「秋」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
名前に使える漢字
習う学年 小学校二年生
漢検の級 9級
部首
のぎ・のぎへん
画数 9画
音読み
  • シュウ
訓読み
  • あき
  • とき △

「秋」を含む言葉

「三秋(さんしゅう)」「中秋(ちゅうしゅう)」「今秋(こんしゅう)」「仲秋(ちゅうしゅう)」「出来秋(できあき)」「初秋(しょしゅう)」「初秋(はつあき)」「千秋(せんしゅう)」「去秋(きょしゅう)」「孟秋(もうしゅう)」「季秋(きしゅう)」「新秋(しんしゅう)」「早秋(そうしゅう)」「春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)」「春秋(しゅんじゅう)」「春秋(はるあき)」「昨秋(さくしゅう)」「晩秋(おそあき)」「晩秋(ばんしゅう)」「暮秋(ぼしゅう)」「来秋(らいしゅう)」「杪秋(びょうしゅう)」「涼秋(りょうしゅう)」「爽秋(そうしゅう)」「秋(あき)」「秋(しゅう)」「秋の七草(あきのななくさ)」「秋の扇(あきのおうぎ)」「秋の空(あきのそら)」「秋めく(あきめく)」「秋作(あきさく)」「秋冷(しゅうれい)」「秋刀魚(さんま)」「秋分(しゅうぶん)」「秋口(あきぐち)」「秋味(あきあじ)」「秋場所(あきばしょ)」「秋声(しゅうせい)」「秋夜(しゅうや)」「秋天(しゅうてん)」「秋季(しゅうき)」「秋宵(しゅうしょう)」「秋寒(あきさむ)」「秋嵐(しゅうらん)」「秋思(しゅうし)」「秋日(しゅうじつ)」「秋日和(あきびより)」「秋晴れ(あきばれ)」「秋期(しゅうき)」「秋桐(あきぎり)」「秋桜(あきざくら)」「秋楡(あきにれ)」「秋毫(しゅうごう)」「秋気(しゅうき)」「秋水(しゅうすい)」「秋波(しゅうは)」「秋津島(あきつしま)」「秋津洲(あきつしま)」「秋海棠(しゅうかいどう)」「秋涼(しゅうりょう)」「秋爽(しゅうそう)」「秋田犬(あきたいぬ)」「秋穂(あきほ)」「秋篠(あきしの)」「秋色(しゅうしょく)」「秋茄子(あきなす)」「秋茄子は嫁に食わすな(あきなすはよめにくわすな)」「秋茜(あきあかね)」「秋草(あきくさ)」「秋萩(あきはぎ)」「秋落ち(あきおち)」「秋蒔き(あきまき)」「秋蚕(あきご)」「秋蚕(しゅうさん)」「秋蛩(しゅうきょう)」「秋蝉(あきぜみ)」「秋蝉(しゅうせん)」「秋雨(あきさめ)」「秋雨(しゅうう)」「秋雨前線(あきさめぜんせん)」「秋霖(しゅうりん)」「秋霜(しゅうそう)」「秋霧(あきぎり)」「秋風(あきかぜ)」「秋風(しゅうふう)」「秋風が立つ(あきかぜがたつ)」「秋高(あきだか)」「秋鯖(あきさば)」「秋鰺(あきあじ)」「立秋(りっしゅう)」「翌秋(よくしゅう)」「行く秋(ゆくあき)」「錦秋(きんしゅう)」「麦秋(ばくしゅう)」「麦秋(むぎあき)」

「秋」を含む四字熟語

「晴雲秋月(せいうんしゅうげつ)」「老気横秋(ろうきおうしゅう)」「社燕秋鴻(しゃえんしゅうこう)」「媚眼秋波(びがんしゅうは)」「明察秋毫(めいさつしゅうごう)」「一日千秋(いちじつせんしゅう)」「一日千秋(いちにちせんしゅう)」「秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)」「秋高気爽(しゅうこうきそう)」「秋毫之末(しゅうごうのすえ)」「秋高馬肥(しゅうこうばひ)」「暗送秋波(あんそうしゅうは)」「一日三秋(いちじつさんしゅう)」「一日三秋(いちにちさんしゅう)」「一葉知秋(いちようちしゅう)」「一刻千秋(いっこくせんしゅう)」「万古千秋(ばんこせんしゅう)」「千秋万古(せんしゅうばんこ)」「千秋万歳(せんしゅうばんざい)」「中秋玩月(ちゅうしゅうがんげつ)」「仲秋翫月(ちゅうしゅうがんげつ)」「中秋名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」「仲秋名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」「秋霜三尺(しゅうそうさんじゃく)」「秋風索莫(しゅうふうさくばく)」「秋風索漠(しゅうふうさくばく)」「秋風索寞(しゅうふうさくばく)」「秋風落莫(しゅうふうらくばく)」「月旦春秋(げったんしゅんじゅう)」「秋風冽冽(しゅうふうれつれつ)」「秋風洌洌(しゅうふうれつれつ)」「三尺秋水(さんじゃくしゅうすい)」「三尺秋水(さんじゃくのしゅうすい)」「桐葉知秋(どうようちしゅう)」「氷壺秋月(ひょうこしゅうげつ)」「冰壺秋月(ひょうこしゅうげつ)」「氷壷秋月(ひょうこしゅうげつ)」「冰壷秋月(ひょうこしゅうげつ)」「春蛙秋蝉(しゅんあしゅうぜん)」「皮裏陽秋(ひりのようしゅう)」「春愁秋思(しゅんしゅうしゅうし)」「春秋筆法(しゅんじゅうのひっぽう)」「春蘭秋菊(しゅんらんしゅうぎく)」「秋日荒涼(しゅうじつこうりょう)」「秋天一碧(しゅうてんいっぺき)」「秋風蕭条(しゅうふうしょうじょう)」「春蚓秋蛇(しゅんいんしゅうだ)」「春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)」「春蕪秋野(しゅんぶしゅうや)」「春露秋霜(しゅんろしゅうそう)」「初秋涼夕(しょしゅうりょうせき)」「初秋涼夕(しょしゅうのりょうせき)」「叢蘭秋風(そうらんしゅうふう)」「中秋無月(ちゅうしゅうむげつ)」「皮裏春秋(ひりのしゅんじゅう)」

「秋」を含むことわざ

「危急存亡の秋(ききゅうそんぼうのとき)」
「秋荒れ半作(あきあれはんさく)」
「秋風が立つ(あきかぜがたつ)」
「秋風と夫婦喧嘩は日が入りゃ止む(あきかぜとふうふげんかはひがいりゃやむ)」
「秋茄子嫁に食わすな(あきなすびよめにくわすな)」
「秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる(あきのあめがふればねこのかおがさんじゃくになる)」
「秋の扇(あきのおうぎ)」
「秋の日は釣瓶落とし(あきのひはつるべおとし)」
「秋葉山から火事(あきばさんからかじ)」
「秋日和半作(あきびよりはんさく)」
「一日千秋の思い(いちじつせんしゅうのおもい)」
「一葉落ちて天下の秋を知る(いちようおちててんかのあきをしる)」
「物言えば唇寒し秋の風(ものいえばくちびるさむしあきのかぜ)」
「秋の入り日と年寄りはだんだん落ち目が早くなる(あきのいりひととしよりはだんだんおちめがはやくなる)」
「秋の鹿は笛に寄る(あきのしかはふえによる)」
「秋の日と娘の子はくれぬようでくれる(あきのひとむすめのこはくれぬようでくれる)」
「天高く馬肥ゆる秋(てんたかくうまこゆるあき)」
「男心と秋の空(おとこごころとあきのそら)」
「女心と秋の空(おんなごころとあきのそら)」
「秋毫(しゅうごう)」
「秋波を送る(しゅうはをおくる)」
「春秋高し(しゅんじゅうたかし)」
「春秋に富む(しゅんじゅうにとむ)」
「春秋の筆法(しゅんじゅうのひっぽう)」
「千秋楽(せんしゅうらく)」

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 漢字辞典

ページ先頭に戻る