1. 漢字辞典 >
  2. 「頭」の情報

「頭」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学二年生
漢検の級 9級
部首
おおがい
画数 16画
音訓読み
  • トウ
  • あたま
  • かしら
  • ジュウ △
  • かぶり △
  • こうべ △
  • ほとり △

「頭」を含む熟語

「芋頭(いもがしら)」 「咽頭(いんとう)」 「街頭(がいとう)」 「巻頭(かんとう)」 「岸頭(がんとう)」 「湖頭(ことう)」 「喉頭(こうとう)」 「札頭(さねがしら)」 「塾頭(じゅくとう)」 「梢頭(しょうとう)」 「唇頭(しんとう)」 「瀬頭(せがしら)」 「叩頭(こうとう)」 「塔頭(たっちゅう)」 「頭巾(ずきん)」 「頭顱(とうろ)」 「埠頭(ふとう)」 「与頭(くみがしら)」 「劈頭(へきとう)」 「擡頭(たいとう)」 「柝頭(きがしら)」 「蠅頭(はえがしら)」 「裹頭(かとう)」 「鼇頭(ごうとう)」 「七頭(しちとう)」 「舌頭(ぜっとう)」 「双頭(そうとう)」 「挿頭(かざし)」 「側頭(そくとう)」 「頭頂(ずちょう)」 「頭頂(とうちょう)」 「渡頭(ととう)」 「到頭(とうと)」 「到頭(とうとう)」 「捻頭(むぎかた)」 「頭燃(ずねん)」 「肘頭(ひじがしら)」 「冒頭(ぼうとう)」 「巌頭(がんとう)」 「頭垢(ふけ)」 「鮭頭(さけがしら)」 「剃頭(ていとう)」 「纏頭(てんとう)」 「蓬頭(ほうとう)」

「頭」を含む四字熟語

「円頭方足(えんとうほうそく)」「燕頷虎頭(えんがんことう)」「寡頭政治(かとうせいじ)」「改頭換面(かいとうかんめん)」「牛頭馬頭(ごずめず)」「懸頭刺股(けんとうしこ)」「虎頭蛇尾(ことうだび)」「交頭接耳(こうとうせつじ)」「焦頭爛額(しょうとうらんがく)」「心頭滅却(しんとうめっきゃく)」「垂頭喪気(すいとうそうき)」「舌頭落地(ぜっとうらくち)」「草頭天子(そうとうてんし)」「蔵頭露尾(ぞうとうろび)」「竹頭木屑(ちくとうぼくせつ)」「低頭傾首(ていとうけいしゅ)」「低頭平身(ていとうへいしん)」「剃頭辮髪(ていとうべんぱつ)」「徹頭徹尾(てっとうてつび)」「頭寒足暖(ずかんそくだん)」「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」「頭童歯豁(とうどうしかつ)」「頭髪種種(とうはつしゅしゅ)」「頭髪上指(とうはつじょうし)」「銅頭鉄額(どうとうてつがく)」「年頭月尾(ねんとうげつび)」「百尺竿頭(ひゃくせきかんとう)」「平身低頭(へいしんていとう)」「蓬頭垢面(ほうとうこうめん)」「蓬頭乱髪(ほうとうらんぱつ)」「迷頭認影(めいとうにんえい)」「揺頭擺尾(ようとうはいび)」「羊頭狗肉(ようとうくにく)」「竜頭蛇尾(りゅうとうだび)」「竜頭蛇尾(りょうとうだび)」「竜頭鷁首(りょうとうげきしゅ)」「爛額焦頭(らんがくしょうとう)」「蠅頭細書(ようとうさいしょ)」

「頭」を含むことわざ

「頭押さえりゃ尻上がる(あたまおさえりゃしりあがる)」
「頭が動けば尾も動く(あたまがうごけばおもうごく)」
「頭搔くか字を書くか(あたまかくかじをかくか)」
「頭かくして尻隠さず(あたまかくしてしりかくさず)」
「頭剃るより心を剃れ(あたまそるよりこころをそれ)」
「頭でっかち尻つぼみ(あたまでっかちしりつぼみ)」
「頭の上の蠅も追われぬ(あたまのうえのはえもおわれぬ)」
「頭の黒い鼠(あたまのくろいねずみ)」
「頭の濡れぬ思案(あたまのぬれぬしあん)」
「頭禿げても浮気はやまぬ(あたまはげてもうわきはやまぬ)」
「芋頭でも頭は頭(いもがしらでもかしらはかしら)」
「厭と頭を縦に振る(いやとかぶりをたてにふる)」
「鰯の頭も信心から(いわしのあたまもしんじんから)」
「己の頭の蠅を追え(おのれのあたまのはえをおえ)」
「踵で頭痛を病む(かかとでずつうをやむ)」
「頭が動かねば尾が動かぬ(かしらがうごかねばおがうごかぬ)」
「頭に霜を戴く(かしらにしもをいただく)」
「烏の頭の白くなるまで(からすのあたまのしろくなるまで)」
「橋頭堡(きょうとうほ)」
「ごまめでも尾頭つき(ごまめでもおかしらつき)」
「正直の頭に神宿る(しょうじきのこうべにかみやどる)」
「心中より饅頭(しんじゅうよりまんじゅう)」
「心頭滅却すれば火もまた涼し(しんとうめっきゃくすればひもまたすずし)」
「雪隠で饅頭(せっちんでまんじゅう)」
「船頭多くして、船、山へ登る(せんどうおおくして、ふね、やまへのぼる)」
「船頭のそら急ぎ(せんどうのそらいそぎ)」
「鯛の尾より鰯の頭(たいのおよりいわしのかしら)」
「他人の疝気を頭痛に病む(たにんのせんきをずつうにやむ)」
「出船に船頭待たず(でふねにせんどうまたず)」
「頭角を現す(とうかくをあらわす)」
「時の花を挿頭にせよ(ときのはなをかざしにせよ)」
「年寄りと釘頭は引っ込むが良し(としよりとくぎがしらはひっこむがよし)」
「隣の疝気を頭痛に病む(となりのせんきをずつうにやむ)」
「泣く子と地頭には勝てぬ(なくことじとうにはかてぬ)」
「二八月は船頭のあぐみ時(にはちがつはせんどうのあぐみどき)」
「恥と頭は搔き次第(はじとあたまはかきしだい)」
「人の疝気を頭痛に病む(ひとのせんきをずつうにやむ)」
「百尺竿頭一歩を進む(ひゃくしゃくかんとういっぽをすすむ)」
「舟は船頭に任せよ(ふねはせんどうにまかせよ)」
「冬編笠に夏頭巾(ふゆあみがさになつずきん)」
「実る稲田は頭垂る(みのるいなだはあたまたる)」
「実るほど頭の下がる稲穂かな(みのるほどあたまのさがるいなほかな)」
「羊頭を掲げて狗肉を売る(ようとうをかかげてくにくをうる)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved