1. 漢字辞典 >
  2. 「念」の情報

「念」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学四年生
漢検の級 7級
部首 心 忄
こころ・りっしんべん・したごころ
画数 8画
音訓読み
  • ネン
  • デン △
  • おも(う) △

「念」を含む熟語

「憶念(おくねん)」 「臆念(おくねん)」 「祈念(きねん)」 「懸念(けねん)」 「宸念(しんねん)」 「軫念(しんねん)」 「俗念(ぞくねん)」 「妄念(もうねん)」

「念」を含む四字熟語

「一念三千(いちねんさんぜん)」「一念通天(いちねんつうてん)」「一念発起(いちねんほっき)」「一念発心(いちねんほっしん)」「既成概念(きせいがいねん)」「残念至極(ざんねんしごく)」「残念無念(ざんねんむねん)」「念仏三昧(ねんぶつざんまい)」「無想無念(むそうむねん)」「無念無想(むねんむそう)」「臨終正念(りんじゅうしょうねん)」

「念」を含むことわざ

「朝題目に宵念仏(あさだいもくによいねんぶつ)」
「一念、天に通ず(いちねん、てんにつうず)」
「今際の念仏誰も唱える(いまわのねんぶつだれもとなえる)」
「馬の耳に念仏(うまのみみにねんぶつ)」
「鬼の念仏(おにのねんぶつ)」
「思う念力、岩をも徹す(おもうねんりき、いわをもとおす)」
「女の一念、岩をも徹す(おんなのいちねん、いわをもとおす)」
「蟹の念仏(かにのねんぶつ)」
「食い物と念仏は一口ずつ(くいものとねんぶつはひとくちずつ)」
「極楽の入り口で念仏を売る(ごくらくのいりぐちでねんぶつをうる)」
「出家の念仏嫌い(しゅっけのねんぶつぎらい)」
「他人の念仏で極楽参り(たにんのねんぶつでごくらくまいり)」
「念者の不念(ねんじゃのぶねん)」
「念には念を入れよ(ねんにはねんをいれよ)」
「念力岩をも徹す(ねんりきいわをもとおす)」
「馬鹿の一念(ばかのいちねん)」
「人に施しては慎みて念うこと勿れ(ひとにほどこしてはつつしみておもうことなかれ)」
「豚に念仏、猫に経(ぶたにねんぶつ、ねこにきょう)」
「朴念仁(ぼくねんじん)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved