1. 漢字辞典 >
  2. 「死」の情報

「死」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学三年生
漢検の級 8級
部首
がつ・がつへん・いちたへん・かばねへん
画数 6画
音訓読み
  • し(ぬ)

「死」を含む熟語

「餓死(がし)」 「壊死(えし)」 「癌死(がんし)」 「擬死(ぎし)」 「刑死(けいし)」 「絞死(こうし)」 「獄死(ごくし)」 「死骸(しがい)」 「十死(じっし)」 「殉死(じゅんし)」 「即死(そくし)」 「致死(ちし)」 「窒死(ちっし)」 「墜死(ついし)」 「瀕死(ひんし)」 「昧死(まいし)」 「悶死(もんし)」 「刎死(ふんし)」 「夭死(ようし)」 「慙死(ざんし)」 「斃死(へいし)」 「縊死(いし)」 「轢死(れきし)」 「殊死(しゅし)」 「溺死(できし)」 「凍死(とうし)」 「敗死(はいし)」 「死斑(しはん)」 「必死(ひっし)」 「死票(しひょう)」 「諫死(かんし)」 「死諫(しかん)」

「死」を含む四字熟語

「一死七生(いっししちしょう)」「一死報国(いっしほうこく)」「回生起死(かいせいきし)」「起死回生(きしかいせい)」「起死再生(きしさいせい)」「九死一生(きゅうしいっしょう)」「君辱臣死(くんじょくしんし)」「狐死首丘(こししゅきゅう)」「狐死兎泣(こしときゅう)」「死灰復然(しかいふくねん)」「死屍累累(ししるいるい)」「死児之齢(しじのよわい)」「死生契闊(しせいけっかつ)」「死生有命(しせいゆうめい)」「死中求活(しちゅうきゅうかつ)」「十死一生(じっしいっしょう)」「出離生死(しゅつりしょうじ)」「生老病死(しょうろうびょうし)」「人死留名(じんしりゅうめい)」「酔生夢死(すいせいむし)」「生寄死帰(せいきしき)」「生死事大(しょうじじだい)」「生死存亡(せいしそんぼう)」「生死肉骨(せいしにくこつ)」「生死不定(しょうじふじょう)」「生死流転(しょうじるてん)」「生離死別(せいりしべつ)」「大死一番(だいしいちばん)」「朝生暮死(ちょうせいぼし)」「朝聞夕死(ちょうぶんせきし)」「長生不死(ちょうせいふし)」「兎死狗烹(としくほう)」「半死半生(はんしはんしょう)」「豹死留皮(ひょうしりゅうひ)」「不老不死(ふろうふし)」「万死一生(ばんしいっせい)」「遊生夢死(ゆうせいむし)」「養生喪死(ようせいそうし)」「槁木死灰(こうぼくしかい)」「蹈節死義(とうせつしぎ)」

「死」を含むことわざ

「垢で死んだ者はない(あかでしんだものはない)」
「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり(あしたにみちをきかばゆうべにしすともかなり)」
「生きている犬は死んだライオンに勝る(いきているいぬはしんだらいおんにまさる)」
「生き身は死に身(いきみはしにみ)」
「生きるべきか死すべきかそれが問題だ(いきるべきかしすべきかそれがもんだいだ)」
「一度死ねば二度死なぬ(いちどしねばにどしなぬ)」
「運を待つは死を待つに等し(うんをまつはしをまつにひとし)」
「親が死んでも食休み(おやがしんでもしょくやすみ)」
「泳ぎ上手は川で死ぬ(およぎじょうずはかわでしぬ)」
「海中より盃中に溺死する者多し(かいちゅうよりはいちゅうにできしするものおおし)」
「餓えて死ぬは一人、飲んで死ぬは千人(かつえてしぬはひとり、のんでしぬはせんにん)」
「君、辱めらるれば臣死す(きみ、はずかしめらるればしんしす)」
「九死に一生を得る(きゅうしにいっしょうをえる)」
「碁打ち親の死に目に会わぬ(ごうちおやのしにめにあわぬ)」
「狡兎死して走狗烹らる(こうとししてそうくにらる)」
「後生大事や金欲しや死んでも命のあるように(ごしょうだいじやかねほしやしんでもいのちのあるように)」
「災難なら畳の上でも死ぬ(さいなんならたたみのうえでもしぬ)」
「去り跡へ行くとも死に跡へ行くな(さりあとへゆくともしにあとへゆくな)」
「死しての千年より生きての一日(ししてのせんねんよりいきてのいちにち)」
「死して後、已む(ししてのち、やむ)」
「死屍に鞭打つ(ししにむちうつ)」
「死生、命あり(しせい、めいあり)」
「死せる孔明、生ける仲達を走らす(しせるこうめい、いけるちゅうたつをはしらす)」
「死中に活を求める(しちゅうにかつをもとめる)」
「死なぬ子三人、皆孝行(しなぬこさんにん、みなこうこう)」
「死に馬に鍼刺す(しにうまにはりさす)」
「死にたいと麦飯食いたいほど大きな嘘はない(しにたいとむぎめしくいたいほどおおきなうそはない)」
「死に花を咲かせる(しにばなをさかせる)」
「死に別れより生き別れ(しにわかれよりいきわかれ)」
「死人に口なし(しにんにくちなし)」
「死ぬ死ぬと言う者に死んだ例なし(しぬしぬというものにしんだためしなし)」
「死ぬ者貧乏(しぬものびんぼう)」
「死ぬる子は眉目よし(しぬるこはみめよし)」
「死ぬるばかりは真(しぬるばかりはまこと)」
「死ねば死に損、生くれば生き得(しねばしにぞん、いくればいきどく)」
「死は或は泰山より重く、或は鴻毛より軽し(しはあるいはたいざんよりおもく、あるいはこうもうよりかろし)」
「士は己を知る者の為に死す(しはおのれをしるもののためにしす)」
「死馬の骨を買う(しばのほねをかう)」
「死命を制する(しめいをせいする)」
「自由を与えよ、しからずんば死を与えよ(じゆうをあたえよ、しからずんばしをあたえよ)」
「死んだ子の年を数える(しんだこのとしをかぞえる)」
「死んだ子は賢い(しんだこはかしこい)」
「死んだら褒められる(しんだらほめられる)」
「死んで花実が咲くものか(しんではなみがさくものか)」
「生ある者は必ず死あり(せいあるものはかならずしあり)」
「生は難く、死は易し(せいはかたく、しはやすし)」
「生は寄なり死は帰なり(せいはきなりしはきなり)」
「千金の子は市に死せず(せんきんのこはいちにしせず)」
「先祖に討ち死にさせて高枕(せんぞにうちじにさせてたかまくら)」
「蓼の虫は蓼で死ぬ(たでのむしはたででしぬ)」
「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す(とらはししてかわをとどめ、ひとはししてなをのこす)」
「鳥の将に死なんとする、その鳴くや哀し(とりのまさにしなんとする、そのなくやかなし)」
「ナポリを見てから死ね(なぽりをみてからしね)」
「馬鹿は死ななきゃ治らない(ばかはしななきゃなおらない)」
「博打と相場は死ぬまで止まぬ(ばくちとそうばはしぬまでやまぬ)」
「万死一生を顧みず(ばんしいっしょうをかえりみず)」
「人の子の死んだより我が子の転けた(ひとのこのしんだよりわがこのこけた)」
「人の将に死なんとするその言や善し(ひとのまさにしなんとするそのげんやよし)」
「豹は死して皮を留め人は死して名を留む(ひょうはししてかわをとどめひとはししてなをとどむ)」
「減らぬものなら金百両、死なぬものなら子は一人(へらぬものならかねひゃくりょう、しなぬものならこはひとり)」
「焼けたあとは立つが死んだあとは立たぬ(やけたあとはたつがしんだあとはたたぬ)」
「病上手に死に下手(やまいじょうずにしにべた)」
「病め医者死ね坊主(やめいしゃしねぼうず)」
「憂患に生き安楽に死す(ゆうかんにいきあんらくにしす)」
「老兵は死なず、消え去るのみ(ろうへいはしなず、きえさるのみ)」
「我に自由を与えよしからずんば死を与えよ(われにじゆうをあたえよしからずんばしをあたえよ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved