「男」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学一年生
漢検の級 10級
部首
た・たへん
画数 7画
音訓読み
  • ダン
  • ナン
  • おとこ
  • おのこ △

「男」を含む熟語

「京男(きょうおとこ)」「桂男(かつらおとこ)」
「蔵男(くらおとこ)」「男坂(おとこざか)」
「男心(おとこごころ)」「男性(だんせい)」
「男装(だんそう)」「男優(だんゆう)」
「男髷(おとこまげ)」「嫡男(ちゃくなん)」
「賤男(しずお)」「男爵(だんしゃく)」
「童男(おぐな)」「猟男(さつお)」
「吾男(わおとこ)」「男娼(だんしょう)」
「男雛(おびな)」「狼男(おおかみおとこ)」

「男」を含む四字熟語

「善男善女(ぜんなんぜんにょ)」
「男耕女織(だんこうじょしょく)」
「魯之男子(ろのだんし)」
「老若男女(ろうにゃくなんにょ)」

「男」を含むことわざ

「東男に京女(あずまおとこにきょうおんな)」
「一押し、二金、三男(いちおし、にかね、さんおとこ)」
「一生添うとは男の習い(いっしょうそうとはおとこのならい)」
「色男、金と力はなかりけり(いろおとこ、かねとちからはなかりけり)」
「大男総身に知恵が回りかね(おおおとこそうみにちえがまわりかね)」
「大男の殿(おおおとこのしんがり)」
「男心と秋の空(おとこごころとあきのそら)」
「男猫が子を生む(おとこねこがこをうむ)」
「男の目には糸を引け、女の目には鈴を張れ(おとこのめにはいとをひけ、おんなのめにはすずをはれ)」
「男は敷居を跨げば七人の敵あり(おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり)」
「男は度胸、女は愛嬌(おとこはどきょう、おんなはあいきょう)」
「男は二十五の暁まで育つ(おとこはにじゅうごのあかつきまでそだつ)」
「男は裸百貫(おとこははだかひゃっかん)」
「男は松、女は藤(おとこはまつ、おんなはふじ)」
「男は妻から(おとこはめから)」
「男冥利に尽きる(おとこみょうりにつきる)」
「男鰥に蛆が湧き、女寡に花が咲く(おとこやもめにうじがわき、おんなやもめにはながさく)」
「屈み女に反り男(かがみおんなにそりおとこ)」
「小男の腕立て(こおとこのうでたて)」
「小男の総身の知恵も知れたもの(こおとこのそうみのちえもしれたもの)」
「据え膳食わぬは男の恥(すえぜんくわぬはおとこのはじ)」
「男子家を出ずれば七人の敵あり(だんしいえをいずればしちにんのてきあり)」
「男子の一言、金鉄の如し(だんしのいちごん、きんてつのごとし)」
「男女七歳にして席を同じゅうせず(だんじょしちさいにしてせきをおなじゅうせず)」
「遠くて近きは男女の仲(とおくてちかきはだんじょのなか)」
「彼岸過ぎての麦の肥、三十過ぎての男に意見(ひがんすぎてのむぎのこえ、さんじゅうすぎてのおとこにいけん)」
「目病み女に風邪引き男(めやみおんなにかぜひきおとこ)」
「藁で束ねても男は男(わらでたばねてもおとこはおとこ)」

漢字辞典TOP

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典

ページ先頭に戻る