1. 漢字辞典 >
  2. 「折」の情報

「折」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学四年生
漢検の級 7級
部首
て・てへん
画数 7画
音訓読み
  • セツ
  • おり
  • お(る)
  • お(れる)
  • シャク △
  • くじ(ける) △
  • さだ(める) △

「折」を含む熟語

「右折(うせつ)」 「挫折(ざせつ)」 「折簡(せっかん)」 「折獄(せつごく)」 「折衝(せっしょう)」 「折損(せっそん)」 「折半(せっぱん)」 「折檻(せっかん)」 「磬折(けいせつ)」 「折敷(おしき)」

「折」を含む四字熟語

「雅俗折衷(がぞくせっちゅう)」「曲折浮沈(きょくせつふちん)」「九十九折(つづらおり)」「群軽折軸(ぐんけいせつじく)」「折花攀柳(せっかはんりゅう)」「折衝禦侮(せっしょうぎょぶ)」「折檻諫言(せっかんかんげん)」「叢軽折軸(そうけいせつじく)」「樽俎折衝(そんそせっしょう)」「廷諍面折(ていそうめんせつ)」「斗折蛇行(とせつだこう)」「波乱曲折(はらんきょくせつ)」「百折不撓(ひゃくせいつふとう)」「瓶墜簪折(へいついしんせつ)」「面折廷諍(めんせつていそう)」「蘭摧玉折(らんさいぎょくせつ)」「和洋折衷(わようせっちゅう)」「斟酌折衷(しんしゃくせっちゅう)」「紆余曲折(うよきょくせつ)」

「折」を含むことわざ

「鬼も角折る(おにもつのおる)」
「折り紙付き(おりがみつき)」
「懸かるも引くも折による(かかるもひくもおりによる)」
「陰に居て枝を折る(かげにいてえだをおる)」
「堅い木は折れる(かたいきはおれる)」
「刀折れ矢尽きる(かたなおれやつきる)」
「喬木は風に折らる(きょうぼくはかぜにおらる)」
「高木は風に折らる(こうぼくはかぜにおらる)」
「五斗米のために腰を折る(ごとべいのためにこしをおる)」
「桜折る馬鹿、柿折らぬ馬鹿(さくらおるばか、かきおらぬばか)」
「末大なれば必ず折る(すえだいなればかならずおる)」
「折檻(せっかん)」
「節を折る(せつをおる)」
「大木は風に折らる(たいぼくはかぜにおらる)」
「角を折る(つのをおる)」
「七重の膝を八重に折る(ななえのひざをやえにおる)」
「担えば棒が折れる(になえばぼうがおれる)」
「花は折りたし梢は高し(はなはおりたしこずえはたかし)」
「花も折らず実も取らず(はなもおらずみもとらず)」
「一筋の矢は折るべし十筋の矢は折り難し(ひとすじのやはおるべしとすじのやはおりがたし)」
「骨折り損のくたびれ儲け(ほねおりぞんのくたびれもうけ)」
「三度肘を折って良医となる(みたびひじをおってりょういとなる)」
「柳に雪折れなし(やなぎにゆきおれなし)」
「弓折れ、矢尽きる(ゆみおれ、やつきる)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「折」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「折」の情報

「折」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学四年生
漢検の級 7級
部首
て・てへん
画数 7画
音訓読み
  • セツ
  • おり
  • お(る)
  • お(れる)
  • シャク △
  • くじ(ける) △
  • さだ(める) △

「折」を含む熟語

「右折(うせつ)」 「挫折(ざせつ)」 「折簡(せっかん)」 「折獄(せつごく)」 「折衝(せっしょう)」 「折損(せっそん)」 「折半(せっぱん)」 「折檻(せっかん)」 「磬折(けいせつ)」 「折敷(おしき)」

「折」を含む四字熟語

「雅俗折衷(がぞくせっちゅう)」「曲折浮沈(きょくせつふちん)」「九十九折(つづらおり)」「群軽折軸(ぐんけいせつじく)」「折花攀柳(せっかはんりゅう)」「折衝禦侮(せっしょうぎょぶ)」「折檻諫言(せっかんかんげん)」「叢軽折軸(そうけいせつじく)」「樽俎折衝(そんそせっしょう)」「廷諍面折(ていそうめんせつ)」「斗折蛇行(とせつだこう)」「波乱曲折(はらんきょくせつ)」「百折不撓(ひゃくせいつふとう)」「瓶墜簪折(へいついしんせつ)」「面折廷諍(めんせつていそう)」「蘭摧玉折(らんさいぎょくせつ)」「和洋折衷(わようせっちゅう)」「斟酌折衷(しんしゃくせっちゅう)」「紆余曲折(うよきょくせつ)」

「折」を含むことわざ

「鬼も角折る(おにもつのおる)」
「折り紙付き(おりがみつき)」
「懸かるも引くも折による(かかるもひくもおりによる)」
「陰に居て枝を折る(かげにいてえだをおる)」
「堅い木は折れる(かたいきはおれる)」
「刀折れ矢尽きる(かたなおれやつきる)」
「喬木は風に折らる(きょうぼくはかぜにおらる)」
「高木は風に折らる(こうぼくはかぜにおらる)」
「五斗米のために腰を折る(ごとべいのためにこしをおる)」
「桜折る馬鹿、柿折らぬ馬鹿(さくらおるばか、かきおらぬばか)」
「末大なれば必ず折る(すえだいなればかならずおる)」
「折檻(せっかん)」
「節を折る(せつをおる)」
「大木は風に折らる(たいぼくはかぜにおらる)」
「角を折る(つのをおる)」
「七重の膝を八重に折る(ななえのひざをやえにおる)」
「担えば棒が折れる(になえばぼうがおれる)」
「花は折りたし梢は高し(はなはおりたしこずえはたかし)」
「花も折らず実も取らず(はなもおらずみもとらず)」
「一筋の矢は折るべし十筋の矢は折り難し(ひとすじのやはおるべしとすじのやはおりがたし)」
「骨折り損のくたびれ儲け(ほねおりぞんのくたびれもうけ)」
「三度肘を折って良医となる(みたびひじをおってりょういとなる)」
「柳に雪折れなし(やなぎにゆきおれなし)」
「弓折れ、矢尽きる(ゆみおれ、やつきる)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved