「止」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
名前に使える漢字
習う学年 小学校二年生
漢検の級 9級
部首
とめる・とめへん
画数 4画
音読み
訓読み
  • と(まる)
  • と(める)
  • さ(す) △
  • とど(まる) △
  • とど(める) △
  • や(む) △
  • や(める) △
  • よ(す) △

「止」を含む言葉

「さび止め(さびどめ)」「せき止め(せきどめ)」「せき止める(せきとめる)」「下げ止まる(さげどまる)」「中止(ちゅうし)」「休止(きゅうし)」「休止符(きゅうしふ)」「体言止め(たいげんどめ)」「停止(ちょうじ)」「停止(ていし)」「制止(せいし)」「取止める(とりやめる)」「受け止める(うけとめる)」「口止め(くちどめ)」「呼び止める(よびとめる)」「呼止める(よびとめる)」「咳止め(せきどめ)」「土止め(どどめ)」「堰止める(せきとめる)」「塞止める(せきとめる)」「客止め(きゃくどめ)」「寸止め(すんどめ)」「射止める(いとめる)」「小止み(おやみ)」「小止み(こやみ)」「山止め(やまどめ)」「川止(かわどめ)」「川止め(かわどめ)」「差し止める(さしとめる)」「差止める(さしとめる)」「帯止め(おびどめ)」「底止(ていし)」「廃止(はいし)」「思い止まる(おもいとどまる)」「悪止め(わるどめ)」「打ち止め(うちどめ)」「抑止(よくし)」「拒止(きょし)」「挙止(きょし)」「撃ち止める(うちとめる)」「札止(ふだどめ)」「札止め(ふだどめ)」「止(し)」「止し(さし)」「止し(よし)」「止す(よす)」「止まり(とまり)」「止まり木(とまりぎ)」「止まる(とどまる)」「止まる(とまる)」「止み間(やみま)」「止む(やむ)」「止むなく(やむなく)」「止め(とどめ)」「止め(とめ)」「止めだて(とめだて)」「止めど(とめど)」「止める(とどめる)」「止める(とめる)」「止める(やめる)」「止め処(とめど)」「止め山(とめやま)」「止り(とまり)」「止り木(とまりぎ)」「止る(とまる)」「止宿(ししゅく)」「止山(とめやま)」「止揚(しよう)」「止水(しすい)」「止痛(しつう)」「止痢(しり)」「止血(しけつ)」「止観(しかん)」「歩止まり(ぶどまり)」「歩止り(ぶどまり)」「歯止め(はどめ)」「沙汰止み(さたやみ)」「沮止(そし)」「波止場(はとば)」「消し止める(けしとめる)」「滑り止め(すべりどめ)」「燃え止し(もえさし)」「痛み止め(いたみどめ)」「禁止(きんし)」「突き止める(つきとめる)」「突止める(つきとめる)」「立ち入り禁止(たちいりきんし)」「立ち止まる(たちどまる)」「立入禁止(たちいりきんし)」「立止る(たちどまる)」「笑止(しょうし)」「終止(しゅうし)」「終止符(しゅうしふ)」「舟止め(ふなどめ)」「船止め(ふなどめ)」「血止め(ちどめ)」「行き止まり(いきどまり)」「行き止まり(ゆきどまり)」「行止り(いきどまり)」「行止り(ゆきどまり)」「言い止す(いいさす)」「討ち止める(うちとめる)」「諫止(かんし)」「足止め(あしどめ)」「踏止る(ふみとどまる)」「車止(くるまどめ)」「車止め(くるまどめ)」「遏止(あっし)」「酔い止め(よいどめ)」「錆止め(さびどめ)」「鎌止め(かまどめ)」「閉止(へいし)」「防止(ぼうし)」「阻止(そし)」「雨止み(あまやみ)」「静止(せいし)」「静止衛星(せいしえいせい)」「食い止める(くいとめる)」「食止める(くいとめる)」「駅止め(えきどめ)」「黙止(もくし)」「黙止す(もだす)」

「止」を含む四字熟語

「明鏡止水(めいきょうしすい)」「止渇飲鴆(しかついんちん)」「打打発止(ちょうちょうはっし)」「丁丁発止(ちょうちょうはっし)」「梅林止渇(ばいりんしかつ)」「挙止進退(きょししんたい)」「飲鴆止渇(いんちんしかつ)」「抽薪止沸(ちゅうしんしふつ)」「円頓止観(えんどんしかん)」「笑止千万(しょうしせんばん)」「挙止迂拙(きょしうせつ)」「三諦止観(さんたんしかん)」「三諦止観(さんだいしかん)」「以湯止沸(いとうしふつ)」

「止」を含むことわざ

「樹静かならんと欲すれども風止まず(きしずかならんとほっすれどもかぜやまず)」
「秋風と夫婦喧嘩は日が入りゃ止む(あきかぜとふうふげんかはひがいりゃやむ)」
「口が動けば手が止む(くちがうごけばてがやむ)」
「自慢は知恵の行き止まり(じまんはちえのいきどまり)」
「流言は知者に止まる(りゅうげんはちしゃにとどまる)」
「博打と相場は死ぬまで止まぬ(ばくちとそうばはしぬまでやまぬ)」
「釣りは道楽の行き止まり(つりはどうらくのいきどまり)」
「高慢は出世の行き止まり(こうまんはしゅっせのいきどまり)」
「四十過ぎての道楽と七つ下がって降る雨は止みそうで止まぬ(しじゅうすぎてのどうらくとななつさがってふるあめはやみそうでやまぬ)」
「終止符を打つ(しゅうしふをうつ)」

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典

ページ先頭に戻る