1. 漢字辞典 >
  2. 「飯」の情報

「飯」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学四年生
漢検の級 7級
部首
しょく・しょくへん
画数 12画
音訓読み
  • ハン
  • めし

「飯」を含む熟語

「釜飯(かまめし)」 「酢飯(すめし)」 「飯櫃(いいびつ)」 「飯盒(はんごう)」 「椀飯(おうばん)」 「丼飯(どんぶりめし)」 「糅飯(かてめし)」 「昼飯(ちゅうはん)」 「昼飯(ひるめし)」 「飯胴(はんどう)」 「飯鉢(めしばち)」 「晩飯(ばんめし)」 「噴飯(ふんぱん)」 「粟飯(あわいい)」 「粟飯(あわめし)」 「飯桐(いいぎり)」 「栗飯(くりめし)」 「飯匙(いいがい)」 「鯛飯(たいめし)」 「飯蛸(いいだこ)」 「稗飯(ひえめし)」 「蓮飯(はすめし)」 「飯椀(めしわん)」 「飯碗(めしわん)」

「飯」を含む四字熟語

「一宿一飯(いっしゅくいっぱん)」「一飯千金(いっぱんせんきん)」「一飯之恩(いっぱんのおん)」「家常茶飯(かじょうさはん)」「失笑噴飯(しっしょうふんぱん)」「酒嚢飯袋(しゅのうはんたい)」「酒甕飯嚢(しゅおうはんのう)」「塵飯塗羹(じんぱんとこう)」「日常茶飯(にちじょうさはん)」「飯後之鐘(はんごのしょう)」「椀飯振舞(おうばんぶるまい)」

「飯」を含むことわざ

「朝飯前のお茶漬け(あさめしまえのおちゃづけ)」
「ある時は米の飯(あるときはこめのめし)」
「いつも月夜に米の飯(いつもつきよにこめのめし)」
「同じ釜の飯を食う(おなじかまのめしをくう)」
「思し召しより米の飯(おぼしめしよりこめのめし)」
「食わぬ飯が髭に付く(くわぬめしがひげにつく)」
「米の飯と女は白いほどよい(こめのめしとおんなはしろいほどよい)」
「米の飯と天道様はどこへ行っても付いて回る(こめのめしとてんとうさまはどこへいってもついてまわる)」
「米の飯より思し召し(こめのめしよりおぼしめし)」
「三度の飯も強し柔らかし(さんどのめしもこわしやわらかし)」
「仕事幽霊飯弁慶、その癖夏痩せ寒細り、たまたま肥ゆれば腫れ病(しごとゆうれいめしべんけい、そのくせなつやせかんぼそり、たまたまこゆればはれやまい)」
「死にたいと麦飯食いたいほど大きな嘘はない(しにたいとむぎめしくいたいほどおおきなうそはない)」
「しょう事なしに米の飯(しょうことなしにこめのめし)」
「他人の飯には骨がある(たにんのめしにはほねがある)」
「他人の飯は白い(たにんのめしはしろい)」
「他人の飯を食う(たにんのめしをくう)」
「月夜に米の飯(つきよにこめのめし)」
「天道様と米の飯はどこへも付いて回る(てんとうさまとこめのめしはどこへもついてまわる)」
「早飯も芸の中(はやめしもげいのうち)」
「春の晩飯後三里(はるのばんめしあとさんり)」
「一つ釜の飯を食う(ひとつかまのめしをくう)」
「冷や飯を食う(ひやめしをくう)」
「麦飯で鯉を釣る(むぎいいでこいをつる)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「飯」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「飯」の情報

「飯」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学四年生
漢検の級 7級
部首
しょく・しょくへん
画数 12画
音訓読み
  • ハン
  • めし

「飯」を含む熟語

「釜飯(かまめし)」 「酢飯(すめし)」 「飯櫃(いいびつ)」 「飯盒(はんごう)」 「椀飯(おうばん)」 「丼飯(どんぶりめし)」 「糅飯(かてめし)」 「昼飯(ちゅうはん)」 「昼飯(ひるめし)」 「飯胴(はんどう)」 「飯鉢(めしばち)」 「晩飯(ばんめし)」 「噴飯(ふんぱん)」 「粟飯(あわいい)」 「粟飯(あわめし)」 「飯桐(いいぎり)」 「栗飯(くりめし)」 「飯匙(いいがい)」 「鯛飯(たいめし)」 「飯蛸(いいだこ)」 「稗飯(ひえめし)」 「蓮飯(はすめし)」 「飯椀(めしわん)」 「飯碗(めしわん)」

「飯」を含む四字熟語

「一宿一飯(いっしゅくいっぱん)」「一飯千金(いっぱんせんきん)」「一飯之恩(いっぱんのおん)」「家常茶飯(かじょうさはん)」「失笑噴飯(しっしょうふんぱん)」「酒嚢飯袋(しゅのうはんたい)」「酒甕飯嚢(しゅおうはんのう)」「塵飯塗羹(じんぱんとこう)」「日常茶飯(にちじょうさはん)」「飯後之鐘(はんごのしょう)」「椀飯振舞(おうばんぶるまい)」

「飯」を含むことわざ

「朝飯前のお茶漬け(あさめしまえのおちゃづけ)」
「ある時は米の飯(あるときはこめのめし)」
「いつも月夜に米の飯(いつもつきよにこめのめし)」
「同じ釜の飯を食う(おなじかまのめしをくう)」
「思し召しより米の飯(おぼしめしよりこめのめし)」
「食わぬ飯が髭に付く(くわぬめしがひげにつく)」
「米の飯と女は白いほどよい(こめのめしとおんなはしろいほどよい)」
「米の飯と天道様はどこへ行っても付いて回る(こめのめしとてんとうさまはどこへいってもついてまわる)」
「米の飯より思し召し(こめのめしよりおぼしめし)」
「三度の飯も強し柔らかし(さんどのめしもこわしやわらかし)」
「仕事幽霊飯弁慶、その癖夏痩せ寒細り、たまたま肥ゆれば腫れ病(しごとゆうれいめしべんけい、そのくせなつやせかんぼそり、たまたまこゆればはれやまい)」
「死にたいと麦飯食いたいほど大きな嘘はない(しにたいとむぎめしくいたいほどおおきなうそはない)」
「しょう事なしに米の飯(しょうことなしにこめのめし)」
「他人の飯には骨がある(たにんのめしにはほねがある)」
「他人の飯は白い(たにんのめしはしろい)」
「他人の飯を食う(たにんのめしをくう)」
「月夜に米の飯(つきよにこめのめし)」
「天道様と米の飯はどこへも付いて回る(てんとうさまとこめのめしはどこへもついてまわる)」
「早飯も芸の中(はやめしもげいのうち)」
「春の晩飯後三里(はるのばんめしあとさんり)」
「一つ釜の飯を食う(ひとつかまのめしをくう)」
「冷や飯を食う(ひやめしをくう)」
「麦飯で鯉を釣る(むぎいいでこいをつる)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved