「当」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
名前に使える漢字
習う学年 小学校二年生
漢検の級 9級
部首
しょう・しょうがしら・なおがしら
画数 6画
音読み
  • トウ
訓読み
  • あ(たる)
  • あ(てる)
  • まさ(に) △

「当」を含む言葉

「さや当て(さやあて)」「すね当て(すねあて)」「たこ配当(たこはいとう)」「まぐれ当たり(まぐれあたり)」「不当(ふとう)」「不穏当(ふおんとう)」「不適当(ふてきとう)」「人当たり(ひとあたり)」「人当り(ひとあたり)」「体当たり(たいあたり)」「体当り(たいあたり)」「充当(じゅうとう)」「八つ当たり(やつあたり)」「八つ当り(やつあたり)」「別当(べっとう)」「割(り)当てる(わりあてる)」「割(り)当(て)(わりあて)」「勘当(かんどう)」「勾当(こうとう)」「反当(たんとう)」「反当たり(たんあたり)」「反当り(たんあたり)」「口当たり(くちあたり)」「口当り(くちあたり)」「嗅ぎ当てる(かぎあてる)」「嗅当てる(かぎあてる)」「坪当たり(つぼあたり)」「坪当り(つぼあたり)」「場当たり(ばあたり)」「場当り(ばあたり)」「大当たり(おおあたり)」「失当(しっとう)」「妥当(だとう)」「対当(たいとう)」「尋ね当てる(たずねあてる)」「小当たり(こあたり)」「小当り(こあたり)」「尻当(しりあて)」「尻当て(しりあて)」「差し当たって(さしあたって)」「差し当たり(さしあたり)」「差当って(さしあたって)」「差当り(さしあたり)」「弁当(べんとう)」「引き当て(ひきあて)」「引き当てる(ひきあてる)」「引当て(ひきあて)」「引当てる(ひきあてる)」「当(とう)」「当ぎり(とうぎり)」「当たらず障らず(あたらずさわらず)」「当たり(あたり)」「当たり前(あたりまえ)」「当たり外れ(あたりはずれ)」「当たり屋(あたりや)」「当たり年(あたりどし)」「当たり役(あたりやく)」「当たり散らす(あたりちらす)」「当たり鉢(あたりばち)」「当たり障り(あたりさわり)」「当たる(あたる)」「当て(あて)」「当てずっぽう(あてずっぽう)」「当てつけ(あてつけ)」「当てつける(あてつける)」「当てる(あてる)」「当て付け(あてつけ)」「当て付ける(あてつける)」「当て処(あてど)」「当て字(あてじ)」「当て嵌まる(あてはまる)」「当て嵌める(あてはめる)」「当て所(あてど)」「当て推量(あてずいりょう)」「当て擦り(あてこすり)」「当て行う(あてがう)」「当て身(あてみ)」「当て込む(あてこむ)」「当て逃げ(あてにげ)」「当て馬(あてうま)」「当の(とうの)」「当世(とうせい)」「当主(とうしゅ)」「当事者(とうじしゃ)」「当人(とうにん)」「当今(とうこん)」「当代(とうだい)」「当住(とうじゅう)」「当処(とうしょ)」「当分(とうぶん)」「当初(とうしょ)」「当否(とうひ)」「当国(とうごく)」「当地(とうち)」「当夜(とうや)」「当季(とうき)」「当家(とうけ)」「当局(とうきょく)」「当山(とうざん)」「当市(とうし)」「当年(とうねん)」「当店(とうてん)」「当座(とうざ)」「当惑(とうわく)」「当意即妙(とういそくみょう)」「当所(とうしょ)」「当方(とうほう)」「当日(とうじつ)」「当時(とうじ)」「当月(とうげつ)」「当期(とうき)」「当来(とうらい)」「当歳(とうさい)」「当流(とうりゅう)」「当為(とうい)」「当然(とうぜん)」「当用(とうよう)」「当番(とうばん)」「当直(とうちょく)」「当確(とうかく)」「当社(とうしゃ)」「当節(とうせつ)」「当籤(とうせん)」「当職(とうしょく)」「当腹(とうふく)」「当落(とうらく)」「当該(とうがい)」「当路(とうろ)」「当選(とうせん)」「当限(とうぎり)」「当院(とういん)」「当面(とうめん)」「御当地(ごとうち)」「御当所(ごとうしょ)」「心当たり(こころあたり)」「心当て(こころあて)」「心当り(こころあたり)」「思い当たる(おもいあたる)」「手弁当(てべんとう)」「手当(てあて)」「手当たり(てあたり)」「手当たり次第(てあたりしだい)」「手当て(てあて)」「手当り(てあたり)」「抵当(ていとう)」「担当(たんとう)」「振り当てる(ふりあてる)」「振当てる(ふりあてる)」「捜し当てる(さがしあてる)」「掘り当てる(ほりあてる)」「探し当てる(さがしあてる)」「探り当てる(さぐりあてる)」「日当(にっとう)」「日当たり(ひあたり)」「日当り(ひあたり)」「本当(ほんとう)」「正当(せいとう)」「目当(めあて)」「目当て(めあて)」「相当(そうとう)」「真っ当(まっとう)」「穏当(おんとう)」「突き当たり(つきあたり)」「突き当たる(つきあたる)」「突当り(つきあたり)」「突当る(つきあたる)」「紛れ当たり(まぐれあたり)」「総当たり(そうあたり)」「総当り(そうあたり)」「罰当たり(ばちあたり)」「罰当り(ばちあたり)」「肩当(かたあて)」「肩当て(かたあて)」「胸当(むねあて)」「胸当て(むねあて)」「腰弁当(こしべんとう)」「腹当(はらあて)」「腹当て(はらあて)」「臑当(すねあて)」「至当(しとう)」「芸当(げいとう)」「蛸配当(たこはいとう)」「行き当たり(いきあたり)」「行き当たり(ゆきあたり)」「行き当たりばったり(いきあたりばったり)」「行き当たる(いきあたる)」「行き当たる(ゆきあたる)」「行当たり(いきあたり)」「行当たり(ゆきあたり)」「見当(けんとう)」「見当たる(みあたる)」「見当る(みあたる)」「言い当てる(いいあてる)」「該当(がいとう)」「過当(かとう)」「適当(てきとう)」「配当(はいとう)」「陽当たり(ひあたり)」「陽当り(ひあたり)」「面当て(つらあて)」「鞘当(さやあて)」「順当(じゅんとう)」「風当たり(かぜあたり)」「風当り(かぜあたり)」「馬鹿当り(ばかあたり)」

「当」を含む四字熟語

「当意即妙(とういそくみょう)」「当機立断(とうきりつだん)」「一騎当千(いっきとうせん)」「一騎当千(いっきとうぜん)」「豺狼当路(さいろうとうろ)」「一人当千(いちにんとうせん)」「一人当千(いちにんとうぜん)」「挙措失当(きょそしっとう)」「万夫不当(ばんぷふとう)」「正当防衛(せいとうぼうえい)」「螳臂当車(とうひとうしゃ)」「当路之人(とうろのひと)」「普遍妥当(ふへんだとう)」「過当競争(かとうきょうそう)」「一力当先(いちりょくとうせん)」「敢作敢当(かんさくかんとう)」「旗鼓相当(きこそうとう)」「鼓旗相当(こきそうとう)」「当代無双(とうだいむそう)」「当面蹉過(とうめんさか)」「当面蹉過(とうめんしゃか)」「門当戸対(もんとうこたい)」「以一当千(いいつとうせん)」

「当」を含むことわざ

「我を非として当う者は吾が師なり(われをひとしてむかうものはわがしなり)」
「太鼓も撥の当たりよう(たいこもばちのあたりよう)」
「朝の一時は晩の二時に当たる(あさのひとときはばんのふたときにあたる)」
「肯綮に当たる(こうけいにあたる)」
「当たった者のふの悪さ(あたったもののふのわるさ)」
「当たって砕けろ(あたってくだけろ)」
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる(へたなてっぽうもかずうちゃあたる)」
「当たるも八卦、当たらぬも八卦(あたるもはっけ、あたらぬもはっけ)」
「当て事と越中褌は向こうから外れる(あてごととえっちゅうふんどしはむこうからはずれる)」
「犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)」
「怒れる拳、笑顔に当たらず(いかれるこぶし、えがおにあたらず)」
「火事と葬式に行けば勘当もゆりる(かじとそうしきにいけばかんどうもゆりる)」
「器量は当座の花(きりょうはとうざのはな)」
「怪我と弁当は自分持ち(けがとべんとうはじぶんもち)」
「鞘当て(さやあて)」
「長範が当て飲み(ちょうはんがあてのみ)」
「箸に当たり棒に当たる(はしにあたりぼうにあたる)」
「弁当は宵から(べんとうはよいから)」
「弁当持ち先に食わず(べんとうもちさきにくわず)」
「惚れた腫れたは当座のうち(ほれたはれたはとうざのうち)」

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典

ページ先頭に戻る