1. 漢字辞典 >
  2. 「物」の情報

「物」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
習う学年 小学三年生
漢検の級 8級
部首
うし・うしへん
画数 8画
音訓読み
  • ブツ
  • モツ
  • もの

「物」を含む熟語

「尉物(じょうもの)」 「逸物(いちもつ)」 「菓物(くだもの)」 「獲物(えもの)」 「乾物(からもの)」 「干物(からもの)」 「器物(うつわもの)」 「傑物(けつぶつ)」 「個物(こぶつ)」 「貢物(こうぶつ)」 「貢物(こうもつ)」 「腰物(こしもの)」 「済物(さいもつ)」 「札物(ふだもの)」 「軸物(じくもの)」 「寂物(さびもの)」 「腫物(しゅもつ)」 「商物(あきもの)」 「抄物(しょうもつ)」 「織物(おりもの)」 「鋳物(いもの)」 「漬物(つけもの)」 「匹物(ひきもの)」 「疋物(ひきもの)」 「物詣(ぶっけい)」 「物腰(ものごし)」 「尤物(ゆうぶつ)」 「檜物(ひもの)」 「粮物(ろうもつ)」 「蠱物(まじもの)」 「贖物(あがもの)」 「謝物(しゃもつ)」 「庶物(しょぶつ)」 「挿物(さしもの)」 「物騒(ぶっそう)」 「俗物(ぞくぶつ)」 「賭物(のりもの)」 「陶物(すえもの)」 「鈍物(どんぶつ)」 「畑物(はたもの)」 「鉢物(はちもの)」 「物販(ぶっぱん)」 「俵物(たわらもの)」 「敷物(しきもの)」 「唯物(ゆいぶつ)」 「陽物(ようぶつ)」 「履物(はきもの)」 「物療(ぶつりょう)」 「磯物(いそもの)」 「姦物(かんぶつ)」 「什物(じゅうもつ)」 「埴物(はにもの)」 「惣物(そうぶつ)」 「苧物(まもの)」 「捧物(ほうもち)」 「捧物(ほうもつ)」 「物慾(ぶつよく)」 「櫓物(やぐらもの)」

「物」を含む四字熟語

「応機接物(おうきせつもつ)」「開物成務(かいぶつせいむ)」「格物究理(かくぶつきゅうり)」「格物致知(かくぶつちち)」「玩物喪志(がんぶつそうし)」「事事物物(じじぶつぶつ)」「人物月旦(じんぶつげったん)」「致知格物(ちちかくぶつ)」「天地万物(てんちばんぶつ)」「薄物細故(はくぶつさいこ)」「風雲人物(ふううんじんぶつ)」「物我一体(もつがいったい)」「物換星移(ぶっかんせいい)」「物議騒然(ぶつぎそうぜん)」「物見遊山(ものみゆさん)」「物情騒然(ぶつじょうそうぜん)」「物是人非(ぶつぜじんぴ)」「物論囂囂(ぶつろんごうごう)」「忘憂之物(ぼうゆうのもの)」「万物一馬(ばんぶついちば)」「万物逆旅(ばんぶつのげきりょ)」「万物斉同(ばんぶつせいどう)」「万物流転(ばんぶつるてん)」「万物殷富(ばんぶついんぷ)」「薬籠中物(やくろうちゅうのもの)」

「物」を含むことわざ

「朝の果物は金(あさのくだものはきん)」
「預かり物は半分の主(あずかりものははんぶんのぬし)」
「阿堵物(あとぶつ)」
「甘い物に蟻がつく(あまいものにありがつく)」
「余り物には福がある(あまりものにはふくがある)」
「合わせ物は離れ物(あわせものははなれもの)」
「石の物言う世の中(いしのものいうよのなか)」
「戴く物は夏も小袖(いただくものはなつもこそで)」
「命あっての物種(いのちあってのものだね)」
「いらぬ物も三年立てば用に立つ(いらぬものもさんねんたてばようにたつ)」
「歌物語の歌忘れ(うたものがたりのうたわすれ)」
「旨い物食わす人に油断すな(うまいものくわすひとにゆだんすな)」
「旨い物は小人数(うまいものはこにんずう)」
「旨い物は宵に食え(うまいものはよいにくえ)」
「海の物とも山の物ともつかぬ(うみのものともやまのものともつかぬ)」
「売り物には花を飾れ(うりものにははなをかざれ)」
「沖な物あて(おきなものあて)」
「奥歯に物が挟まったよう(おくばにものがはさまったよう)」
「落とした物は拾い徳(おとしたものはひろいどく)」
「カイザルの物はカイザルに(かいざるのものはかいざるに)」
「書いた物が物を言う(かいたものがものをいう)」
「カエサルの物はカエサルに(かえさるのものはかえさるに)」
「貸した物は忘れぬが借りたものは忘れる(かしたものはわすれぬがかりたものはわすれる)」
「金が物言う(かねがものいう)」
「金は浮き物(かねはうきもの)」
「金は世界の回り物(かねはせかいのまわりもの)」
「金は天下の回り物(かねはてんかのまわりもの)」
「金は湧き物(かねはわきもの)」
「気の利いた化け物は引っ込む時分(きのきいたばけものはひっこむじぶん)」
「食い物と念仏は一口ずつ(くいものとねんぶつはひとくちずつ)」
「臭い物に蓋をする(くさいものにふたをする)」
「下戸と化け物はない(げことばけものはない)」
「喧嘩は降り物(けんかはふりもの)」
「恋の遺恨と食べ物の遺恨は恐ろしい(こいのいこんとたべもののいこんはおそろしい)」
「好物に祟りなし(こうぶつにたたりなし)」
「怖い物見たさ(こわいものみたさ)」
「今度と化け物には行き会った事がない(こんどとばけものにはいきあったことがない)」
「先立つ物は金(さきだつものはかね)」
「シーザーの物はシーザーに(しーざーのものはしーざーに)」
「自家薬籠中の物(じかやくろうちゅうのもの)」
「舅の物で相婿もてなす(しゅうとのものであいむこもてなす)」
「証文が物を言う(しょうもんがものをいう)」
「知らぬ京物語(しらぬきょうものがたり)」
「姿は作り物(すがたはつくりもの)」
「好きこそ物の上手なれ(すきこそもののじょうずなれ)」
「好きな物に祟りなし(すきなものにたたりなし)」
「空き腹にまずい物なし(すきばらにまずいものなし)」
「勝れて良き物は勝れて悪し(すぐれてよきものはすぐれてあし)」
「捨て物は拾い物(すてものはひろいもの)」
「世間は張り物(せけんははりもの)」
「世上物騒我が身息災(せじょうぶっそうわがみそくさい)」
「銭あれば木物も面を返す(ぜにあればきぶつもつらをかえす)」
「高みの見物(たかみのけんぶつ)」
「只より高い物はない(ただよりたかいものはない)」
「只より安い物はない(ただよりやすいものはない)」
「立ち物は転び物(たちものはころびもの)」
「縦の物を横にもしない(たてのものをよこにもしない)」
「漬物褒めれば嬶褒める(つけものほめればかかほめる)」
「出物腫れ物、所嫌わず(でものはれもの、ところきらわず)」
「天地は万物の逆旅(てんちはばんぶつのげきりょ)」
「天、二物を与えず(てん、にぶつをあたえず)」
「年寄りの物忘れ、若者の無分別(としよりのものわすれ、わかもののむふんべつ)」
「ない物食おう(ないものくおう)」
「長い物には巻かれろ(ながいものにはまかれろ)」
「泣く口は物食う(なくくちはものくう)」
「二度聞いて一度物言え(にどきいていちどものいえ)」
「人間は万物の尺度(にんげんはばんぶつのしゃくど)」
「猫の額にある物を鼠が窺う(ねこのひたいにあるものをねずみがうかがう)」
「嚢中の物を探るが如し(のうちゅうのものをさぐるがごとし)」
「残り物には福がある(のこりものにはふくがある)」
「化け物の正体見たり枯れ尾花(ばけもののしょうたいみたりかれおばな)」
「化け物も引っ込む時分(ばけものもひっこむじぶん)」
「箱根からこっちに野暮と化け物はなし(はこねからこっちにやぼとばけものはなし)」
「箸より重い物を持ったことがない(はしよりおもいものをもったことがない)」
「裸で物を落とした例なし(はだかでものをおとしたためしなし)」
「初物七十五日(はつものしちじゅうごにち)」
「はやり物は廃り物(はやりものはすたりもの)」
「腹に一物(はらにいちもつ)」
「ひだるい時にまずい物なし(ひだるいときにまずいものなし)」
「一口物に頬焼く(ひとくちものにほおやく)」
「人と入れ物は有り合わせ(ひとといれものはありあわせ)」
「人の物より自分の物(ひとのものよりじぶんのもの物)」
「人は万物の尺度なり(ひとはばんぶつのしゃくどなり)」
「ひもじい時にまずい物なし(ひもじいときにまずいものなし)」
「夫婦は合わせ物離れ物(ふうふはあわせものはなれもの)」
「忘憂の物(ぼうゆうのもの)」
「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」
「眉唾物(まゆつばもの)」
「見ぬ京の物語(みぬきょうのものがたり)」
「見ぬ物清し(みぬものきよし)」
「胸に一物(むねにいちもつ)」
「無用の長物(むようのちょうぶつ)」
「名物に旨い物なし(めいぶつにうまいものなし)」
「目は口ほどに物を言う(めはくちほどにものをいう)」
「持ち物は主に似る(もちものはぬしににる)」
「物言う花(ものいうはな)」
「物言えば唇寒し秋の風(ものいえばくちびるさむしあきのかぜ)」
「物がなければ影ささず(ものがなければかげささず)」
「物盛んなれば即ち衰う(ものさかんなればすなわちおとろう)」
「物には時節(ものにはじせつ)」
「物には始めあり終わりあり(ものにははじめありおわりあり)」
「物は言いなし事は聞きなし(ものはいいなしことはききなし)」
「物は言い残せ、菜は食い残せ(ものはいいのこせ、さいはくいのこせ)」
「物は言いよう(ものはいいよう)」
「物は祝いがら(ものはいわいがら)」
「物は考えよう(ものはかんがえよう)」
「物は相談(ものはそうだん)」
「物は試し(ものはためし)」
「物ははずみ(ものははずみ)」
「物も言いようで角が立つ(ものもいいようでかどがたつ)」
「貰い物に苦情(もらいものにくじょう)」
「貰う物は夏も小袖(もらうものはなつもこそで)」
「薬籠中の物(やくろうちゅうのもの)」
「安い物と化け物はない(やすいものとばけものはない)」
「安物買いの銭失い(やすものかいのぜにうしない)」
「尤物(ゆうぶつ)」
「横の物を縦にもしない(よこのものをたてにもしない)」
「世は張り物(よははりもの)」
「若い時旅をせねば老いての物語がない(わかいときたびをせねばおいてのものがたりがない)」
「我が物と思えば軽し笠の雪(わがものとおもえばかるしかさのゆき)」

漢字検索

漢字辞典TOP

五十音別一覧

   
       

画数別一覧

1画 2画 3画
4画 5画 6画
7画 8画 9画
10画 11画 12画
13画 14画 15画
16画 17画 18画
19画 20画 21画
22画 23画 24画
25画 26画 27画
28画 29画 30画

漢検の級別一覧

1級 準1 2級
準2 3級 4級
5級 6級 7級
8級 9級 10級

学年別一覧

その他の一覧

サイト情報

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved