1. 漢字辞典 >
  2. 「犬」の情報

「犬」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首 犬 犭
いぬ・けものへん
画数 4画
音訓読み
  • ケン
  • いぬ

「犬」を含む熟語

「狂犬(きょうけん)」 「犬牙(けんが)」 「犬侍(いぬざむらい)」 「犬吠(いぬぼえ)」 「犬鷲(いぬわし)」 「犬榧(いぬがや)」 「犬橇(いぬぞり)」 「犬薺(いぬなずな)」 「仔犬(こいぬ)」 「駄犬(だけん)」 「豚犬(とんけん)」 「斑犬(ぶちいぬ)」 「猟犬(りょうけん)」 「犬粟(いぬあわ)」 「犬桐(いぬぎり)」 「狛犬(こまいぬ)」 「犬戎(けんじゅう)」 「犬樟(いぬぐす)」 「鷹犬(たかいぬ)」 「犬釘(いぬくぎ)」 「犬蚤(いぬのみ)」 「犬稗(いぬびえ)」 「犬槙(いぬまき)」 「犬蕨(いぬわらび)」

「犬」を含む四字熟語

「瓦鶏陶犬(がけいとうけん)」「犬猿之仲(けんえんのなか)」「犬牙相制(けんがそうせい)」「犬馬之歯(けんばのよわい)」「犬馬之心(けんばのこころ)」「犬馬之年(けんばのとし)」「犬馬之養(けんばのよう)」「犬馬之労(けんばのろう)」「犬吠驢鳴(けんばいろめい)」「鷹犬之才(ようけんのさい)」「陶犬瓦鶏(とうけんがけい)」「邑犬群吠(ゆうけんぐんばい)」「蜀犬吠日(しょくけんはいじつ)」「驢鳴犬吠(ろめいけんばい)」

「犬」を含むことわざ

「生きている犬は死んだライオンに勝る(いきているいぬはしんだらいおんにまさる)」
「一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆ(いっけんかげにほゆればひゃっけんこえにほゆ)」
「犬一代に狸一匹(いぬいちだいにたぬきいっぴき)」
「犬が西向きゃ尾は東(いぬがにしむきゃおはひがし)」
「犬と猿(いぬとさる)」
「犬に論語(いぬにろんご)」
「犬の遠吠え(いぬのとおぼえ)」
「犬は人につき猫は家につく(いぬはひとにつきねこはいえにつく)」
「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ(いぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ)」
「犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)」
「犬も朋輩、鷹も朋輩(いぬもほうばい、たかもほうばい)」
「飢えたる犬は棒を恐れず(うえたるいぬはぼうをおそれず)」
「兎を見て犬を呼ぶ(うさぎをみていぬをよぶ)」
「家の前の痩せ犬(うちのまえのやせいぬ)」
「大所の犬になるとも小所の犬になるな(おおどころのいぬになるともこどころのいぬになるな)」
「尾を振る犬は叩かれず(おをふるいぬはたたかれず)」
「飼い犬に手を噛まれる(かいいぬにてをかまれる)」
「垣堅くして犬入らず(かきかたくしていぬいらず)」
「噛み合う犬は呼び難し(かみあういぬはよびがたし)」
「食いつく犬は吠えつかぬ(くいつくいぬはほえつかぬ)」
「犬猿の仲(けんえんのなか)」
「犬馬の養い(けんばのやしない)」
「犬馬の齢(けんばのよわい)」
「犬馬の労(けんばのろう)」
「米食った犬が叩かれずに糠食った犬が叩かれる(こめくったいぬがたたかれずにぬかくったいぬがたたかれる)」
「自慢の糞は犬も食わぬ(じまんのくそはいぬもくわぬ)」
「蜀犬、日に吠ゆ(しょっけん、ひにほゆ)」
「外孫飼うより犬の子飼え(そとまごかうよりいぬのこかえ)」
「頼むと頼まれては犬も木へ登る(たのむとたのまれてはいぬもきへのぼる)」
「旅の犬が尾をすぼめる(たびのいぬがおをすぼめる)」
「杖の下に回る犬は打てぬ(つえのしたにまわるいぬはうてぬ)」
「所で吠えぬ犬はない(ところでほえぬいぬはない)」
「夏の風邪は犬も食わぬ(なつのかぜはいぬもくわぬ)」
「能なし犬は昼吠える(のうなしいぬはひるほえる)」
「夫婦喧嘩は犬も食わない(ふうふげんかはいぬもくわない)」
「吠える犬はめったに噛みつかない(ほえるいぬはめったにかみつかない)」
「煩悩の犬は追えども去らず(ぼんのうのいぬはおえどもさらず)」
「孫飼わんより犬の子飼え(まごかわんよりいぬのこかえ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「犬」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「犬」の情報

「犬」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首 犬 犭
いぬ・けものへん
画数 4画
音訓読み
  • ケン
  • いぬ

「犬」を含む熟語

「狂犬(きょうけん)」 「犬牙(けんが)」 「犬侍(いぬざむらい)」 「犬吠(いぬぼえ)」 「犬鷲(いぬわし)」 「犬榧(いぬがや)」 「犬橇(いぬぞり)」 「犬薺(いぬなずな)」 「仔犬(こいぬ)」 「駄犬(だけん)」 「豚犬(とんけん)」 「斑犬(ぶちいぬ)」 「猟犬(りょうけん)」 「犬粟(いぬあわ)」 「犬桐(いぬぎり)」 「狛犬(こまいぬ)」 「犬戎(けんじゅう)」 「犬樟(いぬぐす)」 「鷹犬(たかいぬ)」 「犬釘(いぬくぎ)」 「犬蚤(いぬのみ)」 「犬稗(いぬびえ)」 「犬槙(いぬまき)」 「犬蕨(いぬわらび)」

「犬」を含む四字熟語

「瓦鶏陶犬(がけいとうけん)」「犬猿之仲(けんえんのなか)」「犬牙相制(けんがそうせい)」「犬馬之歯(けんばのよわい)」「犬馬之心(けんばのこころ)」「犬馬之年(けんばのとし)」「犬馬之養(けんばのよう)」「犬馬之労(けんばのろう)」「犬吠驢鳴(けんばいろめい)」「鷹犬之才(ようけんのさい)」「陶犬瓦鶏(とうけんがけい)」「邑犬群吠(ゆうけんぐんばい)」「蜀犬吠日(しょくけんはいじつ)」「驢鳴犬吠(ろめいけんばい)」

「犬」を含むことわざ

「生きている犬は死んだライオンに勝る(いきているいぬはしんだらいおんにまさる)」
「一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆ(いっけんかげにほゆればひゃっけんこえにほゆ)」
「犬一代に狸一匹(いぬいちだいにたぬきいっぴき)」
「犬が西向きゃ尾は東(いぬがにしむきゃおはひがし)」
「犬と猿(いぬとさる)」
「犬に論語(いぬにろんご)」
「犬の遠吠え(いぬのとおぼえ)」
「犬は人につき猫は家につく(いぬはひとにつきねこはいえにつく)」
「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ(いぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ)」
「犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)」
「犬も朋輩、鷹も朋輩(いぬもほうばい、たかもほうばい)」
「飢えたる犬は棒を恐れず(うえたるいぬはぼうをおそれず)」
「兎を見て犬を呼ぶ(うさぎをみていぬをよぶ)」
「家の前の痩せ犬(うちのまえのやせいぬ)」
「大所の犬になるとも小所の犬になるな(おおどころのいぬになるともこどころのいぬになるな)」
「尾を振る犬は叩かれず(おをふるいぬはたたかれず)」
「飼い犬に手を噛まれる(かいいぬにてをかまれる)」
「垣堅くして犬入らず(かきかたくしていぬいらず)」
「噛み合う犬は呼び難し(かみあういぬはよびがたし)」
「食いつく犬は吠えつかぬ(くいつくいぬはほえつかぬ)」
「犬猿の仲(けんえんのなか)」
「犬馬の養い(けんばのやしない)」
「犬馬の齢(けんばのよわい)」
「犬馬の労(けんばのろう)」
「米食った犬が叩かれずに糠食った犬が叩かれる(こめくったいぬがたたかれずにぬかくったいぬがたたかれる)」
「自慢の糞は犬も食わぬ(じまんのくそはいぬもくわぬ)」
「蜀犬、日に吠ゆ(しょっけん、ひにほゆ)」
「外孫飼うより犬の子飼え(そとまごかうよりいぬのこかえ)」
「頼むと頼まれては犬も木へ登る(たのむとたのまれてはいぬもきへのぼる)」
「旅の犬が尾をすぼめる(たびのいぬがおをすぼめる)」
「杖の下に回る犬は打てぬ(つえのしたにまわるいぬはうてぬ)」
「所で吠えぬ犬はない(ところでほえぬいぬはない)」
「夏の風邪は犬も食わぬ(なつのかぜはいぬもくわぬ)」
「能なし犬は昼吠える(のうなしいぬはひるほえる)」
「夫婦喧嘩は犬も食わない(ふうふげんかはいぬもくわない)」
「吠える犬はめったに噛みつかない(ほえるいぬはめったにかみつかない)」
「煩悩の犬は追えども去らず(ぼんのうのいぬはおえどもさらず)」
「孫飼わんより犬の子飼え(まごかわんよりいぬのこかえ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved