1. 漢字辞典 >
  2. 「陰」の情報

「陰」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 4級
部首 阜 阝
おか・こざとへん
画数 11画
音訓読み
  • イン
  • かげ
  • かげ(る)
  • アン △
  • オン △
  • くら(い) △
  • ひそ(か) △

「陰」を含む熟語

「陰唄(かげうた)」 「陰森(いんしん)」 「陰性(いんせい)」 「陰徳(いんとく)」 「陰陽(いんよう)」 「陰翳(いんえい)」 「光陰(こういん)」 「寸陰(すんいん)」 「晴陰(せいいん)」 「庇陰(ひいん)」 「碑陰(ひいん)」 「亮陰(りょうあん)」 「涼陰(りょういん)」 「諒陰(りょうあん)」 「陰謀(いんぼう)」 「陰暦(いんれき)」 「陰郎(かげろう)」 「磯陰(いそかげ)」

「陰」を含む四字熟語

「一樹之陰(いちじゅのかげ)」「一寸光陰(いっすんのこういん)」「陰陰滅滅(いんいんめつめつ)」「陰徳陽報(いんとくようほう)」「陰謀詭計(いんぼうきけい)」「陰陽五行(いんようごぎょう)」「五陰盛苦(ごおんじょうく)」「五盛陰苦(ごじょうおんく)」「光陰如箭(こういんじょぜん)」「光陰流水(こういんりゅうすい)」「緑葉成陰(りょくようせいいん)」「魯魚陶陰(ろぎょとういん)」

「陰」を含むことわざ

「暑さ忘れれば陰忘れる(あつさわすれればかげわすれる)」
「一樹の陰一河の流れも他生の縁(いちじゅのかげいちがのながれもたしょうのえん)」
「一寸の光陰軽んずべからず(いっすんのこういんかろんずべからず)」
「陰徳あれば必ず陽報あり(いんとくあればかならずようほうあり)」
「豌豆は日陰でもはじける(えんどうはひかげでもはじける)」
「陰陽師、身の上知らず(おんようじ、みのうえしらず)」
「陰では殿の事も言う(かげではとののこともいう)」
「陰では王様の事も言う(かげではおうさまのこともいう)」
「陰に託して影を求む(かげにたくしてかげをもとむ)」
「陰に居て枝を折る(かげにいてえだをおる)」
「陰弁慶(かげべんけい)」
「光陰に関守なし(こういんにせきもりなし)」
「光陰、矢の如し(こういん、やのごとし)」
「寸陰を惜しむ(すんいんをおしむ)」
「立ち寄らば大木の陰(たちよらばおおきのかげ)」
「立ち寄らば大樹の陰(たちよらばたいじゅのかげ)」
「頼む木陰に雨が漏る(たのむこかげにあめがもる)」
「夏は日向を行け、冬は日陰を行け(なつはひなたをいけ、ふゆはひかげをいけ)」
「犯罪の陰に女あり(はんざいのかげにおんなあり)」
「日陰の梨(ひかげのなし)」
「日陰の豆も時が来ればはぜる(ひかげのまめもときがくればはぜる)」
「人は陰が大事(ひとはかげがだいじ)」
「寄らば大樹の陰(よらばたいじゅのかげ)」
「碌でなしが人の陰言(ろくでなしがひとのかげごと)」

漢字検索

漢字辞典TOP

「陰」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ
  1. 漢字辞典 >
  2. 「陰」の情報

「陰」の部首・画数・読み方・熟語・四字熟語・ことわざ

スポンサードリンク

区分 JIS第1水準
常用漢字
漢検の級 4級
部首 阜 阝
おか・こざとへん
画数 11画
音訓読み
  • イン
  • かげ
  • かげ(る)
  • アン △
  • オン △
  • くら(い) △
  • ひそ(か) △

「陰」を含む熟語

「陰唄(かげうた)」 「陰森(いんしん)」 「陰性(いんせい)」 「陰徳(いんとく)」 「陰陽(いんよう)」 「陰翳(いんえい)」 「光陰(こういん)」 「寸陰(すんいん)」 「晴陰(せいいん)」 「庇陰(ひいん)」 「碑陰(ひいん)」 「亮陰(りょうあん)」 「涼陰(りょういん)」 「諒陰(りょうあん)」 「陰謀(いんぼう)」 「陰暦(いんれき)」 「陰郎(かげろう)」 「磯陰(いそかげ)」

「陰」を含む四字熟語

「一樹之陰(いちじゅのかげ)」「一寸光陰(いっすんのこういん)」「陰陰滅滅(いんいんめつめつ)」「陰徳陽報(いんとくようほう)」「陰謀詭計(いんぼうきけい)」「陰陽五行(いんようごぎょう)」「五陰盛苦(ごおんじょうく)」「五盛陰苦(ごじょうおんく)」「光陰如箭(こういんじょぜん)」「光陰流水(こういんりゅうすい)」「緑葉成陰(りょくようせいいん)」「魯魚陶陰(ろぎょとういん)」

「陰」を含むことわざ

「暑さ忘れれば陰忘れる(あつさわすれればかげわすれる)」
「一樹の陰一河の流れも他生の縁(いちじゅのかげいちがのながれもたしょうのえん)」
「一寸の光陰軽んずべからず(いっすんのこういんかろんずべからず)」
「陰徳あれば必ず陽報あり(いんとくあればかならずようほうあり)」
「豌豆は日陰でもはじける(えんどうはひかげでもはじける)」
「陰陽師、身の上知らず(おんようじ、みのうえしらず)」
「陰では殿の事も言う(かげではとののこともいう)」
「陰では王様の事も言う(かげではおうさまのこともいう)」
「陰に託して影を求む(かげにたくしてかげをもとむ)」
「陰に居て枝を折る(かげにいてえだをおる)」
「陰弁慶(かげべんけい)」
「光陰に関守なし(こういんにせきもりなし)」
「光陰、矢の如し(こういん、やのごとし)」
「寸陰を惜しむ(すんいんをおしむ)」
「立ち寄らば大木の陰(たちよらばおおきのかげ)」
「立ち寄らば大樹の陰(たちよらばたいじゅのかげ)」
「頼む木陰に雨が漏る(たのむこかげにあめがもる)」
「夏は日向を行け、冬は日陰を行け(なつはひなたをいけ、ふゆはひかげをいけ)」
「犯罪の陰に女あり(はんざいのかげにおんなあり)」
「日陰の梨(ひかげのなし)」
「日陰の豆も時が来ればはぜる(ひかげのまめもときがくればはぜる)」
「人は陰が大事(ひとはかげがだいじ)」
「寄らば大樹の陰(よらばたいじゅのかげ)」
「碌でなしが人の陰言(ろくでなしがひとのかげごと)」

漢字検索

漢字辞典TOP

表示:スマートフォンパソコン

掲載情報の誤りなどにお気づきの際はお問い合わせよりご連絡をお願いいたします。

私的使用及び引用の範囲を超えての情報利用は禁止です。

Copyright (c) 2014-2017 漢字辞典 All right reserved