「戸」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学二年生
漢検の級 9級
部首
と・とだれ・とかんむり
画数 4画
音訓読み
  • へ △

「戸」を含む熟語

「井戸(いど)」「戸外(こがい)」
「戸札(へふだ)」「戸数(こすう)」
「戸閾(とじきみ)」「袋戸(ふくろど)」
「葭戸(よしど)」「蜑戸(たんこ)」
「住戸(じゅうこ)」「全戸(ぜんこ)」
「葦戸(よしど)」「鎧戸(よろいど)」
「蔀戸(しとみど)」「佃戸(でんこ)」
「蓬戸(ほうこ)」「簾戸(すど)」

「戸」を含む四字熟語

「門戸開放(もんこかいほう)」

「戸」を含むことわざ

「開いた口には戸はたたぬ(あいたくちにはとはたたぬ)」
「江戸っ子の往き大名還り乞食(えどっこのゆきだいみょうかえりこじき)」
「江戸っ子は五月の鯉の吹き流し(えどっこはさつきのこいのふきながし)」
「江戸っ子は宵越しの銭は使わぬ(えどっこはよいごしのぜにはつかわぬ)」
「江戸の敵を長崎で討つ(えどのかたきをながさきでうつ)」
「江戸は八百八町、大坂は八百八橋(えどははっぴゃくやちょう、おおさかははっぴゃくやばし)」
「江戸べらぼうに京どすえ(えどべらぼうにきょうどすえ)」
「火事と喧嘩は江戸の花(かじとけんかはえどのはな)」
「九尺二間に戸が一枚(くしゃくにけんにとがいちまい)」
「下戸と化け物はない(げことばけものはない)」
「下戸の肴荒らし(げこのさかなあらし)」
「下戸の建てたる蔵もなし(げこのたてたるくらもなし)」
「下戸の手強(げこのてごわ)」
「下種の口に戸は立てられぬ(げすのくちにとはたてられぬ)」
「上戸に餅、下戸に酒(じょうごにもち、げこにさけ)」
「上戸の手弱(じょうごのてよわ)」
「上戸は毒を知らず下戸は薬を知らず(じょうごはどくをしらずげこはくすりをしらず)」
「上戸めでたや丸裸(じょうごめでたやまるはだか)」
「世間の口に戸は立てられぬ(せけんのくちにとはたてられぬ)」
「戸板に豆(といたにまめ)」
「長崎ばってん、江戸べらぼう、神戸兵庫のなんぞいや(ながさきばってん、えどべらぼう、こうべひょうごのなんぞいや)」
「盗人も戸締り(ぬすびともとじまり)」
「箱根知らずの江戸話(はこねしらずのえどばなし)」
「晩の虹は江戸へ行け、朝の虹は隣へ行くな(ばんのにじはえどへいけ、あさのにじはとなりへいくな)」
「人の口に戸は立てられぬ(ひとのくちにとはたてられぬ)」
「門戸を成す(もんこをなす)」
「宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締り、四には火の元(やどとらばいちにほうがく、ににせっちん、さんにとじまり、しにはひのもと)」

漢字辞典TOP

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典

ページ先頭に戻る