1. 漢字辞典 >
  2. 「種」の情報

「種」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学四年生
漢検の級 7級
部首
のぎ・のぎへん
画数 14画
音訓読み
  • シュ
  • たね
  • ショウ △
  • う(える) △
  • くさ △

「種」を含む熟語

「亜種(あしゅ)」 「乙種(おつしゅ)」 「券種(けんしゅ)」 「浸種(しんしゅ)」 「丙種(へいしゅ)」 「椀種(わんだね)」 「七種(しちしゅ)」 「七種(ななくさ)」 「種痘(しゅとう)」 「種豚(たねぶた)」 「敗種(はいしゅ)」 「種版(たねばん)」 「種俵(たねだわら)」 「種繭(たねまゆ)」 「種麹(たねこうじ)」 「種籾(たねもみ)」

「種」を含む四字熟語

「一種一瓶(いっしゅいっぺい)」「貴種流離(きしゅりゅうり)」「三種神器(さんしゅのじんぎ)」「七種菜羹(しちしゅのさいこう)」「種種雑多(しゅじゅざった)」「多種多様(たしゅたよう)」「朝種暮穫(ちょうしゅぼかく)」「刀耕火種(とうこうかしゅ)」「頭髪種種(とうはつしゅしゅ)」

「種」を含むことわざ

「命あっての物種(いのちあってのものだね)」
「嘘にも種が要る(うそにもたねがいる)」
「王侯将相寧んぞ種あらんや(おうこうしょうしょういずくんぞしゅあらんや)」
「苦は楽の種(くはらくのたね)」
「下種の後思案(げすのあとじあん)」
「下種の一寸、のろまの三寸、馬鹿の開けっ放し(げすのいっすん、のろまのさんずん、ばかのあけっぱなし)」
「下種の勘ぐり(げすのかんぐり)」
「下種の口に戸は立てられぬ(げすのくちにとはたてられぬ)」
「下種の逆恨み(げすのさかうらみ)」
「下種の謗り食い(げすのそしりぐい)」
「けちん坊の柿の種(けちんぼうのかきのたね)」
「権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる(ごんべえがたねまきゃからすがほじくる)」
「商売は草の種(しょうばいはくさのたね)」
「吝ん坊の柿の種(しわんぼうのかきのたね)」
「長口上は欠伸の種(ながこうじょうはあくびのたね)」
「生業は草の種(なりわいはくさのたね)」
「夫婦喧嘩は貧乏の種蒔き(ふうふげんかはびんぼうのたねまき)」
「蒔かぬ種は生えぬ(まかぬたねははえぬ)」
「楽は苦の種、苦は楽の種(らくはくのたね、くはらくのたね)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved