1. 漢字辞典 >
  2. 「金」の情報

「金」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首
かね・かねへん
画数 8画
音訓読み
  • キン
  • コン
  • かな
  • かね
  • こがね △

「金」を含む熟語

「闇金(やみきん)」 「黄金(おうごん)」 「塊金(かいきん)」 「株金(かぶきん)」 「換金(かんきん)」 「贋金(がんきん)」 「寄金(ききん)」 「給金(きゅうきん)」 「金岡(かなおか)」 「金塊(きんかい)」 「金串(かなぐし)」 「金型(かながた)」 「金庫(きんこ)」 「金札(きんさつ)」 「金嵩(かねがさ)」 「金属(きんぞく)」 「金網(かなあみ)」 「金葎(かなむぐら)」 「金椀(かなまり)」 「金屎(かなくそ)」 「金榜(きんぼう)」 「金甌(きんおう)」 「金篦(かなべら)」 「金襴(きんらん)」 「金釵(きんさい)」 「金鋏(かなばさみ)」 「金鐔(きんつば)」 「金鑼(きんら)」 「繰越金(くりこしきん)」 「繰出金(くりだしきん)」 「献金(けんきん)」 「元金(がんきん)」 「砂金(さきん)」 「鎖金(くさりがね)」 「償金(しょうきん)」 「奨金(しょうきん)」 「剰金(じょうきん)」 「千金(せんきん)」 「送金(そうきん)」 「鎗金(そうきん)」 「鍛金(たんきん)」 「鋳金(ちゅうきん)」 「貯金(ちょきん)」 「鎚金(ついきん)」 「鍍金(めっき)」 「淘金(ゆりがね)」 「罰金(ばっきん)」 「募金(ぼきん)」 「冶金(やきん)」 「琉金(りゅうきん)」 「醵金(きょきん)」 「鏤金(るきん)」 「謝金(しゃきん)」 「金渋(かなしぶ)」 「金創(きんそう)」 「金側(きんがわ)」 「彫金(ちょうきん)」 「賃金(ちんきん)」 「賃金(ちんぎん)」 「泥金(でいきん)」 「金泥(きんでい)」 「金泥(こんでい)」 「筒金(どうがね)」 「金胴(かなどう)」 「鉢金(はちがね)」 「金鉢(かなばち)」 「版金(ばんきん)」 「金版(かなばん)」 「肘金(ひじがね)」 「敷金(しきがね)」 「敷金(しききん)」 「金融(きんゆう)」 「金曜(きんよう)」 「裸金(はだかがね)」 「兜金(かぶとがね)」 「金鋸(かねのこぎり)」 「金轡(かなぐつわ)」 「金吾(きんご)」 「金錆(かなさび)」 「蔀金(しとみがね)」 「金紗(きんしゃ)」 「金鋤(かなすき)」 「金鍔(きんつば)」 「金釘(かなくぎ)」 「鍍金(ときん)」 「金牌(きんぱい)」 「金箔(きんぱく)」 「金鮒(きんぶな)」 「金蘭(きんらん)」

「金」を含む四字熟語

「一言千金(いちげんせんきん)」「一刻千金(いっこくせんきん)」「一字千金(いちじせんきん)」「一字百金(いちじひゃっきん)」「一笑千金(いっしょうせんきん)」「一諾千金(いちだくせんきん)」「一飯千金(いっぱんせんきん)」「一壺千金(いっこせんきん)」「一擲千金(いってきせんきん)」「一攫千金(いっかくせんきん)」「黄金時代(おうごんじだい)」「家書万金(かしょばんきん)」「玉昆金友(ぎょっこんきんゆう)」「玉葉金枝(ぎょくようきんし)」「玉蟾金兎(ぎょくせんきんと)」「金烏玉兎(きんうぎょくと)」「金科玉条(きんかぎょくじょう)」「金塊珠礫(きんかいしゅれき)」「金亀換酒(きんきかんしゅ)」「金玉満堂(きんぎょくまんどう)」「金口玉言(きんこうぎょくげん)」「金口木舌(きんこうぼくぜつ)」「金剛不壊(こんごうふえ)」「金枝玉葉(きんしぎょくよう)」「金城鉄壁(きんじょうてっぺき)」「金城湯池(きんじょうとうち)」「金声玉振(きんせいぎょくしん)」「金石之交(きんせきのまじわり)」「金谷酒数(きんこくのしゅすう)」「金殿玉楼(きんでんぎょくろう)」「金友玉昆(きんゆうぎょっこん)」「金蘭之契(きんらんのけい)」「金蘭之交(きんらんのまじわり)」「金輪奈落(こんりんならく)」「金甌無欠(きんおうむけつ)」「金襴緞子(きんらんどんす)」「衆口鑠金(しゅうこうしゃくきん)」「炊金饌玉(すいきんせんぎょく)」「精金良玉(せいきんりょうぎょく)」「石部金吉(いしべきんきち)」「積金累玉(せききんるいぎょく)」「千金一刻(せんきんいっこく)」「千金一擲(せんきんいってき)」「千金弊帚(せんきんへいそう)」「堆金積玉(たいきんせきぎょく)」「端木辞金(たんぼくじきん)」「断金之交(だんきんのまじわり)」「頂門金椎(ちょうもんのきんつい)」「点鉄成金(てんてつせいきん)」「不壊金剛(ふえこんごう)」「弊帚千金(へいそうせんきん)」「冶金踊躍(やきんようやく)」「流金焦土(りゅうきんしょうど)」「流金鑠石(りゅうきんしゃくせき)」「良玉精金(りょうぎょくせいきん)」「敲金撃石(こうきんげきせき)」「渾金璞玉(こんきんはくぎょく)」「璞玉渾金(はくぎょくこんきん)」「閻浮檀金(えんぶだごん)」「饌玉炊金(せんぎょくすいきん)」

「金」を含むことわざ

「愛想づかしも金から起きる(あいそづかしもかねからおきる)」
「朝の果物は金(あさのくだものはきん)」
「ありそうでないのが金(ありそうでないのがかね)」
「石部金吉鉄兜(いしべきんきちかなかぶと)」
「一押し、二金、三男(いちおし、にかね、さんおとこ)」
「いつまでもあると思うな親と金(いつまでもあるとおもうなおやとかね)」
「色男、金と力はなかりけり(いろおとこ、かねとちからはなかりけり)」
「鬼に金棒(おににかなぼう)」
「親子の仲でも金銭は他人(おやこのなかでもきんせんはたにん)」
「家書万金に抵る(かしょばんきんにあたる)」
「敵の前より借金の前(かたきのまえよりしゃっきんのまえ)」
「金鎖も引けば切れる(かなぐさりもひけばきれる)」
「金槌の川流れ(かなづちのかわながれ)」
「金棒引き(かなぼうひき)」
「金請けするとも人請けするな(かねうけするともひとうけするな)」
「金があれば馬鹿も旦那(かねがあればばかもだんな)」
「金が言わせる旦那(かねがいわせるだんな)」
「金が敵(かねがかたき)」
「金が金を儲ける(かねがかねをもうける)」
「金が物言う(かねがものいう)」
「金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる(かねさえあればとぶとりもおちる)」
「金で面を張る(かねでつらをはる)」
「金と塵は積もるほど汚い(かねとちりはつもるほどきたない)」
「金なき者は金を使う(かねなきものはかねをつかう)」
「金に糸目を付けぬ(かねにいとめをつけぬ)」
「金の貸し借り不和の基(かねのかしかりふわのもと)」
「金の切れ目が縁の切れ目(かねのきれめがえんのきれめ)」
「金のなる木(かねのなるき)」
「金の光は阿弥陀ほど(かねのひかりはあみだほど)」
「金の光は七光(かねのひかりはななひかり)」
「金の草鞋で捜す(かねのわらじでさがす)」
「金は命の親、命の敵(かねはいのちのおや、いのちのかたき)」
「金は浮き物(かねはうきもの)」
「金は片行き(かねはかたいき)」
「金は三欠くに溜まる(かねはさんかくにたまる)」
「金は世界の回り物(かねはせかいのまわりもの)」
「金は天下の回り物(かねはてんかのまわりもの)」
「金は湧き物(かねはわきもの)」
「金持ち、金使わず(かねもち、かねつかわず)」
「金持ち喧嘩せず(かねもちけんかせず)」
「金持ちと灰吹きは溜まるほど汚い(かねもちとはいふきはたまるほどきたない)」
「木は木、金は金(きはき、かねはかね)」
「木仏、金仏、石仏(きぶつ、かなぶつ、いしぼとけ)」
「金魚の糞(きんぎょのふん)」
「金字塔(きんじとう)」
「金石の交わり(きんせきのまじわり)」
「金銭は他人(きんせんはたにん)」
「金的を射落とす(きんてきをいおとす)」
「金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)」
「金の卵を産む鵞鳥を殺すな(きんのたまごをうむがちょうをころすな)」
「金蘭の契り(きんらんのちぎり)」
「後生大事や金欲しや死んでも命のあるように(ごしょうだいじやかねほしやしんでもいのちのあるように)」
「金輪際(こんりんざい)」
「先立つ物は金(さきだつものはかね)」
「地獄の沙汰も金次第(じごくのさたもかねしだい)」
「七十五日は金の手洗い(しちじゅうごにちはかねのてあらい)」
「衆口、金を鑠かす(しゅうこう、きんをとかす)」
「十三日の金曜日(じゅうさんにちのきんようび)」
「春宵一刻値千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)」
「辛抱する木に金がなる(しんぼうするきにかねがなる)」
「千金の裘は一狐の腋に非ず(せんきんのきゅうはいっこのえきにあらず)」
「千金の子は市に死せず(せんきんのこはいちにしせず)」
「千金を買う市あれど一文字を買う店なし(せんきんをかういちあれどいちもんじをかうみせなし)」
「それにつけても金の欲しさよ(それにつけてもかねのほしさよ)」
「大丈夫、金の脇差(だいじょうぶ、かねのわきざし)」
「断金の交わり(だんきんのまじわり)」
「男子の一言、金鉄の如し(だんしのいちごん、きんてつのごとし)」
「中流に船を失えば一瓢も千金(ちゅうりゅうにふねをうしなえばいっぴょうもせんきん)」
「沈黙は金、雄弁は銀(ちんもくはきん、ゆうべんはぎん)」
「土一升に金一升(つちいっしょうにかねいっしょう)」
「時は金なり(ときはかねなり)」
「某より金貸し(なにがしよりかねかし)」
「成るも成らぬも金次第(なるもならぬもかねしだい)」
「人間万事金の世の中(にんげんばんじかねのよのなか)」
「掃き溜めと金持ちは溜まるほど汚い(はきだめとかねもちはたまるほどきたない)」
「鼻糞丸めて万金丹(はなくそまるめてまんきんたん)」
「減らぬものなら金百両、死なぬものなら子は一人(へらぬものならかねひゃくりょう、しなぬものならこはひとり)」
「仏の光より金の光(ほとけのひかりよりかねのひかり)」
「雄弁は銀、沈黙は金(ゆうべんはぎん、ちんもくはきん)」
「陽気発する処、金石も亦透る(ようきはっするところ、きんせきもまたとおる)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved