1. 漢字辞典 >
  2. 「理」の情報

「理」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学二年生
漢検の級 9級
部首 玉 王
たま・たまへん・おうへん
画数 11画
音訓読み
  • おさ(まる) △
  • おさ(める) △
  • ことわり △
  • すじ △

「理」を含む熟語

「玄理(げんり)」 「摂理(せつり)」 「理不尽(りふじん)」 「燮理(しょうり)」 「悖理(はいり)」 「哲理(てつり)」 「理由(りゆう)」 「倫理(りんり)」 「理牌(リーパイ)」

「理」を含む四字熟語

「格物究理(かくぶつきゅうり)」「居敬窮理(きょけいきゅうり)」「空理空論(くうりくうろん)」「至理名言(しりめいげん)」「事理明白(じりめいはく)」「自明之理(じめいのり)」「傷天害理(しょうてんがいり)」「深層心理(しんそうしんり)」「天理人欲(てんりじんよく)」「比翼連理(ひよくれんり)」「無理往生(むりおうじょう)」「無理算段(むりさんだん)」「無理難題(むりなんだい)」「無理無体(むりむたい)」「理世撫民(りせいぶみん)」「理非曲直(りひきょくちょく)」「理路整然(りろせいぜん)」「連理之枝(れんりのえだ)」「曼理皓歯(まんりこうし)」

「理」を含むことわざ

「親の恩より義理の恩(おやのおんよりぎりのおん)」
「義理と褌、欠かされぬ(ぎりとふんどし、かかされぬ)」
「義理張るより頬張れ(ぎりばるよりほおばれ)」
「乞食にも三つの理屈(こじきにもみっつのりくつ)」
「天にあらば比翼の鳥地にあらば連理の枝(てんにあらばひよくのとりちにあらばれんりのえだ)」
「道理に向かう刃なし(どうりにむかうやいばなし)」
「道理百遍、義理一遍(どうりひゃっぺん、ぎりいっぺん)」
「道理を破る法はあれども法を破る道理なし(どうりをやぶるほうはあれどもほうをやぶるどうりなし)」
「泥棒にも三分の道理(どろぼうにもさんぶのどうり)」
「盗人にも三分の理(ぬすびとにもさんぶのり)」
「恥を言わねば理が聞こえぬ(はじをいわねばりがきこえぬ)」
「腹立てるより義理立てよ(はらたてるよりぎりたてよ)」
「無理が通れば道理引っ込む(むりがとおればどうりひっこむ)」
「無理も通れば道理になる(むりもとおればどうりになる)」
「理外の理(りがいのり)」
「理屈上手の行い下手(りくつじょうずのおこないべた)」
「理屈と膏薬はどこへでも付く(りくつとこうやくはどこへでもつく)」
「理屈を言えば腹が立つ(りくつをいえばはらがたつ)」
「理詰めより重詰め(りづめよりじゅうづめ)」
「理に勝って非に落ちる(りにかってひにおちる)」
「連理の枝(れんりのえだ)」
「論に負けても理に勝つ(ろんにまけてもりにかつ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「理」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「理」の情報

「理」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学二年生
漢検の級 9級
部首 玉 王
たま・たまへん・おうへん
画数 11画
音訓読み
  • おさ(まる) △
  • おさ(める) △
  • ことわり △
  • すじ △

「理」を含む熟語

「玄理(げんり)」 「摂理(せつり)」 「理不尽(りふじん)」 「燮理(しょうり)」 「悖理(はいり)」 「哲理(てつり)」 「理由(りゆう)」 「倫理(りんり)」 「理牌(リーパイ)」

「理」を含む四字熟語

「格物究理(かくぶつきゅうり)」「居敬窮理(きょけいきゅうり)」「空理空論(くうりくうろん)」「至理名言(しりめいげん)」「事理明白(じりめいはく)」「自明之理(じめいのり)」「傷天害理(しょうてんがいり)」「深層心理(しんそうしんり)」「天理人欲(てんりじんよく)」「比翼連理(ひよくれんり)」「無理往生(むりおうじょう)」「無理算段(むりさんだん)」「無理難題(むりなんだい)」「無理無体(むりむたい)」「理世撫民(りせいぶみん)」「理非曲直(りひきょくちょく)」「理路整然(りろせいぜん)」「連理之枝(れんりのえだ)」「曼理皓歯(まんりこうし)」

「理」を含むことわざ

「親の恩より義理の恩(おやのおんよりぎりのおん)」
「義理と褌、欠かされぬ(ぎりとふんどし、かかされぬ)」
「義理張るより頬張れ(ぎりばるよりほおばれ)」
「乞食にも三つの理屈(こじきにもみっつのりくつ)」
「天にあらば比翼の鳥地にあらば連理の枝(てんにあらばひよくのとりちにあらばれんりのえだ)」
「道理に向かう刃なし(どうりにむかうやいばなし)」
「道理百遍、義理一遍(どうりひゃっぺん、ぎりいっぺん)」
「道理を破る法はあれども法を破る道理なし(どうりをやぶるほうはあれどもほうをやぶるどうりなし)」
「泥棒にも三分の道理(どろぼうにもさんぶのどうり)」
「盗人にも三分の理(ぬすびとにもさんぶのり)」
「恥を言わねば理が聞こえぬ(はじをいわねばりがきこえぬ)」
「腹立てるより義理立てよ(はらたてるよりぎりたてよ)」
「無理が通れば道理引っ込む(むりがとおればどうりひっこむ)」
「無理も通れば道理になる(むりもとおればどうりになる)」
「理外の理(りがいのり)」
「理屈上手の行い下手(りくつじょうずのおこないべた)」
「理屈と膏薬はどこへでも付く(りくつとこうやくはどこへでもつく)」
「理屈を言えば腹が立つ(りくつをいえばはらがたつ)」
「理詰めより重詰め(りづめよりじゅうづめ)」
「理に勝って非に落ちる(りにかってひにおちる)」
「連理の枝(れんりのえだ)」
「論に負けても理に勝つ(ろんにまけてもりにかつ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved