「時」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
名前に使える漢字
習う学年 小学校二年生
漢検の級 9級
部首
ひ・ひへん・にち・にちへん
画数 10画
音読み
訓読み
  • とき

「時」を含む言葉

「ある時払い(あるときばらい)」「いつ何時(いつなんどき)」「お三時(おさんじ)」「せみ時雨(せみしぐれ)」「はと時計(はとどけい)」「むら時雨(むらしぐれ)」「一時(いちじ)」「一時(いっとき)」「一時(ひととき)」「一時に(いちじに)」「一時に(いちどきに)」「一時凌ぎ(いちじしのぎ)」「一時払い(いちじばらい)」「一時的(いちじてき)」「一時逃れ(いちじのがれ)」「一時金(いちじきん)」「三時(さんじ)」「不時(ふじ)」「丑の時参り(うしのときまいり)」「二六時中(にろくじちゅう)」「今時(いまどき)」「今時分(いまじぶん)」「何時(いつ)」「何時(なにどき)」「何時か(いつか)」「何時かしら(いつかしら)」「何時かは(いつかは)」「何時から(いつから)」「何時からか(いつからか)」「何時しか(いつしか)」「何時ぞや(いつぞや)」「何時でも(いつでも)」「何時の間に(いつのまに)」「何時の間にか(いつのまにか)」「何時まで(いつまで)」「何時までに(いつまでに)」「何時までも(いつまでも)」「何時も(いつも)」「何時頃(いつごろ)」「六時(ろくじ)」「共時的(きょうじてき)」「前時代(ぜんじだい)」「午時(ごじ)」「即時(そくじ)」「原史時代(げんしじだい)」「同時(どうじ)」「四時(しいじ)」「四時(しじ)」「地質時代(ちしつじだい)」「夏時間(なつじかん)」「大時代(おおじだい)」「定時(ていじ)」「寸時(すんじ)」「小半時(こはんとき)」「少時(しょうじ)」「山時鳥(やまほととぎす)」「常時(じょうじ)」「平時(へいじ)」「幼時(ようじ)」「引き時(ひきどき)」「引け時(ひけどき)」「当時(とうじ)」「往時(おうじ)」「待ち時間(まちじかん)」「待時間(まちじかん)」「戦時(せんじ)」「持ち時間(もちじかん)」「持時間(もちじかん)」「掛け時計(かけどけい)」「掛時計(かけどけい)」「新石器時代(しんせっきじだい)」「日時(にちじ)」「日時計(ひどけい)」「旧時(きゅうじ)」「旧石器時代(きゅうせっきじだい)」「昔時(せきじ)」「昼時(ひるどき)」「時(じ)」「時(とき)」「時(どき)」「時しも(ときしも)」「時たま(ときたま)」「時ならぬ(ときならぬ)」「時に(ときに)」「時めく(ときめく)」「時下(じか)」「時世(じせい)」「時世(ときよ)」「時事(じじ)」「時人(じじん)」「時代(じだい)」「時代劇(じだいげき)」「時代小説(じだいしょうせつ)」「時代掛かる(じだいがかる)」「時代掛る(じだいがかる)」「時代物(じだいもの)」「時代色(じだいしょく)」「時代遅れ(じだいおくれ)」「時代錯誤(じだいさくご)」「時余(じよ)」「時価(じか)」「時俗(じぞく)」「時候(じこう)」「時借り(ときがり)」「時偶(ときたま)」「時分(じぶん)」「時分時(じぶんどき)」「時制(じせい)」「時刻(じこく)」「時剋(じこく)」「時効(じこう)」「時務(じむ)」「時勢(じせい)」「時化(しけ)」「時化る(しける)」「時圏(じけん)」「時報(じほう)」「時好(じこう)」「時季(じき)」「時宜(じぎ)」「時尚(じしょう)」「時局(じきょく)」「時差(じさ)」「時弊(じへい)」「時折(ときおり)」「時日(じじつ)」「時時(ときどき)」「時時刻刻(じじこっこく)」「時服(じふく)」「時期(じき)」「時機(じき)」「時流(じりゅう)」「時点(じてん)」「時無し(ときなし)」「時短(じたん)」「時空(じくう)」「時節(じせつ)」「時節柄(じせつがら)」「時給(じきゅう)」「時艱(じかん)」「時言(じげん)」「時計(とけい)」「時評(じひょう)」「時論(じろん)」「時貸し(ときがし)」「時辰(じしん)」「時速(じそく)」「時運(じうん)」「時針(じしん)」「時間(じかん)」「時限(じげん)」「時雨(しぐれ)」「時雨れる(しぐれる)」「時雨忌(しぐれき)」「時雨煮(しぐれに)」「時鮭(ときさけ)」「時鳥(ほととぎす)」「暗黒時代(あんこくじだい)」「暫時(ざんじ)」「曩時(のうじ)」「書き入れ時(かきいれどき)」「有る時払い(あるときばらい)」「村時雨(むらしぐれ)」「柱時計(はしらどけい)」「梅雨時(つゆどき)」「歳時記(さいじき)」「死に時(しにどき)」「死時(しにどき)」「水時計(みずどけい)」「潮時(しおどき)」「片時(かたとき)」「片時(へんじ)」「現時(げんじ)」「現時点(げんじてん)」「画時代的(かくじだいてき)」「盛時(せいじ)」「瞬時(しゅんじ)」「短時日(たんじじつ)」「短時間(たんじかん)」「砂時計(すなどけい)」「第一時世界大戦(だいいちじせかいたいせん)」「等時性(とうじせい)」「置き時計(おきどけい)」「腕時計(うでどけい)」「腹時計(はらどけい)」「臨時(りんじ)」「花時(はなどき)」「虫時雨(むししぐれ)」「蝉時雨(せみしぐれ)」「計時(けいじ)」「誰時(たれどき)」「近時(きんじ)」「退き時(ひきどき)」「退け時(ひけどき)」「通時的(つうじてき)」「逢魔が時(おうまがとき)」「適時(てきじ)」「金時(きんとき)」「随時(ずいじ)」「雪時雨(ゆきしぐれ)」「零時(れいじ)」「霎時(しょうじ)」「鳩時計(はとどけい)」「黄金時代(おうごんじだい)」

「時」を含む四字熟語

「黄金時代(おうごんじだい)」「時雨之化(じうのか)」「時期尚早(じきしょうそう)」「時時刻刻(じじこくこく)」「時時刻刻(じじこっこく)」「時節到来(じせつとうらい)」「時代錯誤(じだいさくご)」「二六時中(にろくじちゅう)」「四六時中(しろくじちゅう)」「一日片時(いちじつへんじ)」「一日片時(いちにちかたとき)」「一日片時(ひとひかたとき)」「一時流行(いちじりゅうこう)」「旁時掣肘(ぼうじせいちゅう)」「即時一杯(そくじいっぱい)」「即時一盃(そくじいっぱい)」「天地四時(てんちしいじ)」「臨命終時(りんみょうじゅうじ)」「時機到来(じきとうらい)」「暗黒時代(あんこくじだい)」「一時名流(いちじめいりゅう)」「一時名流(いちじのめいりゅう)」「時世時節(ときよじせつ)」「時世時節(じせいじせつ)」「不時之需(ふじのじゅ)」「不時之需(ふじのもとめ)」「不時之須(ふじのもとめ)」

「時」を含むことわざ

「挨拶は時の氏神(あいさつはときのうじがみ)」
「日陰の豆も時が来ればはぜる(ひかげのまめもときがくればはぜる)」
「若い時の苦労は買うてもせよ(わかいときのくろうはこうてもせよ)」
「若い時は二度ない(わかいときはにどない)」
「往時渺茫としてすべて夢に似たり(おうじびょうぼうとしてすべてゆめににたり)」
「書き入れ時(かきいれどき)」
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥(きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ)」
「丑の時参り(うしのときまいり)」
「茶腹も一時(ちゃばらもいっとき)」
「まさかの時の友こそ真の友(まさかのときのともこそしんのとも)」
「物には時節(ものにはじせつ)」
「借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔(かりるときのじぞうがお、かえすときのえんまがお)」
「用ある時の地蔵顔、用なき時の閻魔顔(ようあるときのじぞうがお、ようなきときのえんまがお)」
「時に遇えば鼠も虎になる(ときにあえばねずみもとらになる)」
「時の氏神(ときのうじがみ)」
「時の花を挿頭にせよ(ときのはなをかざしにせよ)」
「時は金なり(ときはかねなり)」
「朝顔の花一時(あさがおのはないっとき)」
「苦しい時には親を出せ(くるしいときにはおやをだせ)」
「苦しい時の神頼み(くるしいときのかみだのみ)」
「若い時旅をせねば老いての物語がない(わかいときたびをせねばおいてのものがたりがない)」
「朝の一時は晩の二時に当たる(あさのひとときはばんのふたときにあたる)」
「孝行のしたい時分に親はなし(こうこうのしたいじぶんにおやはなし)」
「適時の一針は九針の手間を省く(てきじのいっしんはきゅうしんのてまをはぶく)」
「時を得た一針は九針の手間を省く(ときをえたいっしんはきゅうしんのてまをはぶく)」
「ない時の辛抱、ある時の倹約(ないときのしんぼう、あるときのけんやく)」
「ローマにいる時はローマの人がするとおりにせよ(ろーまにいるときはろーまのひとがするとおりにせよ)」
「ホメロスすら時に失策を犯す(ほめろすすらときにしっさくをおかす)」
「目に青葉、山時鳥。初鰹(めにあおば、やまほととぎす。はつがつお)」
「ある時払いの催促なし(あるときばらいのさいそくなし)」
「人の踊る時は踊れ(ひとのおどるときはおどれ)」
「会った時は笠をぬげ(あったときはかさをぬげ)」
「あの声で蜥蜴食らうか時鳥(あのこえでとかげくらうかほととぎす)」
「ある時は米の飯(あるときはこめのめし)」
「他人は時の花(たにんはときのはな)」
「気の利いた化け物は引っ込む時分(きのきいたばけものはひっこむじぶん)」
「二八月は船頭のあぐみ時(にはちがつはせんどうのあぐみどき)」
「貧乏難儀は時の回り(びんぼうなんぎはときのまわり)」
「上り一日、下り一時(のぼりいちにち、くだりいっとき)」
「雌鳥につつかれて時をうたう(めんどりにつつかれてときをうたう)」
「孔子も時に遇わず(こうしもときにあわず)」
「碁打ちに時なし(ごうちにときなし)」
「草木も眠る丑三つ時(くさきもねむるうしみつどき)」
「勝つも負けるも時の運(かつもまけるもときのうん)」
「悲しい時は身一つ(かなしいときはみひとつ)」
「叶わぬ時には親を出せ(かなわぬときにはおやをだせ)」
「叶わぬ時の神頼み(かなわぬときのかみだのみ)」
「彼も一時、此れも一時(かれもいちじ、これもいちじ)」
「金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)」
「事ある時は仏の足を戴く(ことあるときはほとけのあしをいただく)」
「時好に投ずる(じこうにとうずる)」
「地震の時は竹薮に逃げろ(じしんのときはたけやぶににげろ)」
「勝負は時の運(しょうぶはときのうん)」
「銭ある時は鬼をも使う(ぜにあるときはおにをもつかう)」
「仙人の千年、蜉蝣の一時(せんにんのせんねん、かげろうのいっとき)」
「即時一杯の酒(そくじいっぱいのさけ)」
「粗相も時の一興(そそうもときのいっきょう)」
「卵を見て時夜を求む(たまごをみてじやをもとむ)」
「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず(てんのときはちのりにしかず、ちのりはひとのわにしかず)」
「仲裁は時の氏神(ちゅうさいはときのうじがみ)」
「時の用には鼻を削げ(ときのようにははなをそげ)」
「時は得難くして失い易し(ときはえがたくしてうしないやすし)」
「鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥(なかぬならなくまでまとうほととぎす)」
「鳴くまで待とう時鳥(なくまでまとうほととぎす)」
「年貢の納め時(ねんぐのおさめどき)」
「化け物も引っ込む時分(ばけものもひっこむじぶん)」
「花一時、人一盛り(はないっとき、ひとひとさかり)」
「ひだるい時にまずい物なし(ひだるいときにまずいものなし)」
「ひもじい時にまずい物なし(ひもじいときにまずいものなし)」
「一時違えば三里の遅れ(ひとときちがえばさんりのおくれ)」
「人の情けは世にある時(ひとのなさけはよにあるとき)」
「無精者の一時働き(ぶしょうもののいっときばたらき)」
「学びて時に之を習う亦説ばしからずや(まなびてときにこれをならうまたよろこばしからずや)」
「無常の風は時を選ばず(むじょうのかぜはときをえらばず)」

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典

ページ先頭に戻る