「毛」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
名前に使える漢字
習う学年 小学校二年生
漢検の級 9級
部首
画数 4画
音読み
  • モウ
  • ボウ △
訓読み

「毛」を含む言葉

「すき毛(すきげ)」「にこ毛(にこげ)」「むく毛(むくげ)」「わき毛(わきげ)」「一毛作(いちもうさく)」「三毛(みけ)」「三毛作(さんもうさく)」「不毛(ふもう)」「二毛作(にもうさく)」「体毛(たいもう)」「兎の毛(うのけ)」「入れ毛(いれげ)」「冬毛(ふゆげ)」「刷毛(はけ)」「刷毛序(はけついで)」「刷毛目(はけめ)」「刺毛(しもう)」「剛毛(ごうもう)」「厘毛(りんもう)」「原毛(げんもう)」「命毛(いのちげ)」「和毛(にこげ)」「地毛(じげ)」「多毛作(たもうさく)」「尨毛(むくげ)」「山毛欅(ぶな)」「山毛欅木(ぶなのき)」「差し毛(さしげ)」「差毛(さしげ)」「巻き毛(まきげ)」「巻毛(まきげ)」「後れ毛(おくれげ)」「恥毛(ちもう)」「抜け毛(ぬけげ)」「抜毛(ぬけげ)」「斑毛(ぶちげ)」「旃毛(せんもう)」「旋毛(せんもう)」「旋毛(つむじ)」「旋毛曲り(つむじまがり)」「月毛(つきげ)」「松毛虫(まつけむし)」「枝毛(えだげ)」「栗毛(くりげ)」「根毛(こんもう)」「梳毛(すきげ)」「梳毛(そもう)」「植毛(しょくもう)」「毛(け)」「毛(もう)」「毛がに(けがに)」「毛じゅす(けじゅす)」「毛ずね(けずね)」「毛ばり(けばり)」「毛むくじゃら(けむくじゃら)」「毛並(けなみ)」「毛並み(けなみ)」「毛仔(けご)」「毛唐(けとう)」「毛唐人(けとうじん)」「毛嫌い(けぎらい)」「毛孔(けあな)」「毛嵐(けあらし)」「毛布(もうふ)」「毛彫(けぼり)」「毛彫り(けぼり)」「毛抜(けぬき)」「毛抜き(けぬき)」「毛描き(けがき)」「毛根(もうこん)」「毛桃(けもも)」「毛槍(けやり)」「毛氈(もうせん)」「毛沓(けぐつ)」「毛深い(けぶかい)」「毛玉(けだま)」「毛皮(けがわ)」「毛祝(けほがい)」「毛程(けほど)」「毛穎(もうえい)」「毛穴(けあな)」「毛筆(もうひつ)」「毛筋(けすじ)」「毛箒(けぼうき)」「毛管(もうかん)」「毛管現象(もうかんげんしょう)」「毛糸(けいと)」「毛細管(もうさいかん)」「毛細管現象(もうさいかんげんしょう)」「毛細血管(もうさいけっかん)」「毛織(けおり)」「毛織り(けおり)」「毛繕い(けづくろい)」「毛繻子(けじゅす)」「毛羽(けば)」「毛羽立つ(けばだつ)」「毛脛(けずね)」「毛臑(けずね)」「毛色(けいろ)」「毛虫(けむし)」「毛虱(けじらみ)」「毛蚕(けご)」「毛蟹(けがに)」「毛見(けみ)」「毛足(けあし)」「毛鉤(けばり)」「毛錐(もうすい)」「毛鑓(けやり)」「毛際(けぎわ)」「毛頭(もうとう)」「毛髪(もうはつ)」「毫毛(ごうもう)」「無駄毛(むだげ)」「猫っ毛(ねこっけ)」「生毛(うぶげ)」「産毛(うぶげ)」「癖毛(くせげ)」「発毛(はつもう)」「眉毛(まゆげ)」「睫毛(まつげ)」「立ち毛(たちげ)」「粘毛(ねんもう)」「糟毛(かすげ)」「紅毛(こうもう)」「純毛(じゅんもう)」「紡毛(ぼうもう)」「絨毛(じゅうもう)」「綿毛(わたげ)」「総毛立つ(そうけだつ)」「縮れ毛(ちぢれげ)」「縮毛(しゅくもう)」「繊毛(せんもう)」「羊毛(ようもう)」「羽毛(うもう)」「育毛(いくもう)」「胸毛(むなげ)」「脱け毛(ぬけげ)」「脱毛(だつもう)」「腋毛(わきげ)」「膝栗毛(ひざくりげ)」「花毛氈(はなもうせん)」「葦毛(あしげ)」「虎毛(とらげ)」「被毛(ひもう)」「赤毛(あかげ)」「起毛(きもう)」「身の毛(みのけ)」「逆毛(さかげ)」「連銭葦毛(れんせんあしげ)」「除毛(じょもう)」「陰毛(いんもう)」「鞭毛(べんもう)」「養毛剤(ようもうざい)」「髪の毛(かみのけ)」「鱗毛(りんもう)」「鴻毛(こうもう)」「鴾毛(つきげ)」「鵝毛(がもう)」「鹿毛(かげ)」「鼻毛(はなげ)」

「毛」を含む四字熟語

「毛骨悚然(もうこつしょうぜん)」「紅毛碧眼(こうもうへきがん)」「吹毛求疵(すいもうきゅうし)」「泰山鴻毛(たいざんこうもう)」「太山鴻毛(たいざんこうもう)」「一毛不抜(いちもうふばつ)」「碧眼紅毛(へきがんこうもう)」「亀毛兎角(きもうとかく)」「九牛一毛(きゅうぎゅうのいちもう)」「属毛離裏(ぞくもうりり)」「兎角亀毛(とかくきもう)」「馬痩毛長(ばそうもうちょう)」「不毛之地(ふもうのち)」「毫毛斧柯(ごうもうふか)」「毛挙細故(もうきょさいこ)」「以毛相馬(いもうそうば)」

「毛」を含むことわざ

「眉毛に火が付く(まゆげにひがつく)」
「眉毛を読まれる(まゆげをよまれる)」
「譬えに嘘なし坊主に毛なし(たとえにうそなしぼうずにけなし)」
「猿は人間に毛が三筋足らぬ(さるはにんげんにけがみすじたらぬ)」
「女の髪の毛には大象も繋がる(おんなのかみのけにはたいぞうもつながる)」
「命は鴻毛より軽し(いのちはこうもうよりかろし)」
「内で掃除せぬ馬は外で毛を振る(うちでそうじせぬうまはそとでけをふる)」
「目は毫毛を見るも睫を見ず(めはごうもうをみるもまつげをみず)」
「兎の毛で突いたほど(うのけでついたほど)」
「九牛の一毛(きゅうぎゅうのいちもう)」
「結構毛だらけ(けっこうけだらけ)」
「毛のない猿(けのないさる)」
「毛を吹いて疵を求む(けをふいてきずをもとむ)」
「毛を見て馬を相す(けをみてうまをそうす)」
「下腹に毛がない(したはらにけがない)」
「死は或は泰山より重く、或は鴻毛より軽し(しはあるいはたいざんよりおもく、あるいはこうもうよりかろし)」
「鼻毛を読まれる(はなげをよまれる)」

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典

ページ先頭に戻る