「作」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学二年生
漢検の級 9級
部首
にんべん・ひと・ひとがしら・ひとやね
画数 7画
音訓読み
  • サク
  • つく(る)
  • な(す) △

「作」を含む熟語

「稲作(いなさく)」「寡作(かさく)」
「贋作(がんさく)」「偽作(ぎさく)」
「擬作(ぎさく)」「偶作(ぐうさく)」
「劇作(げきさく)」「傑作(けっさく)」
「作為(さくい)」「作善(さぜん)」
「秀作(しゅうさく)」「述作(じゅっさく)」
「駄作(ださく)」「摸作(もさく)」
「傭作(ようさく)」「創作(そうさく)」
「操作(そうさ)」「作陶(さくとう)」
「鈍作(のろさく)」「畑作(はたさく)」
「豊作(ほうさく)」「惣作(そうさく)」

「作」を含む四字熟語

「改過作新(かいかさくしん)」
「戯作三昧(げさくざんまい)」
「坐作進退(ざさしんたい)」
「作史三長(さくしのさんちょう)」
「作文三上(さくぶんさんじょう)」
「自作自演(じさくじえん)」
「随処作主(ずいしょさしゅ)」
「煎水作氷(せんすいさくひょう)」
「装模作様(そうもさくよう)」
「認奴作郎(にんどさくろう)」
「豊年満作(ほうねんまんさく)」
「磨杵作針(ましょさくしん)」
「磨斧作針(まふさくしん)」
「陽動作戦(ようどうさくせん)」
「裏面工作(りめんこうさく)」
「閨秀作家(けいしゅうさっか)」

「作」を含むことわざ

「秋荒れ半作(あきあれはんさく)」
「秋日和半作(あきびよりはんさく)」
「悪妻は六十年の不作(あくさいはろくじゅうねんのふさく)」
「家を道端に作れば三年成らず(いえをみちばたにつくればさんねんならず)」
「駕籠にに乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人(かごににのるひとかつぐひと、そのまたわらじをつくるひと)」
「句を作るより田を作れ(くをつくるよりたをつくれ)」
「詩を作るより田を作れ(しをつくるよりたをつくれ)」
「西瓜は土で作れ南瓜は手で作れ(すいかはつちでつくれかぼちゃはてでつくれ)」
「姿は作り物(すがたはつくりもの)」
「太陽の照っているうちに干し草を作れ(たいようのてっているうちにほしくさをつくれ)」
「田作りも魚のうち(たづくりもうおのうち)」
「田作る道は農に問え(たつくるみちはのうにとえ)」
「卵を割らないでオムレツは作れない(たまごをわらないでおむれつはつくれない)」
「地位は人を作る(ちいはひとをつくる)」
「女房の悪いは六十年の不作(にょうぼうのわるいはろくじゅうねんのふさく)」
「鳩を憎み豆を作らぬ(はとをにくみまめをつくらぬ)」
「陽の照っているうちに干し草を作れ(ひのてっているうちにほしくさをつくれ)」
「百菊作るに因って花変ず(ひゃくぎくつくるによってはなへんず)」
「仏作って魂入れず(ほとけつくってたましいいれず)」
「我より古を作す(われよりいにしえをなす)」

漢字辞典TOP

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典

ページ先頭に戻る