1. 漢字辞典 >
  2. 「出」の情報

「出」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首
うけばこ・かんにょう
画数 5画
音訓読み
  • シュツ
  • スイ
  • だ(す)
  • で(る)
  • いだ(す) △
  • い(づ) △

「出」を含む熟語

「繰出金(くりだしきん)」 「傑出(けっしゅつ)」 「幻出(げんしゅつ)」 「算出(さんしゅつ)」 「出芽(しゅつが)」 「出札(しゅっさつ)」 「出檻(しゅっかん)」 「出衵(いだしあこめ)」 「析出(せきしゅつ)」 「早出(そうしゅつ)」 「呈出(ていしゅつ)」 「派出(はしゅつ)」 「搬出(はんしゅつ)」 「娩出(べんしゅつ)」 「躍出(やくしゅつ)」 「湧出(ゆうしゅつ)」 「涌出(ゆうしゅつ)」 「溜出(りゅうしゅつ)」 「剔出(てきしゅつ)」 「擯出(ひんしゅつ)」 「滲出(しんしゅつ)」 「簇出(そうしゅつ)」 「迸出(へいしゅつ)」 「迸出(ほうしゅつ)」 「醵出(きょしゅつ)」 「鈔出(しょうしゅつ)」 「七出(しちしゅつ)」 「庶出(しょしゅつ)」 「創出(そうしゅつ)」 「出俗(しゅつぞく)」 「卓出(たくしゅつ)」 「抽出(ちゅうしゅつ)」 「摘出(てきしゅつ)」 「導出(どうしゅつ)」 「突出(とっしゅつ)」 「出帆(しゅっぱん)」 「出版(しゅっぱん)」 「罷出(まかず)」 「描出(びょうしゅつ)」 「噴出(ふんしゅつ)」 「併出(へいしゅつ)」 「出頬(でづら)」 「輸出(しゅしゅつ)」 「輸出(ゆしゅつ)」 「誘出(ゆうしゅつ)」 「裸出(らしゅつ)」 「出塁(しゅつるい)」 「燕出(えんしゅつ)」 「出牢(しゅつろう)」

「出」を含む四字熟語

「鬼出電入(きしゅつでんにゅう)」「議論百出(ぎろんひゃくしゅつ)」「酒入舌出(しゅにゅうぜっしゅつ)」「出処進退(しゅっしょしんたい)」「出将入相(しゅっしょうにゅうしょう)」「出谷遷喬(しゅっこくせんきょう)」「出藍之誉(しゅつらんのほまれ)」「出離生死(しゅつりしょうじ)」「神出鬼行(しんしゅつきこう)」「神出鬼没(しんしゅつきぼつ)」「神変出没(しんぺんしゅつぼつ)」「推陳出新(すいちんしゅっしん)」「水楽石出(すいらくせきしゅつ)」「超塵出俗(ちょうじんしゅつぞく)」「独出心裁(どくしゅつしんさい)」「破綻百出(はたんひゃくしゅつ)」「変幻出没(へんげんしゅつぼつ)」「変態百出(へんたいひゃくしゅつ)」「門外不出(もんがいふしゅつ)」「立身出世(りっしんしゅっせ)」「量入制出(りょうにゅうせいしゅつ)」「悖出悖入(はいしゅつはいにゅう)」「悖入悖出(はいにゅうはいしゅつ)」

「出」を含むことわざ

「愛は小出しにせよ(あいはこだしにせよ)」
「青は藍より出でて藍より青し(あおはあいよりいでてあいよりあおし)」
「垢は擦るほど出る、あらは探すほど出る(あかはこするほどでる、あらはさがすほどでる)」
「朝日が西から出る(あさひがにしからでる)」
「足を出す(あしをだす)」
「仇も情けも我が身より出る(あだもなさけもわがみよりでる)」
「蟻の這い出る隙もない(ありのはいでるすきもない)」
「言い出しこき出し笑い出し(いいだしこきだしわらいだし)」
「居候、三杯目にはそっと出し(いそうろう、さんばいめにはそっとだし)」
「入り鉄砲に出女(いりでっぽうにでおんな)」
「入り船あれば出船あり(いりふねあればでふねあり)」
「入り船に良い風出船に悪い(いりふねによいかぜでふねにわるい)」
「入るを量りて出ずるを為す(いるをはかりていずるをなす)」
「嘘から出た実(うそからでたまこと)」
「裏目に出る(うらめにでる)」
「おくびにも出さない(おくびにもださない)」
「鬼が出るか蛇が出るか(おにがでるかじゃがでるか)」
「鬼も十八、番茶も出花(おにもじゅうはち、ばんちゃもでばな)」
「楽屋から火を出す(がくやからひをだす)」
「叶わぬ時には親を出せ(かなわぬときにはおやをだせ)」
「口から出れば世間(くちからでればせけん)」
「苦しい時には親を出せ(くるしいときにはおやをだせ)」
「君子は交わり絶ゆとも悪声を出さず(くんしはまじわりたゆともあくせいをださず)」
「好事門を出でず、悪事千里を行く(こうじもんをいでず、あくじせんりをいく)」
「高慢は出世の行き止まり(こうまんはしゅっせのいきどまり)」
「氷は水より出でて水よりも寒し(こおりはみずよりいでてみずよりもさむし)」
「乞食にも門出(こじきにもかどで)」
「子供の喧嘩に親が出る(こどものけんかにおやがでる)」
「支証の出し遅れ(ししょうのだしおくれ)」
「尻尾を出す(しっぽをだす)」
「出家の念仏嫌い(しゅっけのねんぶつぎらい)」
「出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ)」
「冗談から駒が出る(じょうだんからこまがでる)」
「証文の出し遅れ(しょうもんのだしおくれ)」
「捨て子は世に出る(すてごはよにでる)」
「袖から手を出すも嫌い(そでからてをだすもきらい)」
「その右に出ずる者なし(そのみぎにいずるものなし)」
「出すことは舌を出すのも嫌い(だすことはしたをだすのもきらい)」
「叩けば埃が出る(たたけばほこりがでる)」
「たまに出る子は風に遭う(たまにでるこはかぜにあう)」
「男子家を出ずれば七人の敵あり(だんしいえをいずればしちにんのてきあり)」
「知恵は小出しにせよ(ちえはこだしにせよ)」
「角を出す(つのをだす)」
「亭主の好きを客に出す(ていしゅのすきをきゃくにだす)」
「出たとこ勝負(でたとこしょうぶ)」
「手出し十層倍(てだしじっそうばい)」
「出遣いより小遣い(でづかいよりこづかい)」
「出船に船頭待たず(でふねにせんどうまたず)」
「出船によい風は入り船に悪い(でふねによいかぜはいりふねにわるい)」
「手も足も出ない(てもあしもでない)」
「出物腫れ物、所嫌わず(でものはれもの、ところきらわず)」
「寺から出れば坊主(てらからでればぼうず)」
「出る息、入る息を待たず(でるいき、いるいきをまたず)」
「出る杭は打たれる(でるくいはうたれる)」
「出る船の纜を引く(でるふねのともづなをひく)」
「手を出して火傷する(てをだしてやけどする)」
「名のない星は宵から出る(なのないほしはよいからでる)」
「爾に出ずるものは爾に返る(なんじにいずるずるものはなんじにかえる)」
「西から日が出る(にしからひがでる)」
「盗人と言えば手を出す(ぬすびとといえばてをだす)」
「喉から手が出る(のどからてがでる)」
「灰吹きから蛇が出る(はいふきからじゃがでる)」
「腹が立つなら親を思い出せ(はらがたつならおやをおもいだせ)」
「番茶も出花(ばんちゃもでばな)」
「人と煙草の良し悪しは煙になって後の世に出る(ひととたばこのよしあしはけむりになってのちのよにでる)」
「火は火元から騒ぎ出す(ひはひもとからさわぎだす)」
「瓢箪から駒が出る(ひょうたんからこまがでる)」
「放り出しの嗅ぎ出し(ひりだしのかぎだし)」
「糞が出たが別が出ない(ふんがでたがべつがでない)」
「星を戴いて出で、星を戴いて帰る(ほしをいただいていで、ほしをいただいてかえる)」
「本丸から火を出す(ほんまるからひをだす)」
「身から出た錆(みからでたさび)」
「右に出る者がない(みぎにでるものがない)」
「藪をつついて蛇を出す(やぶをつついてへびをだす)」
「病は口より入り、禍は口より出ず(やまいはくちよりいり、わざわいはくちよりいず)」
「山より大きな猪は出ぬ(やまよりおおきないのししはでぬ)」
「闇から牛を引き出す(やみからうしをひきだす)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved