1. 漢字辞典 >
  2. 「使」の情報

「使」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

使
区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学三年生
漢検の級 8級
部首
にんべん・ひと・ひとがしら・ひとやね
画数 8画
音訓読み
  • つか(う)
  • つか(わす) △

「使」を含む熟語

「駅使(うまやづかい)」 「駅使(えきし)」 「監使(かんし)」 「雁使(がんし)」 「貴使(きし)」 「虐使(ぎゃくし)」 「急使(きゅうし)」 「駆使(くし)」 「軍使(ぐんし)」 「検使(けんし)」 「公使(こうし)」 「行使(こうし)」 「貢使(こうし)」 「国使(こくし)」 「酷使(こくし)」 「祭使(さいし)」 「使館(しかん)」 「使君(しくん)」 「使者(ししゃ)」 「使主(おみ)」 「使臣(ししん)」 「使節(しせつ)」 「使僧(しそう)」 「使丁(してい)」 「使庁(しちょう)」 「使徒(しと)」 「使途(しと)」 「使部(しぶ)」 「使命(しめい)」 「使役(しえき)」 「使用(しよう)」 「使令(しれい)」 「使嗾(しそう)」 「使聘(しへい)」 「詔使(しょうし)」 「上使(じょうし)」 「信使(しんし)」 「神使(しんし)」 「大使(たいし)」 「中使(ちゅうし)」 「朝使(ちょうし)」 「調使(ちょうし)」 「勅使(ちょくし)」 「天使(てんし)」 「特使(とくし)」 「判使(はんす)」 「半使(はんす)」 「副使(ふくし)」 「別使(べっし)」 「密使(みっし)」 「役使(えきし)」 「労使(ろうし)」 「頤使(いし)」

「使」を含む四字熟語

「目指気使(もくしきし)」

「使」を含むことわざ

「居仏が立ち仏を使う(いぼとけがたちぼとけをつかう)」
「江戸っ子は宵越しの銭は使わぬ(えどっこはよいごしのぜにはつかわぬ)」
「金なき者は金を使う(かねなきものはかねをつかう)」
「金持ち、金使わず(かねもち、かねつかわず)」
「雁の使い(かりのつかい)」
「言葉は心の使い(ことばはこころのつかい)」
「白髪は冥土の使い(しらがはめいどのつかい)」
「水道の水で産湯を使う(すいどうのみずでうぶゆをつかう)」
「銭ある時は鬼をも使う(ぜにあるときはおにをもつかう)」
「立ち仏が居仏を使う(たちぼとけがいぼとけをつかう)」
「立ってる者は親でも使え(たってるものはおやでもつかえ)」
「使う者は使われる(つかうものはつかわれる)」
「使っている鍬は光る(つかっているくわはひかる)」
「鉄砲玉の使い(てっぽうだまのつかい)」
「二枚舌を使う(にまいじたをつかう)」
「馬鹿と鋏は使いよう(ばかとはさみはつかいよう)」
「人を使うは苦を使う(ひとをつかうはくをつかう)」
「人を使うは使わるる(ひとをつかうはつかわるる)」
「宵越しの銭は使わぬ(よいごしのぜにはつかわぬ)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

漢字検索

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved