1. 漢字辞典 >
  2. 「怨」の情報

「怨」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 2級
部首 心 忄
こころ・りっしんべん・したごころ
画数 9画
音訓読み
  • エン
  • オン
  • うら(み) △
  • うら(む) △

「怨」を含む熟語

「怨言(えんげん)」 「怨恨(えんこん)」 「怨憎(えんぞう)」 「怨憎(おんぞう)」 「怨嗟(えんさ)」 「仇怨(きゅうえん)」 「旧怨(きゅうえん)」 「衆怨(しゅうえん)」 「宿怨(しゅくえん)」 「深怨(しんえん)」 「積怨(せきえん)」 「忿怨(ふんえん)」 「閨怨(けいえん)」

「怨」を含む四字熟語

「怨女曠夫(えんじょこうふ)」「怨親平等(おんしんびょうどう)」「怨憎会苦(おんぞうえく)」「怨敵退散(おんてきたいさん)」「克伐怨欲(こくばつえんよく)」「杯酒解怨(はいしゅかいえん)」「彦倫鶴怨(げんりんかくえん)」「婦怨無終(ふえんむしゅう)」「粉愁香怨(ふんしゅうこうえん)」「報怨以徳(ほうえんいとく)」「睚眥之怨(がいさいのうらみ)」

「怨」を含むことわざ

「怨みに報ゆるに徳を以てす(うらみにむくゆるにとくをもってす)」
「怨みほど恩を思え(うらみほどおんをおもえ)」
「恩を以て怨みに報ず(おんをもってうらみにほうず)」
「天を怨みず人を咎めず(てんをうらみずひとをとがめず)」
「徳を以て怨みに報ゆ(とくをもってうらみにむくゆ)」
「人を怨むより身を怨め(ひとをうらむよりみをうらめ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「怨」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「怨」の情報

「怨」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 2級
部首 心 忄
こころ・りっしんべん・したごころ
画数 9画
音訓読み
  • エン
  • オン
  • うら(み) △
  • うら(む) △

「怨」を含む熟語

「怨言(えんげん)」 「怨恨(えんこん)」 「怨憎(えんぞう)」 「怨憎(おんぞう)」 「怨嗟(えんさ)」 「仇怨(きゅうえん)」 「旧怨(きゅうえん)」 「衆怨(しゅうえん)」 「宿怨(しゅくえん)」 「深怨(しんえん)」 「積怨(せきえん)」 「忿怨(ふんえん)」 「閨怨(けいえん)」

「怨」を含む四字熟語

「怨女曠夫(えんじょこうふ)」「怨親平等(おんしんびょうどう)」「怨憎会苦(おんぞうえく)」「怨敵退散(おんてきたいさん)」「克伐怨欲(こくばつえんよく)」「杯酒解怨(はいしゅかいえん)」「彦倫鶴怨(げんりんかくえん)」「婦怨無終(ふえんむしゅう)」「粉愁香怨(ふんしゅうこうえん)」「報怨以徳(ほうえんいとく)」「睚眥之怨(がいさいのうらみ)」

「怨」を含むことわざ

「怨みに報ゆるに徳を以てす(うらみにむくゆるにとくをもってす)」
「怨みほど恩を思え(うらみほどおんをおもえ)」
「恩を以て怨みに報ず(おんをもってうらみにほうず)」
「天を怨みず人を咎めず(てんをうらみずひとをとがめず)」
「徳を以て怨みに報ゆ(とくをもってうらみにむくゆ)」
「人を怨むより身を怨め(ひとをうらむよりみをうらめ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved