 「顔色(かおいろ)」 「顔先(かおさき)」 「厳顔(げんがん)」 「向顔(こうがん)」 「似顔(にがお)」 「笑顔(えがお)」 「尊顔(そんがん)」 「狸顔(たぬきがお)」 「赧顔(たんがん)」 「洗顔(せんがん)」 「側顔(そばがお)」 「昼顔(ひるがお)」 「導顔(しるべがお)」 「童顔(どうがん)」 「顔貌(かおかたち)」 「顔貌(がんぼう)」 「只顔(ただがお)」 「顔淵(がんえん)」

「顔」を含む四字熟語

「顔回箪瓢(がんかいたんぴょう)」「顔厚忸怩(がんこうじくじ)」「顔常山舌(がんじょうざんのした)」「顔面蒼白(がんめんそうはく)」「厚顔無恥(こうがんむち)」「厚顔無慚(こうがんむざん)」「紅顔可憐(こうがんかれん)」「朝有紅顔(ちょうゆうこうがん)」「鶴髪童顔(かくはつどうがん)」「天顔咫尺(てんがんしせき)」「破顔一笑(はがんいっしょう)」「破顔大笑(はがんたいしょう)」「無知厚顔(むちこうがん)」「和顔愛語(わがんあいご)」「和顔悦色(わがんえつしょく)」

「顔」を含むことわざ

「秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる(あきのあめがふればねこのかおがさんじゃくになる)」
「朝顔の花一時(あさがおのはないっとき)」
「朝に紅顔ありて夕べに白骨となる(あしたにこうがんありてゆうべにはっこつとなる)」
「怒れる拳、笑顔に当たらず(いかれるこぶし、えがおにあたらず)」
「一瓜実に二丸顔(いちうりざねににまるがお)」
「顔で笑って心で泣く(かおでわらってこころでなく)」
「顔に泥を塗る(かおにどろをぬる)」
「顔に紅葉を散らす(かおにもみじをちらす)」
「借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔(かりるときのじぞうがお、かえすときのえんまがお)」
「顔色なし(がんしょくなし)」
「地蔵の顔も三度(じぞうのかおもさんど)」
「知らぬ顔の半兵衛(しらぬかおのはんべえ)」
「橙が赤くなれば医者の顔が青くなる(だいだいがあかくなればいしゃのかおがあおくなる)」
「一つ鏡に二つ顔(ひとつかがみにふたつかお)」
「頬を顔(ほおをかお)」
「仏の顔も三度(ほとけのかおもさんど)」
「用ある時の地蔵顔、用なき時の閻魔顔(ようあるときのじぞうがお、ようなきときのえんまがお)」
「笑う顔に矢立たず(わらうかおにやたたず)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved