1. 漢字辞典 >
  2. 「七」の情報

「七」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首
いち
画数 2画
音訓読み
  • シチ
  • なな
  • なな(つ)
  • なの
  • シツ △

「七」を含む熟語

「七難(しちなん)」 「七曜(しちよう)」 「七竅(しちきょう)」 「久七(きゅうしち)」 「忠七(ちゅうしち)」 「文七(ぶんしち)」 「累七(るいしち)」 「七音(しちいん)」 「七音(しちおん)」 「七覚(しちかく)」 「七去(しちきょ)」 「七経(しちけい)」 「七賢(しちけん)」 「七言(しちごん)」 「七座(しちざ)」 「七彩(しちさい)」 「七三(しちさん)」 「七子(しちし)」 「七衆(しちしゅ)」 「七種(しちしゅ)」 「七重(しちじゅう)」 「七出(しちしゅつ)」 「七書(しちしょ)」 「七生(しちしょう)」 「七条(しちじょう)」 「七情(しちじょう)」 「七色(しちしょく)」 「七声(しちせい)」 「七星(しちせい)」 「七夕(しちせき)」 「七赤(しちせき)」 「七絶(しちぜつ)」 「七祖(しちそ)」 「七僧(しちそう)」 「七大(しちだい)」 「七珍(しちちん)」 「七島(しちとう)」 「七等(しちとう)」 「七頭(しちとう)」 「七堂(しちどう)」 「七道(しちどう)」 「七徳(しちとく)」 「七弁(しちべん)」 「七宝(しちほう)」 「七輪(しちりん)」 「七厘(しちりん)」 「七珍(しっちん)」 「七夕(たなばた)」 「七種(ななくさ)」 「七草(ななくさ)」 「七癖(ななくせ)」 「七子(ななこ)」 「七瀬(ななせ)」 「七半(ななはん)」 「七光(ななひかり)」 「七節(ななふし)」 「七夜(ななよ)」 「七曲(ななわた)」 「七寸(みずつき)」 「七律(しちりつ)」

「七」を含む四字熟語

「一死七生(いっししちしょう)」「三汁七菜(さんじゅうしちさい)」「三徴七辟(さんちょうしちへき)」「七五三縄(しめなわ)」「七種菜羹(しちしゅのさいこう)」「七十古稀(しちじゅうこき)」「七縦七擒(しちしょうしちきん)」「七縦八横(しちしょうはちおう)」「七珍万宝(しっちんまんぽう)」「七転八起(しちてんはっき)」「七転八倒(しちてんばっとう)」「七堂伽藍(しちどうがらん)」「七難九厄(しちなんくやく)」「七難八苦(しちなんはっく)」「七歩之才(しちほのさい)」「七歩八叉(しちほはっさ)」「七里結界(しちりけっかい)」「七嘴八舌(しちしはちぜつ)」「七擒七縦(しちきんしちしょう)」「竹林七賢(ちくりん(の)しちけん)」「北斗七星(ほくとしちせい)」「倚馬七紙(いばしちし)」

「七」を含むことわざ

「赤子のうちは七国七里の者に似る(あかごのうちはななくにななさとのものににる)」
「朝茶は七里帰っても飲め(あさちゃはしちりかえってものめ)」
「伊勢へ七旅、熊野へ三度(いせへななたび、くまのへみたび)」
「色の白いは七難隠す(いろのしろいはしちなんかくす)」
「浮き沈み七度(うきしずみななたび)」
「浮世は衣装七分(うきよはいしょうしちぶ)」
「兎も七日なぶれば噛みつく(うさぎもなぬかなぶればかみつく)」
「男は敷居を跨げば七人の敵あり(おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり)」
「親の十七、子は知らぬ(おやのじゅうしち、こはしらぬ)」
「親の光は七光り(おやのひかりはななひかり)」
「金の光は七光(かねのひかりはななひかり)」
「木七竹八塀十郎(きしちたけはちへいじゅうろう)」
「狐七化け、狸は八化け(きつねななばけ、たぬきはやばけ)」
「敷居を跨げば七人の敵あり(しきいをまたげばしちにんのてきあり)」
「四十過ぎての道楽と七つ下がって降る雨は止みそうで止まぬ(しじゅうすぎてのどうらくとななつさがってふるあめはやみそうでやまぬ)」
「七細工八貧乏(しちざいくはちびんぼう)」
「七尺去って師の影を踏まず(しちしゃくさってしのかげをふまず)」
「七十五日は金の手洗い(しちじゅうごにちはかねのてあらい)」
「七度探して人を疑え(しちどさがしてひとをうたがえ)」
「七年の病に三年の艾を求む(しちねんのやまいにさんねんのもぐさをもとむ)」
「七歩の才(しちほのさい)」
「十七八は藪力(じゅうしちはちはやぶぢから)」
「姑の十七、見た者ない(しゅうとめのじゅうしち、みたものない)」
「人生七十、古来稀なり(じんせいしちじゅう、こらいまれなり)」
「葬礼九つ酒七つ(そうれいここのつさけななつ)」
「男子家を出ずれば七人の敵あり(だんしいえをいずればしちにんのてきあり)」
「男女七歳にして席を同じゅうせず(だんじょしちさいにしてせきをおなじゅうせず)」
「竹林の七賢(ちくりんのしちけん)」
「なくて七癖、あって四十八癖(なくてななくせ、あってしじゅうはっくせ)」
「七重の膝を八重に折る(ななえのひざをやえにおる)」
「七転び八起き(ななころびやおき)」
「七下がり七上がり(ななさがりななあがり)」
「七度尋ねて人を疑え(ななたびたずねてひとをうたがえ)」
「七つ下がりの雨と四十過ぎての道楽はやまぬ(ななつさがりのあめとしじゅうすぎてのどうらくはやまぬ)」
「七つ七里憎まれる(ななつななさとにくまれる)」
「七尋の島に八尋の船を隠す(ななひろのしまにやひろのふねをかくす)」
「七日通る漆も手に取らねばかぶれぬ(なぬかとおるうるしもてにとらねばかぶれぬ)」
「猫を殺せば七代祟る(ねこをころせばしちだいたたる)」
「八細工、七貧乏(はちざいく、しちびんぼう)」
「初物七十五日(はつものしちじゅうごにち)」
「花七日(はななぬか)」
「人に七癖、我が身に八癖(ひとにななくせ、わがみにやくせ)」
「人の噂も七十五日(ひとのうわさもしちじゅうごにち)」
「人の七難より我が十難(ひとのしちなんよりわがじゅうなん)」
「火元は七代祟る(ひもとはしちだいたたる)」
「百歳の童、七歳の翁(ひゃくさいのわらべ、しちさいのおきな)」
「三つ叱って五つほめ、七つ教えて子は育つ(みっつしかっていつつほめ、ななつおしえてこはそだつ)」
「世の中は年中三月常月夜、嬶十七俺二十、負わず借らずに子三人(よのなかはねんじゅうさんがつじょうつきよ、かかあじゅうしちおれはたち、おわずからずにこさんにん)」
「悋気は女の七つ道具(りんきはおんなのななつどうぐ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved