1. 漢字辞典 >
  2. 「烏」の情報

「烏」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
人名用漢字
漢検の級 準1級
部首 火 灬
ひ・ひへん・れっか・れんが
画数 10画
音訓読み
  • いずく(んぞ)
  • からす
  • くろ(い)
  • なん(ぞ)

「烏」を含む熟語

「烏臼(うきゅう)」 「烏滸(おこ)」 「烏焉(うえん)」 「烏盞(うさん)」 「赤烏(せきう)」 「烏泥(うでい)」 「渡烏(わたりがらす)」

「烏」を含む四字熟語

「愛屋及烏(あいおくきゅうう)」「愛及屋烏(あいきゅうおくう)」「烏合之衆(うごうのしゅう)」「烏鷺之争(うろのあらそい)」「烏集之交(うしゅうのまじわり)」「烏集之衆(うしゅうのしゅう)」「烏鳥私情(うちょうのしじょう)」「烏鳥之狡(うちょうのこう)」「烏兎怱怱(うとそうそう)」「烏之雌雄(からすのしゆう)」「烏白馬角(うはくばかく)」「烏飛兎走(うひとそう)」「烏焉成馬(うえんせいば)」「烏焉魯魚(うえんろぎょ)」「屋烏之愛(おくうのあい)」「金烏玉兎(きんうぎょくと)」「慈烏反哺(じうはんぽ)」「長頸烏喙(ちょうけいうかい)」「兎走烏飛(とそううひ)」「白兎赤烏(はくとせきう)」

「烏」を含むことわざ

「烏賊の甲より年の劫(いかのこうよりとしのこう)」
「今鳴いた烏がもう笑う(いまないたからすがもうわらう)」
「烏合の衆(うごうのしゅう)」
「兎の真似をする烏(うのまねをするからす)」
「烏有に帰す(うゆうにきす)」
「烏鷺の争い(うろのあらそい)」
「屋烏の愛(おくうのあい)」
「烏に反哺の孝あり(からすにはんぽのこうあり)」
「烏の頭の白くなるまで(からすのあたまのしろくなるまで)」
「烏の行水(からすのぎょうずい)」
「烏の雌雄(からすのしゆう)」
「烏を鷺(からすをさぎ)」
「権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる(ごんべえがたねまきゃからすがほじくる)」
「鷺と烏(さぎとからす)」
「鷺を烏と言いくるめる(さぎをからすといいくるめる)」
「猿に烏帽子(さるにえぼし)」
「誰か烏の雌雄を知らんや(たれかからすのしゆうをしらんや)」
「月落ち烏啼いて霜天に満つ(つきおちからすないてしもてんにみつ)」
「亭主の好きな赤烏帽子(ていしゅのすきなあかえぼし)」
「どこの烏も黒さは変わらぬ(どこのからすもくろさはかわらぬ)」
「似たものは烏(にたものはからす)」
「鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝あり(はとにさんしのれいあり、からすにはんぽのこうあり)」
「闇夜に烏、雪に鷺(やみよにからす、ゆきにさぎ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved